header_2014_6s.jpg

2016年02月15日

1/20 グラジエーター 密林仕様。


IMGP0574.jpg

先日、WAVEから発売となった、グラジエーターを作りました。

また今回も例によって写真が多いんだけども、
説明はなるべく控えめにして、製作記と完成写真を公開します。






R0052355.jpg

今回作った、グラジエーター。


1/20 H.A.F.S. グラジエーター [後期量産型]1/20 H.A.F.S. グラジエーター [後期量産型]

ウェーブ 2016-01-23
売り上げランキング : 23147

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これは、メカデザイナーである横山宏先生が、プラモデルでのキット化を前提に、
30年前にデザインしたそうなんだけども、いろいろあってキット化が頓挫。

しかし、30年経った今年、ついに!
横山先生とファン共々悲願であったキット化がやっと実現したという、
みんなの夢が乗っかったキットなのですよ!




そのことは、以前アップした、横山先生とMAXさんの対談の中にも出てくる。


ちなみに、ちょっと話がそれるんだけども、
関東の横山先生の大ファンである、湯本さんという方が、
この動画を世界中の方々に見ていただきたいと、英語訳を付けてくださいました。

英語字幕付きで見られるので、英語圏のお友達に教えたってください。


湯本さん本当にありがとうございました!



さて、このグラジエーター発売を受け、俺の周りではグラジエーター祭り!


Facebookの俺のニュースフィードには、グラジエーターの話題や写真でもちきり!


その甲斐あって、Amazonのプラモデル販売数では、
一時、スターウォーズのプラモデルを押さえ、堂々の売上1位となった。


スゲー!パチパチパチ。


とううことで、俺もビッグウェーブに乗って、早速作ったわけですよ。



で、Facebook上では、なんか、グラジエーターを作り始めると、
なぜかカニが食べたくなるとかなんとか・・・



理由は、








R0052356.jpg

これでした!


カニだよこれ。




グラジエーターに触発されて(?)、今夜はカニ鍋でした。

Posted by 若生 貴大 on 2016年1月30日




ということで、お正月用に食べようと思ってそのまま冷凍していたカニがあったので、
その日の晩はカニ鍋でした。





今回は、森林迷彩でグリーンを基調にしようと思ったんだけども、
サフは補色である赤サフを使ったら、




R0052368.jpg

やっぱりカニでした。








R0052363.jpg

なんとなく、ハッチは普通のS.A.F.Sのツルンとしたタイプのほうが、
なんとなく無機質でカッコいい感じがしたので、他のキットから流用。

虫ピンでリベットを打ち込んでみたんだけども、
塗りあがってみると、正直これはいらなかったな。


あとは、溶きパテで表面をガサガサにして、鋳鉄みたいな表現を。



そして今回、僚機として、むかーしに作ったラプターと、A.F.Sをリペイントして、
グラジエーターに随伴させようと、


R0052426.jpg

おんなじカラーリングにリペイントした。


ただ、迷彩柄がなかなかこう・・バシーッとキマらなくて、
何回も何回も塗り重ねて、ぼかしたりフィルタリングしたりして、




R0052528.jpg

やっとこんな感じになった。


今回は主に、ウェザリングは、油彩絵具をエナメル溶剤で溶いたもので、
フィルタリングする感じで汚していった。






R0052365.jpg

グラジエーター付属のフィギュアヘッドは、サイトウヒールさん原型ということで、
せっかくなので、A.F.Sのものと付け替えた。






R0052374.jpg

サフ吹いたところ。この時点ですでカッコイイです。









R0052586.jpg

そして今回は、ビネットベースも作ってみた。


B5の額縁に、モデリングペーストをモリモリ盛って地面を作り、
ある秘密のマテリアルを着色して、緑の葉っぱや落ち葉を表現してみた。


このベースの制作は、モデリングペーストが意外に乾燥が早いので、
乾く前に塗ったり盛ったり整えたりしなきゃいけないので、途中写真はありません。



ということで、グラジエーターを乗っけて、



IMGP0574.jpg

完成です!



今回は、完成時の具体的なイメージが沸かなくて、
作りながら修正していったんだけども、当初の想像以上の出来になって、
個人的にはかなり満足している。






IMGP0568.jpg

横から。







IMGP0553.jpg

そして、ラプターとA.F.Sを随伴させてみた。






IMGP0569.jpg

グラジエーター反対斜め前から。

車もそうだけども、ワイド&ローに構えるのがカッコイイなと、個人的には思う。

だから、グラディエーターも地面スレスレのところまでボディを下げ、
足をガバーッと開いたポージングに。






IMGP0572.jpg

ななめうしろから。




このグラジエーターは、「見せ場」がたくさんあると思う。


ボディもいろんな形の集合体で、見せ場がたくさん。





R0052655.jpg

さらに、この足の股関節部も見せ場のひとつ。


ウェザリングが映える映える。







R0052642.jpg

この関節部も見せ場として最高だ。





R0052637.jpg

使い込んで赤く焼け、錆びた感じに。






R0052652.jpg

ピアノ線で、手すりのようなものを作ってディテールアップしてみた。


このあたりも見せ場のひとつ。








R0052658.jpg

スモークディスチャージャーは、横山先生やMAXさんの作例を真似して、
赤く塗りました。







R0052657.jpg

レールガン。ここはスプリングでディテールアップ。







R0052659.jpg

S.A.F.Sタイプのものに交換した、ツルンとしたハッチ。


個人的にかなり気に入っている。








R0052664.jpg

マフラー部。









R0052662.jpg

黄色の認識帯は、ハセガワのイエローシートを使った。






R0052648.jpg

うしろの手すりは、アルミ棒で作った。


さらに、0.3mmのピアノ線でアンテナを作った。
だけど、もっと細くてもよかったかな。






R0052651.jpg

隠れた見せ場、股関節部。











R0052663.jpg

このあたりも見せ場なので、納得いくまで何度も塗り重ねた。

鋳鉄表現が効いてるかなと。







R0052665.jpg

足のスプリング部。

このあたりのディテールはすごいなーと思った。



とにかく、グラジエーターには、見せ場がたくさんあるから、
塗っていても楽しいし、たぶん他の人が作ったグラジも、
見応えがたくさんあるんだろうなーと。


上から下までしげしげと眺めていたくなる。



Facebookにアップした、グラジエーターのアルバムをどうぞ。



新製品、WAVEのグラジエーターの迷彩仕様作りました。森林を想定したグリーン系の迷彩仕様で塗ると同時に、僚機として、過去に作ったラプターとA.F.Sを同じ迷彩にリペイント。A.F.Sのヘッドは、グラジエーター付属のものと入れ替えてあります。

Posted by 若生 貴大 on 2016年2月8日


そして、僚機の2機も。



R0052668.jpg

ラプター。










R0052679.jpg

正面から。







R0052689.jpg

ラプターも、迷彩がなかなかうまく塗れなくて、何度も重ね塗りした。







R0052692.jpg

A.F.S。







R0052704.jpg

レーザーガン。






R0052699.jpg

ななめうしろから。







R0052702.jpg

ヘルメットも塗ったんだけども、フィギュアヘッドがカッコイイから、
ヘルメット無しで素顔のままでいくことにした。

ちなみに、やはりフィギュアの顔を塗るのが苦手なので、
目はイーストウッドみたいにに、白目がわからない感じに塗りつぶした。



他にも少し写真があるので、他の写真はFacebookのアルバムでどうぞ。

5年くらい前に作ったラプターとA.F.Sをグラジエーターにあわせてリペイントしました。A.F.Sはヘルメットも塗装したんだけども、フィギュアヘッドを入れ替えたら、被せて隠してしまうのがもったいなくなって、ヘルメット無しです。

Posted by 若生 貴大 on 2016年2月8日


グラジエーターは、作っていてもストレス無くサクサク組めるし、
塗って楽しいし、メッチャ良いキットでした。

何機でも作りたいな。


みんながキャッキャ言いながらグラジエーターを作っている様子を、
横山先生は、たぶん喜んで見てくれてるんだろうな。


先生、素晴らしいキットをありがとうございます。

そして、おめでとうございます。




posted by わこう at 00:50| Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ