コーヒー焙煎やってます。wakoworks.com

2014年07月07日

1/12 YZR500 スチームパンク風 完成写真編。

R0021276.jpg

スチームパンク風にバイクビネットを作ったわけだけども、
写真が多くて三部作にしたんだけども、いよいよこれが三部の完成写真です。








ということで、説明は過去記事でやったので、説明は最小限にします。







R0021284.jpg

バイクの反対側。








R0021286.jpg

うしろから。








R0021290.jpg

横から。









R0021296.jpg

少し上から。










R0038311.jpg

デコレーションはこんな感じで、「動き出しそうな感じ」をポイントに。










R0038314.jpg

カウルの隙間からのぞくエンジンがメッチャカッコイイなと。









R0038315.jpg

カウルのアップ。

大きい歯車の隙間から中が見えます。一応。







R0038317.jpg

このレトロなデザインがなんとも言えず好きなんだな。








R0038319.jpg

キャストホイールもノスタルジックでいいよなー。


フィルタリングしたのが効いてるなと。






R0038323.jpg

このバイクの特徴のひとつでもある、
左側からフレームの中を通って右側に抜けるチャンバーの美しさ!








R0038324.jpg

シングルシートもこんな感じでデコレート。







R0038327.jpg

フレームはカッパー色です。


もう少し明るめのいろでも良かったかな・・









R0038334.jpg

タンクの装飾と、カウルの隙間から見えるエンジンの美しさ。


チラリズムは大事ね。









R0038336.jpg

フィギュアは、元々のポーズをそのままにしてアンドロイド風に。



顔のアゴ部分には革風シールを貼った上からリベット。









R0038341.jpg

プロポーションがいいので、機械っぽく見えないかなー。








R0038344.jpg

で、このアンドロイドがバイクのライダーなんやでー!っていうのを強調するために、
スケールが全く違うんだけどもカギ型のチャームを使ってアピール。








R0038345.jpg

襟にはマイナスリベット。









R0038348.jpg

足にもこんな感じで関節部分を中心にデコレート。








R0038352.jpg

背中には、スチーム動力の機械がくっついてる、という設定。









R0038355.jpg

足の後ろの部分。







R0038358.jpg

ボタン電池を交換できるように。

ちなみに実験したところ、つけっぱなしで約24時間くらいだった。






R0038365.jpg

アンドロイドの割には気取ったポーズとってます。

ちょっと生意気そうな感じがいいかなぁーと。



ということで完成したので、これで何かにエントリーしてみっかな!



やっぱりバイク模型は楽しいなー。








posted by わこう at 04:23| Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ