header_2014_6s.jpg

2017年09月29日

神仏と親父とジュエリーと。

21192477_1700965166611677_4.jpg

この9月は、とにかく神様に呼ばれた月だった。


今月の1日、毎月参拝させていただいている、
吉野の金峰山寺と脳天大神に、バイクで行ってきた。




毎月1日は、脳天さんで護摩焚きが行われるので、
それに合わせての参拝。


21314429_1698710033503857_2.jpg

もうかれこれ5年通っているので、なんか帰ってきた感じというか、
妙な安心感があってホッとする。



その時の写真を、Facebookのアルバムにしたので、
よかったら御覧ください。


若生 貴大さんの投稿 2017年9月1日金曜日






その後、9月の半ばくらいに、
淡路島の伊弉諾神宮に定期参拝しようと思ったら、
珍しくりえさんが、一緒に行きたいと。


で、いろいろとプランを話しているうちに、
淡路島の南端あたりから、船で10分くらいの沼島というところに、
おのころ神社というところがあるから参拝しよう、となった。


なんでも、文献によると、いざなぎさまといざなみさまが、
国を造ろうとした時に一番最初にできた島が、沼島なのではないかと。

これに関しては諸説あるみたいなんだけども、
いずれにしても一度行ってみようと、急きょ行くことになった。



21742807_1713830595325134_6.jpg

なんの前知識もなくいきなり行ったんだけども、おのころ神社参拝は、
軽い登山と、最後にそびえる急な長ーい階段を登ってやっとたどり着ける。

この日は9月とは言えメッチャ暑く、汗ダラダラになりながら、
ヒーヒー言いながら登った。



その様子も、Facebookのアルバムにしたのでどうぞ。

神話の中で、いざなぎ、いざなみの尊が国を生むときに、1番最初に作られたという説がある、淡路の沼島はおのころ神社に参拝してきました。 淡路島最南端近くの土生港から船で10分。 のんびりした島にポツンとある小さいお社でした。 島の人々も、...

若生 貴大さんの投稿 2017年9月13日水曜日



そして月末近く、仙台から、くにこさん、東京からジェニーさんという、
2人の友達が関西に遊びに来ることとなり、
吉野の天川村にある天河大弁財天社に行きたいということで、
ご案内することとなった。





21767923_1731794376862089_3.jpg

天河さんは半年以上ぶり。


しかし、何度伺っても、ここは不思議なところですわ。



この日は、天河さん以外にも、奈良の一言主神社や、
天川のもっと上、洞川にある龍泉寺にも、ご案内することができた。


その時の様子も、アルバムにしたのでどうぞ。


仙台からくにこさん、東京からジェニーさん、二人の友人が関西に来るということで、一緒に奈良の一言主神社、吉野の名物ライダースカフェVINTAGEさん、天河大弁財天社、洞川温泉にある龍泉寺をご案内したあと、大阪で縁ある友人たちが集合して食事会を。 タイトなスケジュールだったけど、導かれたようにスイスイと事が運び、メッチャ楽しい時間でした。

若生 貴大さんの投稿 2017年9月27日水曜日




さて、これだけだと、9月はいろんな所にいったなぁー。チャンチャン。

で終わるところなんだけども、
今回あらためて気付いたことがある。




ちょっと話は変わって、2004年に他界した俺の親父は、
俺が物心ついたころには、密教に心酔していた。

真言を唱えたり、印を結んだり、梵字を書いたり。


そこから派生して、いろんな宗教団体に入信したり、
経典や解説本を読みふけったり、自分で宗教研究家と言っていた時もあった。

俺のオタク要素は、このあたりからきてるんだろうな。まちがいなく。


先日、仏壇に手をあわせていた時だったかにふと、
親父がとても楽しそうというか、喜んでいるようなビジョンが見えた。


俺がこうして、吉野や淡路島に参拝させていただいたりしていることを、
とても喜んでいるような。


そして同時に思ったのは、親父が吉野や淡路島に行きたかったんだろうなーと。



親父が生前叶わなかったことを、
親父の代わりに俺が若生家を代表してやれていることを、
ご先祖様共々喜んでくれているような、そんなことを感じている。



そして俺は、さらにそれを仕事に活かすために、
神仏を象徴するものを形にし、それを身につける、
それをジュエリーとして世に送り出す、ということをしているわけです。


神仏は常に我々と共に在る、ということを、
ジュエリーを通して感じ、身につけてほしいなぁと。





14045887_1761970260751174_7.jpg

この、Prayerネックレスも、鳥居をイメージしたもの。※画像クリックで詳細へ。






15384541_1809222762692590_6.jpg
Gatekeeperは、そのものズバリ狛犬。 ※画像クリックで詳細へ









19488516_1911282495819949_4.jpg

最近発表した七支刀は、国宝の七支刀をイメージしたもの。※画像クリックで詳細へ




俺が震災後、仙台から関西に移住してきたことも、
こういった目に見えない世界の諸々によって、
必然的に導かれたものだと痛感している。


過去にも何回か書いたけれども、天河大弁財天社の65代宮司の、
柿坂 神酒之祐(かきさかみきのすけ)さんとお話させていただいた時、

「アクセサリー(ジュエリー)は神と人を繋ぐアンテナのようなもの」

とおっしゃっていたのが、俺のジュエリーデザインの礎となっている。


これからも可能な限り参拝を続け、
このスタンスを崩さずに、良いものを世に出していきたいと、
今月のいろんな場所への参拝を通じて、あらためて思ったのでした。


感謝


posted by わこう at 12:52| Comment(0) | 普通の日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ