header_2014_6s.jpg

2015年02月06日

1/100 METAL GEAR REX。

rex_20.jpg

またまた模型ネタです。


去年もそうだったんだけども、今のこの時期、新年でもあり、
なおかつ関西では貴重な寒い時期なので、なんか身体もピッピと動くし、
モチベーションも高く維持できるんだよなー。

関西は4月くらいからもうすでに軽く暑く、早い人は半袖を着るくらいだし、
東北生まれの俺にとっては、この寒い時期に飛ばしておこうと思うわけです。

夏はどうしても模型のモチベーションが維持できない。


関西(特に大阪)の夏は暑い。暑すぎる。

暴力的な暑さで、エアコン入れて、だるくなって・・というパターン。



ちなみに、去年の今頃は、

R0035572.jpg

こんなんとか・・・




bonus_0.jpg

こんなん作ってましたわ。



ということで、今、異様なほど模型のモチベーションが上がっているので、
いけるとこまで突っ走ってみようと思う。


今回作ったのは、


メタルギアソリッド メタルギア REX (1/100スケール プラスチックキット)
(1/100スケール プラスチックキット)

壽屋 2012-12-27
売り上げランキング : 3599

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コトブキヤのメタルギア REX。


日本を代表するゲーム、メタルギアソリッドの1と4に出てくる兵器ね。

やはりメタルギアファンなら一度は作ってみたいキットだ。


メタルギア ソリッド レガシーコレクションメタルギア ソリッド レガシーコレクション

コナミデジタルエンタテインメント 2013-07-11
売り上げランキング : 365

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゲームをやったことがない方は、歴代メタルギアが全部入っているBOXをどうぞ。



実際に組み立ててみると、いやー、なかなか素晴らしいキットでした。
パーツの合いもよく、基本的に接着剤がなくてもパチンパチンと組める。


だけども、久しぶりのこういったロボット系だったし、
最近作ったミイラ男も、マシーネンも、パーツ数が少なくてサクサクっと組めたので、
今回のようなランナーの枚数が多くてパーツ数の多いキットはちょっと苦痛だったなー。

構造上、後ハメ加工が必要な箇所もあるので、個人的な印象としては、
ガンプラで例えると、マスターグレードのザクのバージョン1.0みたいな感じ?
というとわかりやすいかなー。


ということで、とにかくパチパチと組んでいって、

rex_2.jpg

はい、パチ組み完了。


と、簡単に書いたけども、結構大変だった。





rex_1.jpg

で、今回も最近マイブームの電飾を仕込んだ。

仕込んだところの写真を撮り忘れてしまったんだけども、
けっこう加工が大変だった。

ちなみに、コックピット部の白色LEDは常灯だけども、
赤いほうは、回路をかませて、ゆっくりと数秒かけて点滅するようになっている。



白いほうが配線前の動画だけども参考までにどうぞ。





rex_3.jpg

今回は赤サフでいきました。







rex_4.jpg

本塗装の前に、メタリックでムラムラに塗った。






rex_5.jpg

筆塗りで、下地の鉄板っぽいのが、ところどころ見えるようにわざとムラムラで塗装。






rex_6.jpg

2色で迷彩にしてみた。






rex_8.jpg

2色のままでも悪くないんだけども、もうちょっとメリハリをつけるために、
迷彩柄の境目をなぞるようにして線を書いた。


色合い的にけっこう気に入っている。






rex_9.jpg

軽くスミ入れとウォッシング。


今回は1/100というスケールということもあって、
派手にウェザリングするとスケール感が台無しになるので、かるーく。






rex_11.jpg

そしてベースの制作に入ります。

木枠に厚手のプラ版をつけたところ。



左側に見える2つのスイッチは、ひとつは電飾のスイッチ、
もうひとつは、あるギミックのスイッチ。


あるギミックとは・・・




最後の方に書きます。







rex_14.jpg

溶きパテで地面の表面を作ったあと、モデリングペーストでさらにデコボコを。

ところどころにジオラマ用の小粒の砂利を散らばせて瞬間接着剤で固定してます。






rex_15.jpg

その後、3~4色を使って地面の色を描き、








rex_17.jpg

わかりづらいけども草とかも散らした。





rex_16.jpg

プラ棒でバリケードみたいなのも作ってみた。







rex_13.jpg

そして、このビネットの目玉、音声ギミックの回路。
ボタンを押すとMicro SDに入れたMP3ファイルを再生してくれるというもの。

自分では回路を組めないから、ネットで苦労して探して探して探して、やっと見つけた。







rex_12.jpg

スピーカーをくっつけたところ。







で、ボタンを押すとこうなります。


「スネェーーーーク!まだだ!まだ終わってない!」


「リキッドォォォォォォォォォォォーーーーーーー!」


っていう、リキッドとスネークのやりとりね。


これは本当は、メタルギアソリッドの中では、
最後の方のカーチェイスの場面で出てくるセリフなんだけども、
この会話が印象的なのであえてこの部分を使った。





rex_18.jpg

付属のスネークのフィギュア。






rex_19.jpg

スネーク目線からだと、REXはこんなに巨大です。





ということで、


rex_20.jpg

完成!







rex_23.jpg

迷彩はこんな感じに。







rex_27.jpg

全体を引きのアングルで。






rex_26.jpg

別角度より。








rex_28.jpg

リキッドが座ってます。






rex_24.jpg

背中部分。







rex_22.jpg

リキッド別角度から。








rex_21.jpg

スネークです。








rex_25.jpg

スネーーーーーーーーーーーク!!

みたいな感じ?



ということで今回も楽しかったなー。



次は何作るかなー。



posted by わこう at 02:30| Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ