Jewelry YUKINE Official Site

2015年08月31日

思いが巡るお伊勢さん参拝2015_8。

IMGP5518.jpg

先日の浜松ジオラマグランプリの帰り道、伊勢神宮にお参りしてきた。


我が家には、簡易的なものではあるんだけども神棚があり、
御札を3つお祀りさせていただいていて、毎朝手を合わせている。


箱根の九頭竜神社と、吉野の天河大弁財天社、
そして、数年前にりえさんがお伊勢さん参拝の時にお迎えしたお伊勢さん。


俺自身は、12~3年前に、お伊勢さんに参拝させていただいて以来、
ずーっとご無沙汰だったので、タイミングが合えば、いつかお参りしたいと思っていた。


そんな中、ある朝、いつものように神棚にお参りしていたら、お伊勢さんから、


「いつ来るんだ?早く来い。」


と、ちょっと厳し目口調でメッセージが頭のなかにガーンと入ってきた。


たしかに、今年はお祀りさせていただいている他の二社には、
すでに参拝を済ませている。







だから余計に、
近いうちに早くお伊勢さんにも行きたいなーと思っていた矢先のメッセージ。

というか、もうここまで来ると「行かなければいけない!」という義務感ね。


日本人としては、やはり天照大御神さまにきちんと手を合わせたい。


そんなときの浜松ジオラマグランプリだったので、せっかくだから、
帰り道に三重県からグイーンと伊勢志摩半島を経由して帰ろうと。


ということで、浜松ジオラマグランプリに搬入した次日の朝、
8時にはホテルを出発してお伊勢さんに向かった。


ナビで見ると、浜松からお伊勢さんの外宮まで222キロ。

おー、ゾロ目だよ。ドライブするにはちょうどいい距離だな。


ということで、順調に東名から伊勢自動車道に入る。



ちょっと話は変わって、このBLOGには何度も書いているけれども、
俺は昔、トラックの運ちゃんだった。


初めて乗ったのは23歳のとき。


それまで4トン車も運転したことがなかったのに、
大型免許とっていきなり10トン車に乗った。

当時はまだバブルの名残があって、運転手が不足していたもんだから、
大型持ってると重宝がられた時代。キャリアの有無はあまり関係なかった。


当時走っていたのは、佐川急便の松坂便。


仙台から名古屋や四日市を経由し、そして三重県の松坂へ。


片道1000キロ。

何かあってもそうそう簡単には帰れない距離だ。


あたりまえだけども、
どんなにイヤでも、自分で走らなければ帰れない。


平均時速100キロで走っても10時間かかる。


文字面で見れば、「あたりまえだろう!」となるけれども、
実際にその時間と距離の壁を目の当たりにすると、けっこう面食らうよ。

だって、簡単に「平均時速100キロ」っていうけれどもさ、
貨物は高速道路は全線80キロ制限だからそんなにスピード出せないし。

一度出たスピードを、どれだけペースを落とさずに走れるかがキモになる。

それが10時間以上続くわけだから今思えば大変な仕事だったな。



今はどうだかわからないけど、1990年代の夜の東名高速はトラックだらけ。

みんなハイペースで、前のトラックとの車間距離なんてわずか数メートル。
そんなギッチギチのやりとりを経て、そのまま首都高に流れ込む。

東北道に入ると、トラックの数がだいぶ減って、
そこではじめてすこしホッとする、みたいな感じだった。



久しぶりに伊勢自動車道を走り、あのトラック現役時代の、
絶対的な時間と距離の壁に、絶望に近い感情を覚えたこと、

東北とは雰囲気が全く違う土地にいて、とてつもないアウェイ感に襲われたこと、

積み込みが始まるまで、松坂の佐川急便の休憩室で仮眠をとるんだけども、
夕方になると近所の小学校から「カーラースーなぜ泣くの」と放送が聞こえてきて、
グワーッと寂しさが襲ってきたこと、

当時結婚していた嫁さんや子供のために、とにかく踏ん張って仕事したこと、

よく行った松坂のドライブインで食べた牛すじの味・・



いろーんな記憶や感情がグワーッと蘇ってきてなんか涙がポロポロ出てきた。



お伊勢さんに近づくにつれ、そういう感情の解放だとか、霊的なプレッシャーとかで、
だんだんとしんどくなってきた。


走っても走っても着かない・・みたいな錯覚とか。



そして、やっとの思いで、

IMGP5385.jpg

外宮に到着。


この日は、ピーク時よりはマシだとはいえまだまだ暑く、外宮参拝だけで汗びっしょり。



そして、やっとの思いで内宮近くに着いたんだけども、
一番近い駐車場は2時間待ち。

なので、少し離れた駐車場に停めて、荷物も最小限に、
なるべく軽装にし、一眼レフを斜めがけして出発。


いやー、それでもしんどかったわ。


汗でベタベタなことも相まって、とにかく暑い!不快指数MAX!

で、持っていった一眼も、
俺が持っている中でも一番重いレンズだったこともあり、
いやー、なんかしんどいのよ。


でも、今思うと、あのしんどさは、肉体的なものではなく、
霊的なものだと思う。


こう・・「それでも来るか?」と試されているような・・


駐車場からの距離も加味すると、内宮の本殿まで1時間くらい歩いたかな。


暑いので、熱中症にならないように、写真を撮りながらのんびりと。


一人だし、別に他の人のペースに合わせなくてもいいので、
そういう意味では気がラクだった。


で、いくつか鳥居をくぐるわけだけども、
本殿に一番近い鳥居をくぐったときにはじめて、
突然、身体も霊的にもフッと軽くなって、「よく来たな」というウェルカムモードな感じに。


IMGP5518.jpg

そして、やっと、念願の内宮本殿を参拝させていただいたのでした。


この時点で、浜松を出発してから6時間くらい経ってたかなー。

だけども、その6時間がまるで3日くらいかかったような感じだった。


いやー、なにがどうしんどいのかわかんないんだけども、
とにかくしんどかったよ。


この感覚は、以前、出雲大社に参拝させていただいた時も感じた。

走っても走っても距離が縮まってない感覚とか。


で、参拝を終えてなんかスッキリして、

IMGP5423.jpg

おかげ横丁で赤福買って帰ってきた。



今度は、りえさんとふたりで参拝したいな。




今回の参拝の途中に撮った写真をFacebookのアルバムにしたので、
よかったら御覧ください。






関西に来て3年が過ぎ、帰り道に伊勢道から名神に入り、
看板に京都の文字が出てきて、
「あー、帰ってきた」と感じるようになた自分に気付く。


だんだんと、関西人になってきた感じがするなー。



今回は、芦屋→浜松→伊勢神宮→芦屋と、走行距離700キロの旅だったけども、
車で長距離を走るのがしんどくないのは、やはりトラック運転手の素地があるからだと思う。


まだまだ行ったことがない土地も多いし、これからも走りまくりたい。



posted by わこう at 22:12| Comment(0) | 普通の日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。