header_2014_6s.jpg

2017年03月24日

SRとお別れ。

R0015062.jpg

愛車のSRを、乗り換えのために手放すことにした。


ホントは、そのうちSRの事をじっくりと記事にしようと思っていたんだけども、
その前に手放すことになってしまってありゃりゃ〜って感じだ。



そもそも、このBlogにも何度か記事にしたけれど、
我が家ではバイク禁止令が出ていて、10年ほど乗っていなかったんだけども、
何度にも渡る話し合いの末に、やっとりえさんから許可が出て、
そんな思いの果てにやってきたSRだった。

俺も久しぶりのバイクだったし、本当にうれしくてうれしくて、
毎日のように裏山にある六甲山に走りに行った。


そのうち、ノーマルのままではいろいろと不満(不安要素)が出てきて、
ちょこちょこといじり始めたのが泥沼の始まり。


特に大きかったのは、納車間もないころ、
ほとんどノーマルの状態で淡路島まで行ったときのことだった。


まーず非力でね。80キロも出せばエンジンがプルプル言って苦しそう。

さらに、淡路島に上陸するには、明石海峡大橋を渡ることになるんだけども、
特別風が強い日ではなかったと記憶してるんだけども、
明石海峡大橋の上はものすごい突風で、横風に押されて車線をはみ出したりして、
本当に死ぬかと思う場面が何度かあり、軽くトラウマになったほどだ。

東京でいうレインボーブリッジみたいな海の上の突風渦巻く中を、
軽くて非力なバイクで走らなければいけない恐ろしさ。


そこで、高速での快適な巡航をするためには何が必要なんだろうと考え、
キャブをFCRの39パイに変えたところから端を発し、
フロントとリアの足回りの強化、そして、SR500のエンジンから、
クランクとピストンを移植して、500ccにしたあたりからカスタム熱が加速。

チョコチョコといじっていじっていじっていじって、
より乗りやすく、より快適にとカスタムしてきた。

さらに、外見も大事と、外装、シート、フェンダーレス化などなど、
SRのノスタルジックな雰囲気を壊さないギリギリのところで、
パッと見ノーマルに見えるんだけども実はいろいろ手が入ってる、という、
シブい路線で行こうと決め、そのように作ってきた。


さらにタンク、サイドカバー、リアカウルをもうワンセット中古で激安で集め、
初めての自家塗装にチャレンジ。


キャンディ塗装して、



16998698_1446935218681341_5.jpg

こんな感じで旭風防の短防と組み合わせたり、






17016756_1444550742253122_1.jpg

バイザーを付けたりして、風対策をしたりした。


おかげで、ノーマルのSRとは全く別物のマシンとなり、
街乗りや峠でも本当に楽しかったし、気軽に軽快に走れるので、下駄としても大活躍。

普段トコトコ走っても、いざスロットルをガバッと開ければ、
ズドドドという強烈な振動とともに気持ちよく加速していく。

ガバッと開けたときの感じは、まさに馬に乗ってるような感じ。


本当に楽しいバイクだった。




しかし、俺が1番克服したかった、高速での安定した巡航は、
やはり今ひとつで、強風のときは高速を使わない、
もしくはSRに乗らないという選択をしなければいけなかった。


車格がスリムで小さく、そして軽量なのが逆に仇となり、
街なかや峠では軽快に楽しく走れるんだけども、やはり高速は不向きだった。

わかってたんだけど、
なんとかなるんだったらSRでなんとかしたいと思っていた。



R0015046.jpg

だって、こんなオートバイ然として美しいフォルムのバイクはそうそうないよ。

同じようなトラディショナルなスタイルのバイクで、たとえばKAWASAKIのWとか、
トライアンフのボンネビルとかあるけれども、
俺はこのSRのデザインが、1枚も2枚も上を行くと思っている。



R0015061.jpg

このスリムさ!美しい鉄の馬!


しかし、本当はバイクで通勤する頻度をもっと上げたいし、
片道何百キロという高速移動をして、いろんなところに行ってみたい。

そう考えた時、本当に辛い決断だったけれども、
SRとお別れして、もう少し大きいバイクに乗り換えることに決めたのだった。


本当にこのバイクを愛しているし、できることなら手元に置いておきたい。

しかし、若い頃にバイクを複数台持っていたことがあるけれども、
結局なんだかんだ言ってもお気に入りばっかり乗って、
他のにはだんだんと乗らなくなり、しまいにはエンジンがかからない→手放す
というふうになっていくのがわかるので、
それだったらこのSRを愛してくれる他の人に託したいなと。


このバイクを購入し、さらにその後もカスタムにいろいろとご協力くださった、
大阪の伊丹空港近くにある、モトショップトラストさんに相談したところ、
委託販売として、トラストさんの店頭に置いていただけることとなった。


現在、ヤフオクにも出していて、
そのうちトラストさんがGooBikeにも掲載するということで、
1日も早く、いいオーナーさんが現れることを願っている。


カスタム内容も全て書いてあります。



次のバイクは、本当に悩みに悩んだ末、
HONDAのCB1100にしようと思っている。


YAMAHAのバイク開発に携わっている、模型仲間の脇村さんや、
ご主人がKAWASAKIにお勤めしている、KAWASAKI推しの新吉さん、
そして、SUZUKIを愛してやまない、SUZUKI推しの親友あべよっちゃんなど、
俺の周りにはいろんな人がいるんだけども、今回はどこにもかぶらないHONDA。


ズコーッ!っていう音が聞こえてきそうなんだけども、
皆さん本当に申し訳ないです。


今、トラストさんでCB1100を探してもらっているところです。


今は、新しいバイクへのワクワクよりも、
まだSRとの別れの辛さのほうが大きいんだけども、
とにかく早くいいオーナーさんが現れ、俺にもいいCBが見つかり、
みんなWin-Win、ハッピーハッピーになればいいなと。


お別れ直前。バイク屋さんにて。

若生 貴大さんの投稿 2017年3月23日


1年という短い間だったけど、本当に楽しかったよ。


ありがとうな。



posted by わこう at 01:50| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ