wakoworks.com

2019年04月30日

DUCATI MONSTER900 ieがやってきた。

57336182_2724727257568791_5.jpg

只今平成31年4月30日。もうすぐ平成が終わって令和になりますな。

そして、昨日4月29日で、このBLOGも開設15年となりました。


いやー、長かったようなあっという間のような・・・

とは言え、最近は更新もさっぱりなんだけども。



そして、平成最後を飾るネタがバイクだという・・



ということで、このたびDUCATIのオーナーとなりました。


以前の記事に、もともとGS1200SSに乗ってたのに、
いろいろあって、


52416201_760878700946258_38.jpg

スズキのバンバン200に乗り換えたと書いた。


結局、このバンバンに買い手がついて、
乗り換えをすることになった。


ある日、なにげにヤフオクを見ていると、
なぜかわからないんだけども、とても気になるモンスターを見つけた。



52852226_2602164483158403_5.jpg

他にもたくさんモンスターは出品されていたにもかかわらず、
なぜこのモンスターに惹かれたのかわからない。

だけども、なんかとても気になっちゃったんだよね。


モンスター900の登場は、なんと1993年。

そこからずーっと基本スタイルが変わることなく、
世界中に愛されたロングセラーバイク。


そして自分のモンスター900ieは、「ie」と付いているだけに、
キャブではなくインジェクションモデルだ。2002年式。


モンスター900は2000年からインジェクション化し、
自分の2002年式がモンスター900最後の空冷エンジン。


でも、ヤフオクで見つけた当初は、そんなことも全く知らないまま、
ただただ導かれるように自分のもとに来た。


長年放置された車両のようだったけども、綺麗な車両。


なぜかこのバイクは、
可能な限り自分で手を入れて乗ろうと思ったんだよね。


そこで、いつもお世話になっているバイク屋さん、
伊丹空港近くにあるトラストさんで、車検と名義変更だけやってもらった。





54255321_2639011026140415_6.jpg

はじめてこのモンスターと対面したときのことは、
とても印象的だった。


初めて対峙した瞬間、
モンスターが「わぁー!」と喜んでいるような感じがした。

そして、バッテリーが上がっていたので、
トラストさんでジャンパーをつないでもらって、
まずはエンジンをかけてみようと。

ところが、トラストの店長がセルを回してもエンジンがかからないのが、
自分が回した瞬間に一発でかかった。


なんかそういう事があると、たとえ偶然だったとしても、
自分が選ばれたんだなぁと、特別感を味わったりして。

なんか可愛いじゃない。そういうの。


で、すっかりメロメロになっちゃったわけです。




・・・ところが、納車されてからがまず大変だったのですよ。


ある日、走っていたら突然リアブレーキの効きが悪くなった。

見てみると、リアブレーキのリザーバタンクが空っぽ!


そこで、ブレーキオイルの交換と補充をしたものの、
エア噛みではなく、なんかおかしい。

走っていると、だんだんリアが引きずってきて、
ブレーキが戻らない状態に。



56140453_2669137666461084_5.jpg

まず、一番難儀したのがリアブレーキだった。





56598134_2677720698936114_3.jpg

キャリパーのオーバーホールもしたけども改善せず、
結局原因は、マスターシリンダーのエア噛み(漏れ?)で、
マスターシリンダーを交換したら治った。



あとは、クラッチがだいぶ減っていて、ジャダーが出ていたので、


54520140_2638464162861768_1.jpg

ドカバイク製のクラッチ板に交換。


乾式クラッチとは言え、
自分でクラッチをバラして交換するなんて初めて。


56492495_2675360715838779_6.jpg

ネットで調べたり、FacebookのDUCATIオーナーさんや、
モンスターオーナーさんのコミュニティで質問したりして、
なんとかかんとか解決。


自分は、ドカ乗りの人って、
なんかとっつきにくいのかなぁと勝手に思ってたんだけど、
全く逆で、めっちゃフランクで親切な人たちばかり。

仲間意識が強いのかな。





55628877_2653400901368094_3.jpg

そしたら、愛媛に住む、
自分のと同じ年式の同じ900に乗っているメンバーさんが、
使わなくなったアルミステップを譲ってくださったりして、
なんか本当に良いことばかり!


他に手を入れた部分としては、


56369791_2679260312115486_5.jpg

リアのショート&フェンダーレス化





56962074_2685542641487253_4.jpg

タイミングベルトカバーの色が、
妙にプラスチッキーで気に入らなかったので、缶スプレーで黒に塗装。




56595424_2685542704820580_4.jpg

こんな感じになりました。






56604888_2685573148150869_7.jpg

更に、マフラーはシルモーター製のメッチャ抜けの良いマフラーなので、
エアクリーナーもK&Nのいっぱい空気を吸うタイプに交換。

それと同時に、プラグをイリジウムにしてみた。


もともと低速が薄く、回転が低いとバタバタして乗りづらかったんだけども、
給排気とプラグで、なんか下のトルクが増した感じになった。


インジェクションだから、
キャブ車に比べてできることは限られるんだけども、
現状、満足いくくらいになったかなー。

これ以上いじろうと思ったら、
ECU交換や書き換え(できるのかな?)をすることになるけれども、
そこまでは求めてないからこれでいい。


あとは、ドカは全般的にギア比がロング気味のようで、
今までのバイクの感覚で、中途半端な回転域でシフトアップすると、
思った以上に回転数が落ちで、低速でバタバタ言ってメッチャ乗りづらい。

ドカとはそういうもんだという諸先輩方は言う。


しかし、その中で、フロントスプロケットを、
15Tから14Tに歯数を減らし、ギア比をショート化することで、
乗りやすくなるよとも教えてもらった。


とにかく、2速が使いづらい。

ノーマルだと、1速のレンジが広いので、まだいいけども、
2速に入れた途端にバタバタ言い出す。



58549707_2722306714477512_9.jpg

そこで、14Tのフロントスプロケットに交換した。


これは効果絶大だった。


SRに乗っていたときは、高速巡航時の回転数を下げるために、
1丁多い歯数にしていたけれども、
ドカの場合はロング過ぎるからショートにする、という逆の考え。


とにかく2速がグワッとすぐに吹けてくれるので、
街乗りや山道を走る時に、とにかく使いやすい。

多少バタバタしても、すぐに吹ける。


このモンスターは、普段の下駄としても使うので、
街乗りがしやすくなったのはとても良い。


あとは、外装の部分では、


56669479_2679798702061647_4.jpg

SRの時に買った、DAYTONAのブルーのバイザーを。

赤いボディに青いバイザー。さし色が効いて気に入っている。


あとは、GSの時に一時つけていた、
メッキのバーエンドミラー。


バーエンドミラーの視野の広さに慣れちゃうと、
もうハンドルのミラーには戻れなくなっちゃう。





56391641_2677720642269453_3.jpg

あとは、バイザーからタンク、シートカウルまで、
カッティングシートでシルバーのストライプを。


もっと細々とてを入れたけれども、
大まかにはこんなところでしょうか。


そして最近出会った、尼崎にある、
ほぼドゥカティ専門とも言えるバイク屋さん、
モトマッシモさんで、自分で組んだクラッチが心配だったので、
点検してもらった。



モトマッシモの店主の安村さんはもともと外車のバイクに強く、
DUCATIディーラーの整備士を経て独立した方で、
ドカのことはなんでも知っている。

そういうプロの方に見てもらえば安心ってもんです。


点検終了後、安村さんが、
自分のバイクのテストランをするところを動画に撮った。


尼崎のドゥカティに強いバイク屋さん、モトマッシモ(Massimo Moto)さんで、うちのドカちゃんのクラッチに不具合が無いか見てもらいました。プロの方に点検していただいたら安心できるなと思いまして。 その後、テストランをしていただくところを動画で撮影。自分のバイクが走るところってなかなか見られないので、貴重な映像です。 結果、特に不具合も無いとのことで、これで安心して乗れるってもんです。 初めて伺いましたが、とても親切丁寧にしていただきメッチャ嬉しかったです。 近くに心強い存在ができました。

若生 貴大さんの投稿 2019年4月19日金曜日

そんなこんなで、
晴れて安心してこのモンスターに乗れるようになって、満足満足。




56679319_2677720505602800_8.jpg

桜の芦屋川沿い。





56685606_2677720428936141_5.jpg

アップでパシャリ。






56899681_2679798665394984_3.jpg

山でパシャリ。





58713311_2722306761144174_3.jpg

モンスターは、こっちからのアングルがカッコいいなと思う。

フェンダーレスにしたから、おしりが短くなってカッコいいでしょ。




気づいたことは、モンスターの車両重量は、190キロくらいで、
自分にとって、とてもちょうどいいこと。


SRに乗ってたときは、軽すぎてボディ剛性も頼りなかったから、
高速の長距離移動や、強風のときは正直しんどかった。


CB1300SFも、GS1200SSも、高速では安定走行できたけど、
普段使いにはやはり大きく重すぎた。

バンバンは、とてもフットワーク軽くお気楽に乗れたけど、
遅く、高速に乗ろうとすら思わなかった。


その、今まで乗ったいろんなバイクのちょうど真ん中のいいところ、
それがモンスターだ。


そして、モンスターにも、
片持ちスイングアームのものや水冷のもの、
最近のモンスターは、異型ヘッドライトだったりする。


58667575_2724809374227246_5.jpg

だけど自分は、丸目ライトでマフラーもアップタイプじゃない、
昔ながらのベーシックなスタイルが好き。

できれば、リアは2本サスにしたいくらいだ。



最初、GSに比べると全然曲がらなくて、
ヒヤッとする場面が何回もあったけど、
ドカとはそういうバイクだと、諸先輩方皆さんが言う。

しかし、コーナー手前でしっかりブレーキングして前荷重にし、
しっかりと身体を入れるとパタッと曲がるよ、と、
いろんな方からアドバイスいただいた。




56461054_2679798765394974_6.jpg

かつてのバイクたちで走った、いつもの六甲を今度はドカで。

最近やっとコツがわかってきて、
速くはないけど気持ちよくコーナリングできるようになった、と思う。


すごくクセが強いし、乾式クラッチはガチャガチャうるさいし、
低回転ではバタバタ言うし、
なんて乗りにくいバイクなんだコンチクショー!

と、思ったけども、乗り慣れてみると、
世界中にモンスターファンがたくさんいるのもうなずける。

第一印象最悪だけど、無二の親友に昇格、
みたいな、ベタな展開になるのかな。


まだまだ乗れていないけど、長く付き合っていこうと思います。



って平成最後の記事がこれか・・


posted by わこう at 22:46| Comment(1) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして♪
いつも更新楽しみにしています(*´ω`)
Posted by てぃえ at 2019年05月08日 11:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ