header_2014_6s.jpg

2017年08月29日

1/12 バイク with ロボット。

R0022511.jpg

一年ぶりにバイク模型作った。


今回は、8/25,26に浜松で行われた、
バイクモデラーズミーティング2017に出展するため、
2つ作品を作ったので、その製作記です。


バイクモデラーズミーティングのレポートは別記事で。


いつもの如く写真が多くなってしまったので、
説明は最小限に抑えます。



さて、今年も浜松で行われる、「バイクのふるさと浜松」で、
YAMAHAのバイク開発をされている脇村さんが主催で、
バイク模型展示イベント、バイクモデラーズミーティングが開催される、
ということで、それにむけて製作という流れ。


日本4大バイクメーカーのうち、kawasakiを除く3社は、
浜松市発祥ということで、浜松は「バイクのふるさと」と言われている。


なので、この「バイクのふるさと浜松」というイベントは、
浜松市をあげたビッグイベントで、毎年ものすごい動員数を誇っている。


その中でのバイク模型展示なので、
メッチャたくさんの人に見られるということで、
テキトーなものは出展できないなと、気合を入れて作りました。



ただ、最近俺は、すっかりマシーネンばっかり作っているので、
なんかこう・・マシーネラーならではのオリジナリティを出したかった。


そこで、最近はバイク模型と同じ、1/12スケールのロボットのキットや、
可動フィギュアがいろいろと出てきているので、
それとバイクを組み合わせた作品を作ろうと思ったわけです。


ということで、まずはバイクを作らないと始まらないということで、
タミヤのkawasaki H2Rを素材として選んだ。


H2Rと言えば、バイクにしてスーパーチャージャーを搭載し、
最近は時速400キロ記録を樹立。

とんでもないバケモノバイクだ。




ということで、製作開始。



R0022354.jpg

今回は、近未来仕様ということで、サイバー感+使い込んだ感じを出す、
という設定にして、本来の色味は全く無視。

とにかく黙々と、パチパチと組んだ。




R0022366.jpg

今回は白基調となるので、白サフを吹いた。





R0022392.jpg

思いっきり端折っちゃったけども、
白とアイボリー、グレーの三色で塗り分け、マシーネンのデカールを流用。

ウェザリングカラーや、ウェザリングマーカーを使って汚した。

そして、アクリルの黒鉄色を使ってチッピングを。


今回のポイントは、メッキやメタリックを一切使わずに仕上げるということ。
近未来なので、鉄に代わる新素材という設定にした。




R0022355.jpg

さて、これに乗せるフィギュアなんだけども、
東亜重工の合成人間という可動フィギュアを使用。


これは以前、何かの雜誌でYAMAHAの脇村さんが取材を受けた写真で、
「東亜重工」と書かれたTシャツを着ていたのを見て、
東亜重工ってなんだろう?と思って検索して、
たどり着いたのがこの合成人間だった。



俺が見つけたときは、まだこのフィギュアは発売前で予約の段階だったので、
定価で買えたけれども、最近はなんかプレミアなのか高くなってるんだよね。


まぁーでもこのフィギュア、可動部分がメッチャ多くて、よく動くんだよ。





20170130040521631.jpg


こんなんとか。



20170130040713741.jpg

こんなんとか。




ということで、ポージングはどんな感じにもできる。


H2Rとあわせて、

R0022387.jpg

こんなんなりました。







R0022414.jpg

こういうのもできるんだけど、ポージングをどうしようかなーと考えてる時、




15039065511451019743242.jpg

エクスペンタブルズの中で、
ジェイソン・ステイサムがDUCATIに乗っているシーンを思い出し、
このフィギュアの顔や雰囲気が、ステイサムそっくりジャマイカと。



なので、ステイサムがまたがってオラついている感じで、


R0022511.jpg

こんな感じで完成。






R0022519.jpg

ななめうしろから。









R0022518.jpg

真うしろ。けっこうこのアングルが好き。







R0022547.jpg

今回は、マフラーも白に。

カウル、エンジン、フレーム、マフラーなど、主にツヤを使い分けた。






R0022545.jpg

時速400キロ超で悪路を走って追跡とかすれば、
小石何かがすごい勢いで当たるだろうから、
よく当たりそうな部分の塗装ハゲを表現した。






R0022552.jpg

エンジンは、アイボリーに。

カウルに貼った、マシーネンから流用したコーションラベルが効いてるかなと。






R0022550.jpg

Qのデカールが効いてて、個人的にはメッチャ気に入ってます。






R0022544.jpg

マフラーのツヤ感を大事にして、使い込んだ感じにした。




ということで、作品が1個できた。


しかし、1個だけっていうのも淋しいなと思ったのと、
以前作ったもので、もっとアレンジして作品として確立させたいものがあった。




R0051334.jpg

去年(2016年)の正月に作った、RS1000のゴシックスタイル。





これと、やはりロボットを組み合わせて作品にしようと。



そして選んだのが、


R0022456.jpg

スターウォーズのローグワンに出てきたロボット、K-2SO。





このキットは、バンダイということもあって、とにかくサクサクと組めた。

2時間位でササッと組んで、黒サフ吹いて一晩乾燥。



俺の十八番でもある、鉄板塗りをササーッと筆塗りして、
ウェザリングカラーやフェザリングマーカーを使って、



R0022458.jpg

こんな感じに。

こちらも、マシーネンからデカールを流用。



バンダイのスターウォーズの1/12の人型のキットは、
股関節があまり開かないので、バイク模型にまたがらせようと思うと、
股の加工をしなきゃいけないんだけども、
このK-2SOは、股関節がガバーッと開くようになっているので、
無加工でバイクにまたがらせることができる。





R0022484.jpg

ということで完成。


使い古しの老ロボットの哀愁 的なものを表現したかった。







R0022483.jpg

ななめうしろから。







R0022509.jpg

かなり真剣に塗った背中。






R0022508.jpg

軽くサビ表現も。







R0022506.jpg

肩アーマーの「Adios!」デカールが効いてるかなと。



そんなこんなで、大急ぎで2つの作品を作ったのでした。



Facebookに、それぞれのアルバムをつくって、
上の写真以外にも何枚か公開しているので、よかったら御覧ください。




H2R

浜松で行われた模型展示会、バイクモデラーズミーティングに向けて製作した、kawasaki H2Rと東亜重工可動フィギュアを組み合わせた作品の制作記と完成写真です。

若生 貴大さんの投稿 2017年8月28日


K-2SO

浜松で行われた模型展示会、バイクモデラーズミーティングに向けて製作した、HONDA RS1000とスターウォーズ ローグワンに登場したK2SOを組み合わせたものの製作記と完成写真です。

若生 貴大さんの投稿 2017年8月28日



posted by わこう at 16:08| Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

七支刀リングお披露目で帰仙します。

19488516_1911282495819949_4.jpg

今週末、28日から、二泊旅程で帰仙します。


今回の目的は、先日新たにリリースしたリング、
七支刀(SHICHISHITOW)のお披露目。


7/30の日曜日は、YUKINEの仙台ショウルームでワンデイカフェに設定していて、
10:30から俺もいます。

帰りの飛行機の関係で、17時までいます。(ワンデイカフェは18時まで)




初めての人、久しぶりの人、ぜひYUKINEに遊びにきてください!
そして気に入ったらリング買ってください!



よろしくオナシャス!






さて、今回のリングのテーマ、七支刀なんだけども、
奈良の石上神宮に伝来した鉄剣で、国宝となっている。

"ななつさやのたち"とも言う。


7edd5bc59049fb9ff3febb5eb95.jpg

こういう形の剣です。





今回、なぜこの刀をリングにしようと思ったのか。










わからない・・







七支刀は、いろいろ調べたんだけども、調べても調べても、
出どころもわからないし、何に使うのかもよくわからない。


こうであろうという諸説はたくさんあるものの、
はっきりした確証には至っていない、謎の多い剣なんだそうだ。



ある日りえさんが、「なんか剣っていうテーマが来てる!」というので、
いろんな剣を調べていくうちに、奈良の石上神宮(いそのかみじんぐう)に、
この七支刀が収められているということで、実物は見られないにせよ、
まずは行ってみよう!となったのが去年の夏。




13669416_1194769497231249_5.jpg

石上神宮の本殿。


この日はメッチャ暑くて、少し歩いただけで汗びっちょり。

写真からも、夏の日差しの熱くてメラメラな感じが伝わるかな。




この、石上神宮では、たくさんの鶏が敷地内に放されていて、



15871883_1373496809358516_5.jpg

こんな雄鶏や、








13668771_1194769527231246_2.jpg

こんなんかわいい鶏や、







13680211_1194769443897921_4.jpg

こんな神々しい鶏があちこちにいて、
コケコッコーコケコッコーあちこちで鳴いている。







13925727_1194769640564568_7.jpg

と思えば、なんとも不思議な雰囲気の池もある。

この池は、本当に異次元な感じがするんだよ。



鶏にちなんで、今年2017年は酉年ということで、
初詣にも行ってきたんだけども、


15781664_1373496956025168_3.jpg

ものすごい人だった。



だからと言って、なにかインスピレーションや、
お告げのようなものが来たわけではない。


ただ、なぜか七支刀をテーマにしたジュエリーを作らなければいけない、
使命感みたいなものがグワーッときて、今回のリングに至りました。


デザインに関しても、すごい難儀したんだけども、
原型を作る原型職人さんも、メッチャ難儀したようで、
「少し時間をください」と、納期も伸びた。



そんな苦労の末にできあがった七支刀リングです。


なぜこのリングを作ろうと思ったのか、
未だにわからないんだけども、そのうちなにか答えがわかるだろうと、
その結果がちょっと楽しみでもあります。


俺がYUKINEにいるのは7/30のみ。

28、29は、おふくろに会いに行ったり、
古い友人に会ったりと、もうすでに予定がパッツンパッツンなんだけども、
30日は余裕があれば俺が珈琲を淹れまっせ!


ぜひ会いに来てください。





posted by わこう at 14:53| Comment(0) | 普通の日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

1/35 Ma.K。

R0021279.jpg

しばらく模型から離れていたんだけども、やっとエンジンがかかって、
このところ続けていろいろと作り始めている。


きっかけを作ってくれたのは、



海洋堂から発売された、1/35のマシーネンのガチャ、
ガチャーネンだった。


ちっちゃいし、ただ組み立てるだけなら10分もあれば余裕でできる。


この手軽さのおかげで、長らく離れていた模型から戻ることができた。



今年は、マシーネン(S.F.3.D)生誕35周年ということもあり、
1/35にいろんなバリエーションが増えて、
これはこれで面白いことになってるなぁと思う。


ということで、しばらくブログの更新もサボっていたこともあって、
だいぶ作ったものが溜まっちゃったので、ここで一気に公開します。




写真が多いので、説明は最小限に。



以前京都で、伊藤若冲展を見に行った際、
その売店で売っていた、竹製の絵葉書を買ったことで、
インスピレーションがピピーン!と。


その絵に似せて、ガチャーネンとかを使って作ってみようと。



R0020412.jpg

ということで、虎の絵に似せてS.A.F.Sをグレーの虎柄に。


ちなみに、伊藤若冲は、本物の虎は見たことがなく、
虎の剥製から、実際の虎を想像して書いたんだそうだ。

愛嬌があっていいよね。






R0020428.jpg

そして、これは牡丹かな?の花の絵。


これは、秋葉原のイエローサブマリンの1/35メルジーネを使用。






R0020437.jpg

こんな感じで書き込んでみました。







R0020451.jpg

そして白いオウム。


これも、イエサブさんのプラウラーを使った。






R0020445.jpg

3つ並べるとこうです。





つぎに、


R0021268.jpg

アクアマリンから発売された、1/35ラプターとラプーンのキットを、
密林仕様の迷彩柄に仕立ててみた。





ラプーンには、1/35のAFVの大砲のキットを流用してライフル風に改造した。



R0021258.jpg

持たせるために、腕や足を関節ごとにバラバラにして、
軸打ちしてポージング。

でもなんかちょっと不自然なポーズになっちゃったな・・・



R0021261.jpg

反対側。








R0021266.jpg

上から。







R0021263.jpg

前から。









R0021255.jpg

ラプターも、腕の角度とかを微妙に修正した。






R0021251.jpg

今回ははじめて、シタデル塗料を使ってみた。

最近使ってる人が増えてきたり、入手しやすくなったりこともあるけど、
ラッカー系塗料を使った時に、有機溶剤を吸うから頭が痛くなっちゃって、
それがなんかイヤになっちゃったんだよ。


ファレホは以前からたびたび使っていたけれども、
今回シタデルを使ったことを皮切りに、いずれすべての塗料を、
水性アクリルに変えようと思っている。


サフ吹いたりするのはしょうがないけど、
一番作業時間が多い工程で有機溶剤を可能な限り吸わなくていいのは、
次の日の朝起きたときの爽快感が全く違うし、メリットが多いかなー。


ネックは、ラッカー系より値段が高いことくらいかな。





R0021257.jpg

斜め後ろからのラプター。


ラプターは、膝から下に追加装甲があるぶん、
いい感じに短足に見えてカッコいいなぁと思う。






R0021256.jpg

反対後ろから。




そして、先日、実写版攻殻機動隊を見て以来、
攻殻機動隊熱が再燃。


いろいろ見ていくうちに、多脚戦車を作りたくなった。



そこで、ただ作るのではなくて、
ガチャーネンと組み合わせたらどうかなと。




ということで、WAVEの多脚戦車の製作に。



前面にガチャーネンのS.A.S.Fを持ってきて、
家にあった他のキットから、使えそうなパーツを流用。



R0020907.jpg

こんな感じに。

あんまりコテコテディティールアップしすぎると、
せっかくのフォルムがうるさくなっちゃうなぁと思って、
最小限にとどめた。

腕は、1/20のS.A.F.Sから持ってきた。





R0020908.jpg

このキットも、シタデルやファレホなど、水性アクリルを使って筆塗り。


水性アクリルは、水で溶いて絵の具のような感覚で使うといいとも聞いたんだけど、
なんか濃度の調節とかがうまくいかなくて、
結局、タミヤのアクリル用の溶剤で溶いて、薄く何層も重ねて塗った。


さすがにこの大きさになると、色が乗らないと塗っていてツラい・・・

そして、同じボリュームの足が4本あるので、だんだん飽きてくる・・


と、苦行のような塗装だった。



その後、汚しを入れたりリペイントしたりして、



R0021276.jpg

こんな感じで完成。







R0021285.jpg

正面から。








R0021286.jpg

横。






R0021287.jpg

ななめうしろ。








R0021291.jpg

反対側。










R0021298.jpg

1.5mmのアルミボールを使ってリベットを再現。

ボディ表面は、軽く鋳鉄表現してます。






R0021293.jpg

本当はもっと汚したいけど、ただ汚いだけになっちゃうかもしれないので、
ギリギリのところでおさえた。







R0021296.jpg







R0021297.jpg











R0021301.jpg















R0021306.jpg















R0021304.jpg













R0021305.jpg











R0021311.jpg












そして、ガチャーネンを3体、随伴機として同じカラーで塗ってみた。


R0021313.jpg












R0021323.jpg

マシーネンの原点。このフォルムはやっぱりいいっすね。







R0021324.jpg












R0021327.jpg














R0021325.jpg
















R0021331.jpg

















R0021328.jpg
















R0021345.jpg

勢揃いな感じで。



ということで、久々に模型やって楽しかった。


これらは、2017年11月12日に行う、
関西マシーネン会に持っていきますので見てやってください。





次は久々にバイク模型に着手しようかなと思っているので、
ちょっとの間、マシーネンはお休みの予定。





posted by わこう at 15:24| Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

CB1300SF(SC40)に1ヶ月乗って。

cb_2017_5_3.jpg

SR500からCB1300に乗り換えて1ヶ月が過ぎた。

自分なりにかなり乗りこんだと思うし、最近はすっかり大きさにも慣れて、
人馬一体感みたいなものが生まれてきた。

最近のカスタムや1ヶ月乗った所感など書いてみようと思います。


一言で言うと、乗りやすい!

乗りやすくていいバイクだと思う。


性質的に、ヒラヒラ乗るバイクではなく、
高速でドーンと長距離移動する、
クルーザー的な乗り方があっているような気がする。


実際のところ、SRから乗り換える一番の理由だった車格の問題は、
このCBで完璧に満たされたなぁと思っている。


SRは軽さがウリでもあり、街なかや山道を、そのスリムな車体を活かして、
スイスイと走る事に特化していると思うけど、
高速を走ったときの華奢な感じと、横風にふっ飛ばされそうな感じは、
メッチャ恐怖だった。


だけど、CBは多少の風はものともせずにどっしりと安定して走れる。

ガソリン満タン入れたらほぼ300キロだもんね。


俺はできれば天気が良い日は、
大阪まで仕事で通勤するのにバイクを使いたい。

阪神高速もよく利用するので、俺のニーズにはCB1300のほうが合っている。




一度、山の中で、Uターンしようとして失速しすぎ、
おっとっとガシャーンっていう感じで立ちゴケして以来、
取り回しや低速時の扱いにはとても神経を使うようになった。


それと同時に、やはり基礎体力を上げなきゃと思って、
筋トレしたり、エアロバイク漕いだりしていて、
結果的に運動不足も解消されていい感じだ。




cb_2017_5_6.jpg

うちは、車庫の入り口が狭いので、それに合わせてハンドルの両端を少しカット。

ミラーも小型のものにしたので、こんなデカいバイクだけども、
まあまあラクに出し入れできるようになった。





cb_2017_5_5.jpg

納車当時より、ブルーのバイザーを付けていたんだけども、







cb_2017_5_1.jpg

ロケットカウルっぽいビキニカウルに変えたら、旧車感が一気にアップ。

トータルバランスがやっと釣り合った感じがしてとても気に入っている。





cb_2017_5_2.jpg

マフラーエンドは、モナカ管に変えた。

これも旧車感を出すのに一役買っている。


キャブはノーマルだけども、オーバーホールしてもらってから、
レスポンスも鋭くなって絶好調!

俺はインジェクション車に乗ったことがないからわかんないけど、
この初期型のCBの荒削りな乗り味には、非常に満足している。


ただ、このバイクのレビューを見ていると、
大排気量なのでトルクが太い!みたいのが多い。

だけど俺はSRからの乗り換えだからなのかもしれないけど、
スタート時のドン!グイグイ!と前に出る感じは、
キャブをFCRに変えていたこともあるかもしれないけど、
SRの方が強いと思う。3000回転くらいまで。


そこは単気筒ならではの粘りと、車体の軽さなんだろうな。


もちろんCBも、1速で引っ張れば、鬼のような加速をするけど、
なんかSRと性質が全く違うものだから、
そこはこう・・思ったほどではなかったというのが正直なところだ。


しかし、トータル的には、カーブも曲がり角も、
太いタイヤと車重の恩恵で、安心してグイッとバイクを倒して曲がれるし、
バイクの運転がうまくなったような錯覚に陥るほど乗りやすいんだよ。


とにかく楽しい。


cb_2017_5_4.jpg

これから、少しずつ移動距離を伸ばして遠くまで行ってみたい。


片道だけでも自走で仙台まで行きたいな。

片道は仙台〜名古屋のフェリーを使ってもいいな。


などと妄想広がりまくり。


良き相棒です。




posted by わこう at 04:34| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

暗号通貨がおもしろい。

MPESA.jpg

現在、ビットコインをはじめとした暗号通貨(仮想通貨)に目覚めてしまった。


もうすでに、ビットコインやいろんな暗号通貨を買ったり売ったりしている人が、
俺のまわりにもたくさんいるし、このBLOGを読んでくださっている方の中にも、
とっくにやってるよという方もいらっしゃると思います。


今回は、俺がどのコインをどう買っているかとかそういう話ではなく、
暗号通貨を理解して、持ってみて、みんなで豊かになりましょうよ、
という入り口の話です。


俺が最初にビットコインを知ったのは、2014年のマウントゴックス事件。

当時、世界最大級のビットコインの取引所だったけど、
ハッキングにあって大量のビットコインを盗まれた、というやつだ。


当時は、ビットコイン?なにそれ?盗まれた?大丈夫なのそれ?
って感じで、なんのこっちゃだった。


しかし、現在は、ビットコインも着実に利用者を増やし、
資産的な価値をどんどん高めていった。

最近は、1ビットの価格がついに金の価格を超えた!とか、
ビックカメラでビットコイン決済開始!
なんていうニュースを耳にした方も多いと思う。


実際はビックカメラでの決済は、
ビットコインのウィークポイントのひとつである、
送金に時間がかかるということで、大変な目にあった人がいるので、
当たり前になるにはもう少し時間がかかるかな。




そもそもビットコインってなによ?っていう方には、
世界ではどうなっているのか、ビットコインとはなんなのかを取材、解説した、
ドキュメンタリーの映画があるので、これを見ることをおすすめします。

アマゾンプライムビデオでも公開されています。


マジックマネー





マジックマネートレイラー


なんかワクワクするよね。



今、ビットコインをはじめとして、たくさんのコインがある。

暗号化された電子通貨だから暗号通貨。


きちんと値段がついて、為替のように売り買いされているコインだけでも、
1000種類くらいあると言われている。

その中で、長いこと値段がつかないコインや、詐欺コインなどは、
どんどん淘汰されていく。


ビットコインは、その中の代表的な通貨で、
暗号通貨では、基軸通貨として使われている。

リアルなお金で言うところの米ドルみたいなもんだ。


日本にもいろいろと暗号通貨を扱う取引所があり、
まずはそこに口座を開設(登録)する。

その取引所の口座に、銀行振込、もしくはクレジットカードなどで、
日本円をデポジット(チャージ)し、取引所でコインを買う。

「買う」と書いてるけども、「両替」だ。


ビットコインは、日本政府もきちんと認めたお金なので、
もし日本円が必要な場合は、また日本円に両替すればいいわけだ。

だけども、その時の相場で原本割れする場合もあるから、
どちらかというと、金を持つような感覚で、
中長期的にじっくり寝かせておくのが今はいいのかなぁとも思う。


日本にある取引所の中で、俺はコインチェックを使っている。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコイン以外にも、いろんなコインを扱っているので、
ビットコインから別なコインに両替するのにとても便利だ。


その他にも、日本の取引所では扱っていないコインを買うときには、
現時点で世界最大の取引高である、Poloniexという取引所を使っている。




ただ、Poloniexは英語表記なので、Google翻訳を使ったりして、
なんとかかんとか使っている状態だけど、
それでも、いろんなコインを持てるのは楽しいしうれしい。

登録の仕方や使い方は、
いろいろと解説してくれているBLOGがたくさんあるので調べてください。


リアルタイムでいろんな暗号通貨の価格を表示してくれるサイトがあって、
ピコピコ動く様子を眺めているのも楽しい。

coincap



俺が暗号通貨を買い始めたのは今年の2月。

最初は何がなんだかわからなくやっていたけども、
実際にコインを買ったり売ったりするようになると、
いろんなことがわかってきて、今はメッチャ楽しい。

と同時に、もっと早くにこれを知ってやっておけばよかったなぁと、、
本当に悔しく思ったりしている。


なんであえて、こういったお金に関する記事を書いたのかというと、
多くの人、特に俺の大切な人たちに、このことを早く知って、
コインを扱うならできるだけ早くスタートしてほしいという願いからだ。

俺に暗号通貨の情報をいろいろとくれる人が言っていた。

「今からだって遅くない。

ビットコインだって何年か寝かせるつもりで両替しておいたら、
まだまだ多くの利益を生んでくれる。

とにかく早く!

早くからやって、暗号通貨を勉強した人が豊かになれる。」


日本にいると、みんな口座を持ってるし、
いたるところにATMがあって、銀行によっては深夜でもお金を引き出せるし、
ネットバンキングを使えば、即時振込もできてとても便利だ。

すでにインフラが整って、みんなが便利に使っている。


だから、今はコインの重要性をあまり感じないと思うし、
日本では、コインは投機の材料として、
短期の売り買いで利益を出すという使い方が多い。


だからこそ、この暗号通貨黎明期とも言われる今がチャンスなのですよ!




もともと電子通貨を使った送金は、不便な国から広がっていく。


俺も教えてもらった情報なんだけども、
ケニアでは、口座を持っている人が少なく、銀行の支店も無いので、
お金のやりとりがとても不便だった。



MPESA.jpg

そこで、2007年にケニアで始まった「M-PESA エムペサ」が大ブレイク、
電子通貨の原点になったとも言われるサービスだ。


口座は持っていなくても、アフリカの田舎の人でも携帯電話は持っていた。


そこで、SMS(ショートメール)を使ってエムペサで送金。

受け取った人は、ケニア内にたくさんある、
エムペサの登録店で現金を受け取る、という仕組みだ。


エムペサが大ブレイクしたのは、このCMがきっかけだとも言われている。

わかりやすいよねー。


ビットコインは、海外では「送金」が主な理由で使われている。


特に海外に送金する場合、
高い両替手数料、送金手数料を払って銀行送金するより、ビットコインで、
銀行を介さずに安い手数料でピッピと送金できる。


これから、Amazonもビットコインでの決済が始まるようだし、
海外から何か買ったりするのに、ビットコインで送金っていうのが、
もっとメジャーになっていくだろうと予想されている。



そんなこんなで、暗号通貨に明るい未来を感じる今日このごろ。


新貨幣が生まれたという貴重な時代に生きているわけで、
そのチャンスを最大限に活かしたいと思っている。


みんなが豊かになりますように。


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

posted by わこう at 11:02| Comment(0) | 普通の日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ