コーヒー焙煎やってます。wakoworks.com

2005年06月15日

機動隊に囲まれた話。(前編)

過去に何回も書いているが、俺は以前はトレーラーの運ちゃんだった。

詳細は、カテゴリ「嗚呼 トラック野郎」でどうぞ。

 

 

現役当時はホンット〜〜に、いろんなエピソードがあったが、

今回は、俺の中で1,2位を争うエピソードを公開する。

 

 

俺はトレーラーに乗っていたが、「トレーラー」と一口に言ってもいろんな仕事があり、

俺がやっていたのは、「ドレッチ」と呼ばれるものだった。

 

ドレッチとは、100%陸送ではなく、一部フェリーを使う運送方法で、

特に、北海道など、陸地が離れているところの荷物を運ぶのに使われる。

 

例えば、北海道で採れた野菜を、東京の市場(築地とか)に運ぶとしたら、

 

1、北海道のドレッチ業者のトレーラーが、現地で野菜を積み込む。

 

2、積み込まれた荷物は、苫小牧港など、フェリーが停泊する港に運ばれる。

 

3、トレーラーは、トレーラーヘッドと荷台が切り離せるので、荷台部分を切り離す。

 

4、荷台部分だけがフェリーに積まれ、所定の港(仙台港)にフェリーで運ばれ降ろされる。

 

5、現地(仙台港)のドレッチ業者のトレーラーがその荷台を連結し、築地まで陸送。

 

と、大まかにいうと、こんな感じの流れだ。

 

俺はこの仕事を五年やったが、

一度として北海道の運転手に会ったことも喋ったことも無い。

あるのは、「こんな感じで積みましたよ〜。」という積込図のみ。

 

そういうのもなんか不思議でしょ。

 

でも、ドレッチっていうのは、トレーラーの特徴を最大限に活かした、

非常に画期的な運送方法と言える。

 

これを考えた人、エライ。

 

で、俺はよく北海道の野菜や果物を引っ張って、

東京の青果市場(通称やっちゃば)によく走った。

 

築地、新宿、太田、三鷹、巣鴨、世田谷などなど・・。

 

なので、俺が当時眠い目をこすりこすり走って運んだ野菜を食べてくれた人が、

もしかするとこのBLOGを読んでいるかもしれない。

 

北海道のじゃがいも、とうもろこし、タマネギ、レタス、大根、ニンジン・・。

最高級の夕張メロンを運んだこともあった。

 

それが東京の皆さんの食卓に上がったわけだ。

 

そう思うと、なんかロマンを感じてしまうのだ。

 

 

さて、やっちゃばによっては、狭くてトレーラーで入っていくことがしんどいところや、

メチャクチャに混んで入れないところもある。

 

トレーラーで入っていくと、ただでさえ手降ろしだから、降ろすのに時間がかかる。

停車場所確保やフォークリフトの争奪戦で、よその運転手とケンカになることも茶飯事だ。

 

なので、他のトラックでごった返す前に、さっさと降ろしてさっさと脱出したい。

特に、築地、三鷹、新宿の3ヶ所は、いつもバトルだからあんまり行きたくなかった。

 

 

 

ある日、新宿と築地の2ヶ所降ろしの仕事に当たってしまった。

積み荷は大根かなんかだったと思う。

 

「ゲゲェ・・、混むとこ2ヶ所かよ・・。」

 

とにかく早く新宿に着きたかった。

 

 

仙台港で、荷物を積んだシャーシを引っかけ、

大急ぎで高速のインターに向かった。

 

が、チケット発券機の後ろになにやら人影が・・。

警察だ。高速機動隊というヤツだ。

 

シートベルトも取り締まっていたが、その日はトラックの重量検査もやっていた。

 

俺の引っ張っているシャーシは、伝票上は定量。

シートベルトも締めていたし、問題なく通れると思っていた。

 

 

余談だが、高速の入り口ゲートの下には、「軸重計」というものが設置してあり、

その上を車が通るとき、左右の車輪から伝わる重さを量り、

規定の重さ以上だと、何かしらのサインが出るようになっているらしい。

 

俺は、なんの疑いもなくゲートを通過しようとしたのだが、

軸重計が反応したらしく、そのゲートにいた警官が笛を鳴らして、

「こっち来い!」とサインを。

 

大型トレーラーでも乗れる大きさの本格的な重量計

(通称鉄板。カンカンとも言う。)に誘導された。

 

「ちょ、ちょっ・・オイオイ冗談じゃねぇよ!急いでンだよ。」

「定量だってば!定量!」

 

と叫んで、通過させてもらおうとしたが、

機動隊員が一斉に何人も飛び出してきて阻止された。

 

「まぁ、まずダンナさ〜ん(なぜか警察の人は取り締まるときこう呼ぶ)、

軸重計が反応しちゃったからさぁ、重量計で測るからぁ。」

 

「車検証と通行許可証持って降りてきて!」

 

 

たたでさえ時間が無くて焦ってるのに・・・。

 

 

 

だんだん焦りが怒りに変わっていった。

 

 

つづく。
喧嘩番長2PS2【 喧嘩番長2フルスロットル 】1月25日発売!!
メーーーーンチビーーーーーーム!!
をブチかまし不良ワールドへデッパツだぜ!
ノブオの成りあがりブログ」も絶好調に更新中!!
あなたの「武勇伝」大募集!抽選でPS3/60Gが当たる。
posted by わこう at 00:39| Comment(7) | TrackBack(0) | 嗚呼 トラック野郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、続きが気になりますぅ・・・

きのう退院したって書いたばかりなのにまた症状
がでてしまいAMに医者行ってきました。
膀胱炎は一度かかると治りづらいのかなぁ。
トホホ(T_T)
Posted by mickey at 2005年06月15日 03:43
昔トラックの営業しとりました・・・。 4トン車メインでしたが、車載車専用のトレーラーなら売ったことあったなぁ〜・・・。 
Posted by ピーター at 2005年06月16日 11:17
あぁーーー!
「続く」なんですか!?
気になる気になる、、、、。
Posted by sun at 2005年06月17日 00:01
わこうちゃんこんにちは
ちょっと前の記事にトラックバック送りました。
ミュージックバトンです。
よろしく〜。
Posted by pyo at 2005年06月18日 17:46
皆さん、ありがとうございます。
お返事が遅くなっちゃいました。

■mickeyさん

> また症状がでてしまいAMに医者行ってきました。

ありゃ〜。大変だったですねぇ。
膀胱炎は確かに大変だと聞きます。

ミーコちゃんが早く良くなりますように。


■ピーターさん

> 昔トラックの営業しとりました・・・。

そうなんだ・・。
どこかで会ってるかしれないですね。

過去記事に写真も公開してますが、俺はFUSOが好きですねぇ。

リコールとかいろいろあるようだけど、
FUSOは運転がしやすいというか、馴染むんですね。

今度、プリン体と行きますね。お店。


■SUNさん

> 「続く」なんですか!?

すいません・・。たいへん長らくお待たせいたしました。(笑)

後編もよろしくお願いします〜。


■pyoさん

> ミュージックバトンです。

あ〜い。受け取りました〜。

記事にするまでしばしお待ちください。
Posted by わこうちゃん。 at 2005年06月19日 11:38
トラックの運転手って何でこんな傲慢で、すぐ切れる奴らが多いんだ?運転も、交通ルール一切無視で危険極まりない。いつか事故に巻き込まれそうで怖いわ。

こんな奴は一部だと思いたいが、まあ「武勇伝」の如くネットに掲載してるんだから、連中にとって他人を侮辱し、脅すのは日常茶飯事なんだろうな。

こんな運転手と遭遇したら間違いなく殴ってるわ。
Posted by a at 2013年02月09日 03:22
aさん

コメントありがとうございます。

まずは、記事を読んで不愉快な思いをされたことに対しまして、
お詫び申し上げます。


いろいろご意見はあるでしょうが、もう20年も前の話だし、
この記事自体も2005年に書いたものですし、
その後の他の記事を読んでいただけるとおわかりいただけると思いますが、
俺もいろいろと社会的にコテンパンにやられまして、
aさんからしたらザマァ見ろという体験もたくさんしましたし、
読み流していただけるとありがたいなーと。

それでも不愉快でしたらこの記事は削除しますので。


どんな経緯でこんなブログに辿り着いたのかはわかりませんが、

よかったら今後ともよろしくお願い申し上げます。
Posted by わこう at 2013年02月10日 04:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ