header_2014_6s.jpg

2015年06月21日

甲府〜箱根の旅。

IMGP2082.jpg


りえさんと共に、甲府〜箱根 爆走1000キロの旅をしてきたのでレポートです。


今回は、ジュエリーアーティストであるりえさんの取引先で、
山梨県甲府市にある宝石商の店舗にお邪魔して、、
直接石の仕入れをするのがメインのお仕事。


そして、山梨のいろんな業者さんを紹介していただき、今後に繋げていこうと。


その後、ぐるっと箱根に抜けて、毎年参拝させていただいている、
九頭龍神社にお参りするのが2番目の目的。


ということで、東京に車で行くことを考えれば(去年は東京に2度車で行っている)、
甲府はずっと近いので楽勝楽勝、とタカをくくっていたら、
名神高速の集中工事で、京都からずーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、
100キロ超に及ぶ一車線規制で大渋滞!

結局、予定より2時間半も遅れて甲府に到着。

いやー、まさかそんなんなるとは思わなかったわ。ナメてたね。集中工事。


bora_2015_6_1.jpg


上の写真は、小牧からやっとこさ中央道に入り、
ちょっとだけ休憩しようと立ち寄った駒ヶ岳SA。

愛車(社用車)のボーラも頑張ってくれました。


で、初日は結局着いたのが夕方だったので、もうお仕事は今日は諦めよう!
ということになり、取引先の社長さんたちと一緒に温泉宿へ。

男同士、一緒に風呂に入って裸のつきあい。


そして、炉端を囲んで、メシを食いながら業界の話やビジネスの話、人生論とか・・


今回は、俺たちがお客さんなので接待を受ける側。

寝食を細やかに接待していただいて、本当に恐縮した。



bora_2015_6_2.jpg

二日目の朝、甲府の宿で。


和の庭園とボーラが妙にマッチしてたので撮影。



二日目は、宝石の仕入れをしたあと、取引先の社長の計らいで、
老舗の工場を紹介していただき、見学させていただいた。


IMGP1592.jpg

甲府は、宝石の町であると同時に、金属加工の町でもあり、
いろんな職人さんがいらっしゃる。


しかし、昨今の不況により、マーケットも縮小傾向。

職人さんの数も減り、跡継ぎが無く高齢化が加速しているという。


それに加えて、最近は3Dプリンターでキャストを作るという波が起きて、
昔ながらの手作業の職人さんがますます少なくなっていくだろうと予想されている。


IMGP1587.jpg

使い込まれた道具たち。

この工場は30余年の歴史がある。


いろいろ大変だと思うけれども、
できる限り現役で、長く活躍していただきたいと思う。


そんなこんなで甲府を後にして箱根へ。




富士五湖道路をのんびりと走ったけれども、
この日は雨で、あいにく富士山が見られなかった・・


そして、今回の宿は、現存のホテルでは日本で2番目に古いと言われる、
富士屋ホテルで。

富士屋ホテルで撮った写真をFacebookのアルバムにしたのでどうぞ。


富士屋ホテル

Posted by Wako Works on 2015年6月20日


今回で3度目の富士屋ホテル。

1回目は、りえさんがずーっと憧れていたということで2009年に泊まった。

2回目は、おふくろがまだ元気な頃、富士屋ホテルに泊まりたい!ということで、
おふくろの親友でもあるトンボ玉の遠藤のぶこ先生も一緒に泊まった。

IMG_0201.jpg

その時の写真。


この約1年後、東北大震災があり、そのストレスからか、
おふくろは脳溢血で倒れ、重い障害が今も残っている。

本当にこの年、一緒に旅をして良かったなぁと。


そして、久々の富士屋ホテルで、
おふくろと一緒にごはんを食べたレストランでまた食事をしたんだけども、
なんかいろいろ思いだしちゃってさー。

りえさんにそのことを話したら、りえさんも同じ事を考えていて、
ふたりで涙うかべながらごはん食べた。



箱根二日目。


毎年参拝させていただいている九頭龍神社と箱根神社を参拝して、
芦屋に帰る、という旅程。


九頭龍神社の本宮は、箱根でも奥の方にある、
ザ・プリンス箱根(旧箱根プリンスホテル)の脇から、
山道を20分ほど歩いた公園の中にある。

その公園に入ってからも、さらに10分くらい歩く。


これも、Facebookのアルバムでどうぞ。

箱根 九頭龍神社にて。

Posted by Wako Works on 2015年6月20日


俺が初めて九頭龍さんに参拝させていただいたのが2008年。


そのときは、今は亡き親友あべはりさんも九頭龍さんに行きたい!ということで、
箱根で待ち合わせて、一緒に参拝したり、メシ食ったり遊んだりしたんだった。


その次の年、あべはりさんは事故で死んでしまった。


事故で死んでしまったあべはりさんもそう、
脳溢血で倒れ、未だ重い障害が残ってしまったおふくろもそう、
箱根には、懐かしく楽しかった思い出がたくさんあるんだよ。


その思い出をまた、ひとつひとつ辿って、いろんな事をまた思い出して・・


楽しかったことや大切な人を忘れないためにも、
こういった時間は本当に大切だなーと思う。


DSCN0277.jpg

これは2010年におふくろと一緒に箱根神社で撮ったおふくろとのツーショット。

奇跡の一枚になってしまったな−。




現在、おふくろはほとんど車いすだ。




実は先月、仙台にちょっと里帰りしたんだけども、

ofukuro.jpg

その時におふくろと一緒に撮った一枚。


車いすだから行けるところは限られるけれども、
おふくろとまたどこかに出かけたいな。




で、ちょっとしんみりしたところで、りえさんが、
せっかく箱根に来たんだから、彫刻の森美術館に行きたい!
ということで行ってきました。

箱根 彫刻の森美術館にて。

Posted by Wako Works on 2015年6月20日


いやー、予想外にシュールでおもしろかったな。


しかもここにはピカソ館があり、
本物のピカソの作品がたくさん展示してあるんだけども、
いやー、よくもまぁこんなに集めたもんだと。


そして、ピカソの類い希なる才能にうーむ・・とうなるばかり。

俺が印象的だったのは、線の描写の正確さと繊細さかなー。
うまく言えないんだけども・・


なんかちょっとした線なのにやたら定規で引いたようにまっすぐだったり、
細く一定の幅でササッとなにげに引いたであろう線のかっこよさっつーか・・

なんかうまく言えないんだけどもさ。


とにかく楽しかったわ。



で、テンションが一気に上がったところで帰ってきたんだけども、
帰りも名神高速の集中工事で通行止区間があり、
普段通らない東大阪を経由して帰ってきたんだけども、
なるほど、この道路がこことつながってんのか・・などなど、
俺の頭の中の道路が、シナプスのようにつながり始めて、
それはそれで勉強になったわ。


走りっぱなしで疲れたことは疲れたけども、
実のある出張だったと、手応えを感じている。


そんなこんなの旅でした。


posted by わこう at 03:11| Comment(0) | 普通の日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ