header_2014_6s.jpg

2016年10月31日

クウ。

R0010086.jpg

現在、我が家の最古参猫となったクウちゃん。オス、8歳。


事故で死んでしまった親友、あべはりさんから、
亡くなる半年くらい前にもらったニャンコ。


あべはりさんの忘れ形見だからかなんなのか、
クウは赤ん坊の時から俺のことが大好きだ。



DSCN2477.jpg

一緒にパソコンを見るクウ。生後半年くらいの時かな。






DSCN2467.jpg

こんなん。これも同じくらいの頃かな。



とにかく俺のことが大好きでベッタリ。

そして俺も、そんなクウがかわいくてかわいくて、溺愛してきた。




それまで、クウのライバルだった、

DSCN9684.jpg

まるちゃんが去年高齢により死んじゃって、クウの天下と思いきや、








R0009885.jpg

まるちゃんが死んじゃってすぐ、彗星のように現れた、快くん。







R0010394.jpg

そしてこれまた、快くんも俺のことが大好きなんだな。これが。



そして、


R0009431.jpg

クウがすねたりいじけたりすることが多くなってきた。


ちなみに快くんは、とても性格が良く従順で、それでいて快活で華がある。


俺へのアピールも熱烈で、俺も快くんからそんな熱烈に甘えられると、
ついつい快くんに気持ちが偏ってしまうことも。


そんな俺を見て、たぶんクウは心を傷めたんだろう。


今まで全くそんなことなかったのに、
俺の布団にだけおしっこをすることが二度ほどあった。


しかも、俺が布団に入っている眼の前で。



いろいろ調べたら、それはマーキングとかではなく、
俺に対する不満や、もっと自分を見てほしいアピールなんだそうだ。



快はまだ1歳半で、まだまだ子供だから、
ついついそっちに手をかけてしまいがちになっちゃうんだけど、

R0010086.jpg

クウはそのたびに心を傷めてたんだな。


それに気付いたら、そんな健気なクウに申し訳なくなって、
なんかこみ上げてきてしまって泣いた。



しかも、快もそんなことお構いなしで、
クウのことを猫の先輩としてとても慕っている。

R0010585.jpg

クウもそれをわかっていて、憎いんだけど憎めないヤツ的な感じで、
快のことをしっかりと受け入れ、先輩として面倒を見ている。

快もそんなクウを慕って、いつも甘えている。



若生 貴大さんの投稿 2016年10月10日



クウと快の動画。クウの姿が健気だ。



なので最近は、とにかくクウが俺のことをウザがるくらいに、
クウをベッタベタに可愛がっている。




こんな感じで。


今のところ、それ以来布団におしっこすること無いから、
たぶんクウ的に満足してるんだろう。


動物はしゃべれないからね。

それをどれだけ汲んで気付いてあげられるか、
飼い主として学ぶことが多いですわ。

人間関係もニャン間関係も日々変わっていくから、
これでOKっていうのはたぶん無いんだろうな。


だけども、そのやり取りを経て築いていく、
猫との信頼関係や尊敬みたいなものは、宝物みたいなもんだな。



R0010086.jpg

クウ、ごめんな。


愛してるよ。




posted by わこう at 23:00| Comment(0) | なぜか猫。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ