wakoworks.com

2005年05月08日

アメリカンニューシネマ。

映画配給会社、20世紀FOXが70周年だそうだ。

 

先日、Yカメラに買い物に行き、ちょっとDVDコーナーを覗いたら、

こんなモノを発見した。

 

B0007WZTO8 明日に向かって撃て!〈特別編〉/バニシング・ポイント
ポール・ニューマン ジョージ・ロイ・ヒル ロバート・レッドフォード キャサリン・ロス

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-04-20
売り上げランキング : 6,491

Amazonで詳しく見る by G-Tools

70周年記念DVD二枚組。

なんと!二枚で1,980円!

もちろん新品だ。

 

パッケージ下のオビの裏に、こんな事が書いてあった。

崇高な男たちに励まされる・・。

 

いいねぇ・・。

 

ポイントが全額分貯まっていたので、思わず買ってしまった。

 

 

そういえば、入院中同じ部屋だった、

大手CDショップのラーメンマンKさんが

 

「最近、FOXがとんでもない値段で出してくるんで、

DVD業界の価格破壊が進んでいるんですよ。」

 

と言っていたのを思いだした。

しかも、バニシングポイントは、Kさんオススメの逸品だったし。

B0007WZTPM バニシング・ポイント
バリー・ニューマン リチャード・C・サラフィアン クリーヴォン・リトル ディーン・ジャガー

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-04-28
売り上げランキング : 538
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

白の70年式ダッジチャレンジャーが爆走するのだが、

お気楽なアメリカンアクションじゃなくて、

主人公の男の過去や背景から、反体制のニオイがプンプンする映画だ。

 

でも、その行動は、とにかく休むことなくチャレンジャーで爆走すること。

実にシンプルだ。

 

これがまた、最近のアクションには無い、

70年代ならではの、荒々しい雰囲気を醸し出しているのだ。

 

そして、衝撃のラストシーン。

 

男の生き様とは?という、

わかるようなわかんないようなテーマを真剣に考えてしまった。

 

深い。

 

 

 

B00005NRRU 明日に向って撃て! ―特別編―
ポール・ニューマン ロバート・レッドフォード キャサリン・ロス ジョージ・ロイ・ヒル

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2001-09-21
売り上げランキング : 11,674
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

で、こっちは、実在の人物を元に制作した、やはり男の生き様と友情の映画。

 

こっちは、やんちゃな男二人が、銀行強盗をしてくんだけど、

爽快で見ていてテンポもよく、スカッとする映画。

 

撮影開始が俺が生まれた年、1968年。

 

いやぁ〜、若い頃のポール・ニューマンも、

ロバート・レッドフォードも、カッコイイねぇ〜。

 

変に堅苦しくなく、サラッと笑わせたり、キレイだったり、

それでいて、深い友情で結ばれた男二人の生き様が、

とてつもなく爽やかに輝いていた。

 

娯楽映画としては、バニシングポイントよりこっちだ。

 

で、こっちも切ない衝撃のラストシーン。

 

 

いやぁ〜、映画だからっていうのはあるけど、

アウトローの生き様っていうのは、見ようによっては確かに崇高だ。

 

「アメリカンニューシネマ」って、イマイチ意味がわからなくて、

ネットで調べたら、「反社会」「反体制」がベースになっているらしい。

 

そういうスピリッツが漂う映画という事だろうか。

 

 

そういう意味では、この二本は傑作であり、

この二本のパッケージ化は、コンセプトとしてはすごくハマッてるなぁと。

 

図太く短い男の生き様。

 

 

男性諸氏にオススメのパッケージ。

熱く濃いブラック珈琲でも飲みながら、まったりと観てほしい。



ラベル:映画
posted by わこう at 00:07| Comment(2) | TrackBack(1) | 普通の日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいでショ〜『明日に向って…』(^^)
ロバート・レッドフォードファンの私、何度も観ていますの☆
ところで『特別編』って、劇場版と何が違うンでしょう?
Posted by gen at 2005年05月08日 14:15
genさん、いつもありがとうございます。

爽やかで、痛快で、なかなかいい映画でした。


> ところで『特別編』って、劇場版と何が違うンでしょう?

特典映像としてメイキングと、1994年に撮影された、
ポール・ニューマンやロバート・レッドフォードなどの、
当時を振り返ってのインタビューが入ってます。

出演が決まるまでのエピソードや、公開からかなりの年月が経っているので、
監督、ポール、ロバートと、当時の記憶が微妙に食い違ってたりして、
なかなか面白かったですよ。
Posted by わこうちゃん。 at 2005年05月09日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「フォックス」でブログ検索してみました。
Excerpt: 「 フォックス 」の検索結果で、「珈琲バカ。 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。
Weblog: 日刊カタログ
Tracked: 2005-05-13 21:50
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。