wakoworks.com

2012年03月21日

1/20 ラピュタロボット兵 園丁Ver。


R0017878.jpg

引越しの準備などをしなきゃいけないのに、プラモをガシガシ作っている。


こう・・勉強しなきゃないのに、息抜きで読み始めたマンガにのめり込んてしまう・・
みたいな感じにとても似ている。


今回作ったのは、以前からチャレンジしてみたかったことを色々と実現させた、
俺にとってとても意義のある製作でした。


チャレンジしてみたかったこととは、


・天然石と組み合わせて作ってみること

・塗装のハゲを表現する新しい塗装法

・レギュラー商品としての展開



の、主に3つ。


そして、その3つとも、とても手応えを感じている。



ということで、今回も写真が多い記事になりますが、
最後までお読みいただけたら超うれしいです。



今回使用したキットは、

R0017791.jpg

もうみなさんご存知の、天空の城ラピュタに出てくるロボット兵。

今回は、ラピュタで仲間の亡骸を守っている、園丁バージョンのロボット。


このロボット、俺も大好き。

このロボットが好きだっていう人、本当に多いねー。


こう・・なんというか存在だけでもサマになるんだけども、
物言わず黙々と任務をまっとうする姿に哀愁がただよう。

そんなところが、わびさびを知る日本人にとって、超ストライクなんじゃないかなー。


ということで、早速制作記事を。




R0017783.jpg

ファインモールド社のキットは、本当に組みやすく、サクサクと作れる。

以前、これの戦闘バージョンも作っているから、勝手知ったるというか・・


仮組みは一時間くらいで終わった。




さて、今回は、塗装ハゲを表現する、「シリコンバリア塗装法」というのを試すんだけども、
その下地となる色をどうしようかと散々悩んだ末に、



R0017785.jpg

金色で塗ってみました。

今回使ったのもファレホカラー。
厳密に言うと、金ではなくて真ちゅう色になる。



これを全身に塗って、





R0017787.jpg

こうなりました。

ファレホは、伸びが良くて塗膜が薄いし、
保護の意味も兼ねて、半光沢のトップコートしてあります。



そして、この上から本当の色で塗装をするわけなんだけども、
その前に、もう一層、あるものを塗るのだ。



R0017786.jpg

Mr.シリコンバリアー VM008 【HTRC 3】Mr.シリコンバリアー VM008 【HTRC 3】

ジーエスアイ クレオス
売り上げランキング : 3097

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは本来、レジンキットを作るときとか、
型から外しやすくするために塗っておく、剥離剤というか離型剤だ。

これを金色の上から塗り、
その上から本来の色で塗装して、乾燥後、こすったりして剥がすわけだ。


シリコンバリア自体は、とても塗りやすく、しかも速乾性なので、
五分もあれば乾いてしまう。

乾燥すると、つや消しになってゴムみたいな質感になるのですぐわかる。



R0017789.jpg

そして、その上から、基本色で塗装する。

シリコンバリアが塗料をはじいて、なんか塗りづらかったけども、
逆にそのくらいじゃないとうまくはがれないよなーと。


で、基本塗装後、いつものようにエナメルで軽くウォッシングしたあと、
うっすらとアクリル流ししてあります。





そして、箱絵と同じように、苔とか草を這わせてみたかったので、
鉄道情景模型用用のマテリアルを使って、


R0017856.jpg

こんな感じに。

そして、本来は飛行石が付いてある胸の部分に、天然石を配した。


これは以前から考えていたことで、
このロボット兵だけでも飾っていてとても雰囲気があるんだけども、
さらにパワーストーンを貼り付けることで、オブジェとしてのグレードが上がるような感じがしていた。

今回使ったのは、ラピスラズリとイエロールチルが組み合わさった、半球状の石。

「成功のための試練を乗り越える」

という意味があるそうだ。


石はもちろん、YUKINEから仕入れたものなので、品質は間違いない。






R0017866.jpg

キット付属のキツネリスも配してあります。

大きさを比較するために綿棒をあててみた。




ということで、完成写真に行きます。




R0017915.jpg

これです!






R0017914.jpg

こけた感じと天然石がポイント。







R0017919.jpg

ラピスラズリとイエロールチルです。








R0017922.jpg

ベースにも、芝生を再現しました。








R0017925.jpg

直立ポーズではなく、歩くポーズに。

ポーズは固定してあります。







R0017928.jpg

うしろ。

哀愁あるでしょ。






R0017931.jpg

反対斜め後ろから。








R0017937.jpg

目(?)のところには、透明パーツの裏からキラキラのテープを貼り付けて、
光に反射するようにしている。







R0017938.jpg

塗装ハゲもバッチリ。

シリコンバリアでの塗装法は、案外剥がれ具合をコントロールしやすくて、
なかなかいい感じでした。







R0017879.jpg

屋外撮影。

っと言っても我が家のベランダ。







R0017883.jpg

雰囲気あるなー。


ということで、このロボット兵も販売します。

価格は38000円。

こちらのリンクからどうぞ。

※在庫あり。すぐに発送できます。



そして、このロボット兵は、受注生産とはなるけれども、
キットが手に入るうちは、レギュラー商品にすることにした。

天然石によって、意味や値段が変わります。


今回はラピスラズリとイエロールチルがくっついたものだったけれども、
その他に、

R0018005.jpg

「危険を事前に察知して回避するように働きかけ(虫の知らせなど)

困難な状況があったとしても、それを希望への道のりに変える」

という意味の、ムーンストーンバージョン(使用するのは1個)

38000円

ご注文はこちら。








R0017999.jpg

「シンクロニシティを起こす」

という意味のスペクトロライトバージョン


38000円



ご注文はこちら。





sito.jpg

「太陽のエネルギーを持ち、富や積極性、希望、勇気を与えてくれる」

という意味の、シトリンバージョン(使用するのは1個)


38000円



ご注文はこちら。





roadLite.jpg

「必要な環境や人間関係が実現する」

という意味の、ロードライトガーネット


53000円



ご注文はこちら。




など、いろんなバリエーションでオーダーできるようにした。

撮影に使用した完成品はすぐに発送できますが、
それ以外は、受注後の製作となるので10日ほど納期をいただきます。





R0017876.jpg

みんな大好きロボット兵。

氣を入れて真心込めて制作します。


お部屋にひとつどうですか?


 





posted by わこう at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。