header_2014_6s.jpg

2004年07月20日

やっちまいました。

本日二つ目の記事です。
父が逝った事に関する記事は、これを最後とします。

また、この場をお借りいたしまして、
様々なコメントをいただいた皆様、お電話やメールをくださった皆様に
心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。



父の葬儀が終わった。

朝一番の火葬から始まり、葬儀、法要、納骨まで、
不慣れなまま、慌ただしく何がなんだかわからないまま時間が過ぎた。


今日の俺の目玉というか、最大のヤマは、
葬儀の締めくくりの「喪主の挨拶」だ。

葬儀屋さんから文例を渡されたものの、
暗記なんてできないし、紙を読み上げるのも変なので、
とにかくアドリブでその時の気持ちを素直に言おうと思っていた。


昨日の突然の電話にもかかわらず、親類の方や、父の友人、
俺の友人Sや、仕事仲間のダブルTさんが来てくれ、
葬儀が始まると同時に緊張のレベルが上がっていった。


いよいよクライマックス「喪主の挨拶」。

やっちまいました・・・。俺。


え〜、皆様、本日はお忙しい中、またこの暑い中、

故 わこうたかひろ

の葬儀にご参列いただき誠にありがとうございます・・・。



最前列にいた妹から、「違う!違う!」のサイン。

そうです。わこうたかひろとは俺の名前です。


「あっ!」


笑いあり、冷たい視線ありのいろんな反応・・・。
自分を故人にしちゃダメだろヨ・・。


でも、雰囲気が和んだのは確かなので、
自分で「ナイスボケ!」とマルを出すことにした。

甥っ子や姪っ子たちにツッ込まれる前に
「故 わこうたかひろ」と自分から笑いを取る俺。


だって恥ずかしいんだもん。
タグ:家族
posted by わこう at 23:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 普通の日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わこうちゃん 喪主の大役 お疲れ様でしたね
無事 お父様を送ることが出来てよかったですね。
喪主の挨拶は 本当に緊張されることだと思いますよ
私は 喪主を勤めたけど 挨拶は義兄にしてもらいました(^^ゞ
きっと 私がしたら わこうちゃん以上の『やっちゃった』に
なることだと思います。しかし義兄も緊張しててろれつが回っていなかった・・姉も私も自分のことのように
ドキドキ ひやひやしたものでした。

とにかく わこうちゃん それも愛嬌ですよ!
それより 疲れたでしょうね
お疲れ様でした。
Posted by さっちん at 2004年07月23日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/318994
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ