header_2014_6s.jpg

2016年02月25日

ジュエリーデザイナーとして。

izanagisan.jpg

突然ですが、2016年春、ジュエリーデザイナーとしてデビューします。

りえさんが、ブログに俺がデビューすることやブランド名を書いてくれたんだけども、
ここでは、なぜそうなったのかという流れを書こうと思います。





2012年、俺は7年間やってきた飲食店をやめて、
りえさんと共に関西に移住してきた。


おかげさまで、様々な御縁で、いろんな仕事をさせていただいて、
なんとかかんとか生活を維持できるようになったものの、
だんだんと、「一生涯かけてやる仕事」はなんなのか?と模索するようになった。


そんな中、去年の夏、大阪のチャネラーさんに相談しに行ったわけです。


余談だけども、一時間とった予約枠の中で、
この仕事の話はあまりにも明確かつシンプルで、
15分くらいで終わっちゃって、45分も時間が余ったので、
死んじゃった愛猫のまるちゃんや、事故で死んでしまった親友あべはりさんから、
思いがけずメッセージをもらうこととなったわけです。



さて、肝心の仕事の話なんだけども、チャネラーさんが言うには、



「ものづくりの仕事がいいみたいですね。」

「パートナーさんは何をしている人なんですか?
パートナーと一緒にクリエイションするといいみたいなんですが・・」


そこで、りえさんがジュエリーデザインをしていることを伝えると、


「あぁ!まさにそれです!」


でも、俺、46歳だし、いまから勉強とかしても間に合うんですかね?
と聞いたら、


「全然間に合います。」


と。


続けて、


「パートナーがジュエリーデザイナーなんですから、
一番身近な人から教えてもらえるという、
恵まれた環境を最大限に活かすべきです。」


と。



突然だけども、りえさんは車の免許を持ってない。


だから、今まで、神戸や大阪、東京、山梨などなど、
いろんなところにりえさんを乗っけていって、石の仕入れに付き合ってきた。

仙台にいた頃からだから、もうかれこれ7年だ。


宝石商の社長の皆さんも、「雪音さんの旦那さん」で俺のことを知っている。

去年は、甲府にあるジュエリーの原型製作を手掛ける業者さんに、
りえさんと一緒に挨拶と見学をしてきた。


そして、何よりも、りえさんがジュエリーデザインをしたり、
石の目利きや値付けをする様を、一番近くで見てきた。


そして、りえさんがデザインしたジュエリーの写真を撮り続けてきたわけだけども、
どう見ると一番カッコいいかとか、とにかく見まくってきた。


ジュエリーデザインを学び、クリエイションしていくのに最高の環境だ。



そして、関西には模型業界においても、素晴らしい作品を作る人達がたくさんるし、
モデスポやMa.K関連でも、すごい人達にたくさん出会ってきた。

数年前までは考えられなかった様々な刺激を受けていて、
俺の感性にかなり影響しているのは間違いない。


なんかいろいろとストンと一気に腑に落ちた。



りえさんにそのことを伝えたら、
鳩が豆鉄砲を食らったような顔して、

「なんでそこに気付かなかったんだろう・・・」

と。


ちょうど、りえさんもメンズジュエリーに、
もっと注力しようと思っていた矢先だっただけに、渡りに船って感じみたい。

今までもそうしてきたように、
これからもりえさんと二人で動くことは変わらない。

それだったら二人で作っていったほうがいいもんね。



今、業界にも3D化の波が押し寄せ、
CADを使ったジュエリーデザインも増えてきた。


今はまだ、りえさんから図面の書き方を教わりながら、
完全アナログでデザインをしているんだけども、
そのうち俺も、CADを使ったデザインもしていくことになるんだろうな。



俺がメンズジュエリーを作るにあたり、
ブランド名を決めなくちゃいけないなと、去年からずっと考えていた。


もともとジュエリーは装身具であり、
ルーツは、神様と繋がりやすくするために身につけるものだ、
と、吉野の天河大弁財天社の柿坂宮司がおっしゃっていた。


だから、ジュエリーと神様は、切っても切れないものだと、俺は考える。


そして、俺はなぜか淡路島が大好きで、
二ヶ月にいっぺんくらいは行ってるんだけども、淡路島といえば伊弉諾神宮。



izanagisan.jpg
「イザナギ」という音霊は頭のなかに入ってきたものの、
恐れ多くて簡単に使っちゃいけないような気がしたので、
先月、伊弉諾神宮に参拝させていただき、お伺いを立ててみた。


お祈りの瞬間、ブワーッといい風が吹いてきて、
あぁ、許可がおりたんだなと思った。



そんなこんなで、ブランド名は「IZANAGI」にしました。


男が身につけるメッセージ性の強いハイジュエリー。


現在、俺のデビュー作となる「GRAVITY」を制作していて、
来月にはできあがってきます。


コンセプトなんかは、写真と一緒に公開しますので、少しお待ち下さい。


ということで、これからはジュエリーデザイナーとして、
残りの生涯を生きていきます。


皆さん、よろしくお願い申し上げます。




posted by わこう at 10:34| Comment(0) | 普通の日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ