Jewelry YUKINE Official Site

2013年02月13日

ノスタルジーキュンキュン。


facebookをやっていると、懐かしい人と繋がったり、関係が再開したり、
思いがけなく思いがけない人と繋がったりと、なんかいろいろ起こって楽しいんだよなー。


そんな中、学生時代に濃い関係だった友達なんかともfacebookで再会できて、
近況を書いたり読んだりすることで、何十年ものブランクが一気に無くなって、
リアルで会っているわけじゃなけど身近に感じたりして、本当にうれしい。


特に、俺は中学校、高校と、応援団をやっていて、
どっちも団長をさせていただいたんだけども、
facebookで、どっちの時代の副団長とも繋がって、なんかうれしいんだなー。これが。

中学時代の相棒、高橋イチオくんは、仙台で靴屋をやって頑張ってる。

中学の時から優しくていい男でね〜。
高校は別々だったけど、イチオくんは人気者だといろんな人から聞いた。



そして、高校の時の副団長だった南城健治は、
高校の時からヘヴィメタな奴で、学校にギターを背負って来ていたが、
あれから30年近く経った現在も、現役でバンドをやっている。

とにかくとんがった奴でねー。エッジ立ちまくりって感じだったな。

一時期、死んだっていう噂も流れたけど生きてた。






南城の最近のライヴが動画で上がってるので貼っておく。


なんかこう・・イチオくんや南城とまた時を経てつながりはじめたことで、
中学・高校と、応援団を一生懸命やったり、
バイクが欲しくてアルバイトをかけもちしたり、バイト先で恋をしたり、
バイクで夜の街を流したり、夜遊びしたり、そんな頃のいろーんな記憶が蘇ってきて、
青春時代を思い出しては胸がキュンキュンとなったりしている。


もうその時点で俺も立派な中年だなーと。(笑)


今は、故郷を離れて関西にいるわけだけども、
仙台〜芦屋は900キロくらいあるから、そう簡単には帰ったりできない距離だ。


まだまだ、どこに行っても初めての風景、初めての町並み。

仙台とはやっぱり雰囲気が全く違う。


そんな中、先日、車でラジオを聞いてたら、この曲が流れた。






大沢誉志幸のそして僕は途方に暮れる。
流行ったねー。

こう・・80年代プンプンな感じがたまんないね。

今も色褪せない名曲だと思うな。個人的に。


この曲は、俺が高校一年の時に、学園祭だったかなんかのイベントでのど自慢があって、
その時にこれ歌ったんだよなー。

超思い出の1曲。


歌詞を覚えるのに、チャリンコ乗りながらウォークマンして、
夜の仙台の街を流しながら聞いたっけなー。


本当に懐かしい。


でも現在は、遠く離れた芦屋でこの曲を聴く。


なんか郷愁で胸が押しつぶされそうになったりするけれども、
もうあの頃には戻れないし、戻ろうとも思わない。


俺はまた新たに、ここでいろんなものを作っていくのだよ。



ちなみに、この曲が入った大沢誉志幸のアルバム、4月に再販になるらしいよ。

CONFUSION
CONFUSION大沢誉志幸

Sony Music Direct 2013-04-10
売り上げランキング : 5332


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


俺と同年代の皆さんは、これ聞いて一緒にキュンキュンしませんか?(笑)



と、突然ノスタルジックな気分になって記事にしてみました。



最後に、俺の高校時代の団長をやってた時の動画を。






 


posted by わこう at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通の日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック