header_2014_6s.jpg

2016年01月20日

1/12 HONDA RS1000 Gothic Style。

R0051334.jpg

2016年初の模型が完成しました。


年末年始はガッツリ模型すっぞ!と思ってはいたものの、
家事やってるとなかなか模型のモチベーションが上がらず、なんか映画ばっかり観てたな。


水は低きに流れるが如くってのは本当だなと思ったよ。わははー。


我が家では、俺がメシを作る担当なんだけども、
まず、朝起きたらご飯のしたく。

食べて終わって洗い物×2~3回。


晩ごはん食べ終わって洗い物が終わると、もうすでにもう燃え尽きていて、
茶の間にいったん腰を下ろしたらもうダメね。動きたくなくなる。


で、そのまま映画。


ちなみに、ウチは俺もりえさんもヘビーなAmazonユーザーにつき、
プライム会員登録をしている。


だもんで、去年から始まったAmazonの動画配信は、本当にうれしい。

無料映画もメッチャ凄い数があり、見たかったあれやこれも無料!


Amazon Fire TVAmazon Fire TV

Amazon 2015-10-28
売り上げランキング : 166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

我が家は有線LANを茶の間まで引っ張っているので、
Fire TVを使ってるんだけども、いやー、これはいいわ。

動作も軽快、YouTubeも見られるし、音楽も聞けるし。


だから、より一層模型離れが加速した。



と、言い訳はさておき。



1/17の日曜日に、大阪のボークスで、ラリーカーとバイク模型の合同展示会があり、
バイクの方は、モデスポのdanke親分こと小原さんがが主催する模型グループ、
「俺たちバイクモデラーズ」の展示会でもあった。

俺は、このバイクモデラーズのメンバーなので、
せっかく展示会に参加するんだったら、一つくらいは新作を持っていこうと、
お正月明け、やっと重い腰をあげて作り始めた、というわけです。


たぶんこの展示会がなかったら、まだ模型作らないで映画ばっかり見てたと思うわ。



というわけで、簡単な製作ポイントの説明と完成写真を紹介しまーす。




R0052144.jpg

今回は、タミヤから再販(?)された、ホンダのRS1000。


これをまた、最近マイブームの、

R0002749.jpg

こんな感じのパンク調というかゴシック調のスタイルで作ろうと思ったわけです。




基本的にストレート組みで、
リベットや歯車などでデコレーションするという手法なので、
今回は特別な改造はしていないので、制作部分の説明は割愛する。






R0052147.jpg

今回はじめて使ってみたのは、虫ピン。


これを写真奥のように、スタイロフォームにブスブスと刺していって、
一本ずつ、使う直前に切って使う・・ということを繰り返す。


もちろん、事前にピンバイスでリベットを打つ場所には穴を開けておく。



で、だんだんとめんどくさくなってきて、裏側から切れるようなときは、



R0052150.jpg

こんな感じでブスブスと一気に刺し、






R0052151.jpg

パチンパチンと切っていく。

俺は、太い針金とかも切れる、頑丈なペンチを使っ切っている。





R0052157.jpg

切り取った針の方は、こうやってビンに入れておけば安心。







R0052167.jpg

あとは、他のキットから、余ったパーツを持ってきて、機械っぽく配置したり。


この、RS1000は、ポイントカバーやジェネレーターカバー、エンジンガートとかが、
メカメカしいデザインなので、こういった枯れた感じの色合いが映えるんだよね。





R0052169.jpg

マフラーのサイレンサー部分は、少しシルバー色を残した。






R0052186.jpg

で、最初はこんな感じで仕上げてみたんだけども、
色味がイマイチしっくりこないのと、うしろが重すぎる感じがしたので、



R0001561.jpg

こんな感じに修正して完成!

リアシートカウルは排除。フレームごとうしろをバッサリカットして、
ジャンクパーツで小さなリアフェンダーをつけて、カフェレーサーのフォルムに。






R0001569.jpg

斜め前から。






R0001565.jpg

反対側面。






R0001562.jpg

リアフェンダーのうしろには、テールランプっぽく時計パーツを使用。







R0001564.jpg

反対斜め。










R0001572.jpg

タンクには歯車でデコレーション。


ファットなタイヤが効いてて、このアングルから見るのが個人的には好きだな。






R0051331.jpg

エンジン部。






R0051334.jpg

ということで、なんだかんだと紆余曲折はあったものの、
いい感じでまとまって、個人的には満足しております。





2016_1_17.jpg

展示会にも間に合って、こんな感じで展示させていただきました。


他にも過去作のジオラマとか持っていったんだけども、
今回のこのバイクも含めて、カップルで展示会を見に来てくれた彼女のほうが、
俺の作品に興味を持ってしげしげと見入ってくれたケースが多く、
なんかそれが嬉しかったな。


やっぱり、手塩にかけて作った模型だから、
こういった展示会でいろんな人に見てもらうのが嬉しいし、
次のモチベーションにつながっていく。


こういう場を作ってくださったバイクモデラーズの皆さんに感謝しております。


今年もガンガン作るぞーと。




posted by わこう at 00:32| Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ