コーヒー焙煎やってます。wakoworks.com

2014年10月05日

RICOH GXR A12 28mmユニットとGR。

IMAG3330_1.jpg

数年前から、コンデジはRICOHのGR Digital 3を使っている。

RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL III GRDIGITAL3
GR DIGITAL III GRDIGITAL3

リコー 2009-08-05
売り上げランキング : 56947

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このBLOGにも、GRで撮った写真がいーっぱいアップされている。


2009年発売だから、基本設計はもう若干古いんだけども、
軽いし、レンズがF1.9と明るいし、1cmマクロ撮影ができるし、
ずーっと気に入って使っている。


ところが!


先日、現行型のGRをいじらせてもらえる機会があり、
その描写の素晴らしさに、正直ビックリしちゃったんだよね。

こう・・RICOHならではのダイナミックな色処理と、
大型センサーならではの見事なボケ味。

しかも、ローパスレスだから、なんかカリッとしてる感じ。


いやー、惚れた!



RICOH デジタルカメラ GR APS-CサイズCMOSセンサー ローパスフィルタレス 175740
ローパスフィルタレス 175740

リコー 2013-05-24
売り上げランキング : 9817

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

俺のGR3の次の次のモデルなので、そういう意味ではGR5となるわけだけども、
このGRから、センサーがAPS-Cと大型化され、
それまでのGR Digitalとまったく別物という意味なんだと思うんだけども、
あえて「5」とせずに、ただの「GR」となったんだろうなーと。


しかもローパスフィルターレスでもあり、いやー、かなり魅力的だ。


しかもしかも!

本日2014年10月5日現在で、新品価格が66586円!

新品が10万超えだから、そういう意味ではずいぶん値段もこなれてきた。



いやー、揺れたね。かなり揺れたね。


俺が持っているGR3の新品が、発売から5年も経っているのに、
未だに45000円とかで販売されているのを考えると、
現行型GRが65000円台ということは、
この辺りがもうそろそろ底値なんじゃないかなーと、個人的には思う。


今が買い時だ!みたいな。


今手持ちのカメラやレンズ、レアなプラモデルのキットをいくつか売って、
資金作って買っちゃおうかなーなどと、マジメに考えた。



だけどもさ。



俺にはRICOHの銘機、GXRがあるわけなんだけども、
そのGXRのレンズユニットの中で、
APS-Cセンサーの28mmのユニットがラインナップされていて、
以前から気になってたんだよなー。


RICOH GXR用カメラユニット GR LENS A12 28mm F2.5 170560
GR LENS A12 28mm F2.5 170560

リコー 2010-11-05
売り上げランキング : 70085

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

やはりこちらも2010年発売なので、基本設計は若干古いんだけども、
APS-Cセンサーと、F2.5のGRレンズの組み合わせはやはり無視できない。

一部のGXRオーナーの中では、このユニットと、
同じくA12 50mm MACROの2つはマストアイテムだとも言われている。



R0038982.jpg

ということで、中古で買っちまったよ!A12 28mmユニット。

中古だとけっこう安くていいのがゴロゴロしている。


GRはあと何年かしてまだ欲しかったら中古で買えばいいやと。


IMAG3330_1.jpg

ということで、GRとGXR。

共に28mmの単焦点が揃ったわけです。


以前、GXRのP10という、28mm~300mmという万能ユニットのことは、
はるか前に記事にしたことがあるけれども、
この2つが本当の意味での比較対象となるわけだ。



ということで、早速撮ったよ。



R0023573.jpg

くうちゃんとか。





R0023590.jpg

まるちゃんとか。


やはり、GRで28mmという画角でずーっと何年も撮ってきたので、
このA12でも、なんの違和感もなく構図を決められる。

やはり、大型センサーならではのなんかこう・・余裕のあるボケ味とか、
いやー、さすがって感じだ。



R0023600.jpg

近所のたこ焼き屋さんで。

絞り開放で撮りました。いいボケ味でしょ。


いやー、素晴らしいね。

現行GRと比べるとどうかわからんけど、俺はこの描写には本当に満足している。



ただ、唯一の難点がある。


それは、最短のピントが合う距離が約20cmと遠いこと。

なので、マクロ撮影は基本的にできない。


だから、俺が持っているGR3は、手放さずに継続して使う。

例えば、模型の製作過程や料理のアップ、
YUKINEのジュエリーで、とても緻密で繊細なもののマクロ撮影など、
GR3の1cmマクロは非常に重宝するからだ。

また、GR3はレンズがF1.9と明るいので、
暗いところでの撮影は、ちょっとだけGR3の方が有利だ。

なんやかんや言うても、GR3の描写もすばらしいもんな。


ということで、最後に、GR3とこのA12ユニット、同じ画角なので、
同じものを撮り比べてみた。

ちなみにモードはどちらも絞り優先で、F2.5にしてある。




R0038991.jpg

こっちがGR3。

コンデジながら頑張ってんなーって感じで明るいレンズでカリッと抜けた感がいいなと。




R0023619.jpg

で、こっちがA12ユニット。

いやー、素晴らしいボケ味です。


なんかこう・・ウェッティだよね。描写が。

みずみずしいというかなんというか・・・


と、現行型GRをいじってからいろいろ火がついて、
またアイテムがひとつ増えてしまいました。


これでまたひとつ、写真の幅が広がること間違いなしだ。


posted by わこう at 21:28| Comment(1) | メカもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、GXR Wi-Fiカードと検索したら出て来て拝見させて頂きました。
私もRICOHが好きで、コンデジはR1からずっとCシリーズ。
GX200とGXRを一年前にコジマで投げ売りセールのP10セットを購入。
あ、そうそうフィルムからRICOHを使っていました。

趣味が似てるので思わず書き込みしています。
バイクも好きでメカ好きも(^0^;)

仕事中なのでまた(^_^)/
Posted by くま at 2014年12月24日 16:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ