Jewelry YUKINE Official Site

2012年03月16日

1/24 FIATと次元のジオラマ。

R0017681.jpg

もうすぐ大規模な引越しがあるにもかかわらず、プラモを作りたい熱が冷めない。
いやー、まいったな。

なんかエンジンがかかっちゃった感じで、止まらないんだよなー。


ということで、今回は、ジオラマを作ってみた。


R0017597.jpg

最初、このグンゼから出ていた古いキットを作ろうと思ったんだけども、







R0017603.jpg

完成品の写真を見ると、FIATの造形がイマイチな感じで・・・




ということで、ずーっと昔に手に入れたまま押入れ深くに眠っていた、

R0017487.jpg

タミヤ製のABARTH 695SSのキットを使用することにした。







R0017492.jpg

仮組みしたところ。オーバーフェンダーがいい感じだなー。







R0017502.jpg

中は、赤い革シートという設定にした。



で、綺麗に仕上げようかどうしようか散々悩んだ挙句、








R0017615.jpg

結局汚しました。

油彩絵の具でサビを表現して、ボロッボロの感じにした。











R0017519.jpg

そして今度は、フィギュアの塗装に入りました。


ちゃんと洗ったつもりだったんだけども、剥離剤が結構ガンコで、
サーフェイサーが食いつかなくて結構難儀した。







R0017521.jpg

顔はこんな感じ。

ちなみに目はありません。






R0017579.jpg

今回は、ベースに新しいマテリアルとして、
モデルストーンのグラスセレクションを使ってみた。





R0017582.jpg

その他、鉄道模型に使うターフなど、いろんなものと組み合わせながらこんな感じに。



ということで、このベースにFIATと次元、そしていろんな小物類を配置して




R0017634.jpg

完成!



結局、ルパンと次元の二人を使うよりも、
次元だけのほうが雰囲気が出るしサマになるので、こんな感じにした。










R0017637.jpg

次元が使うライフル(?)は、レジンキットと真鍮線を組み合わせて作る。









R0017640.jpg

ちなみに、次元はフライパンでウインナーを焼いています。







R0017641.jpg

後ろのエンジンフードを外して、エンジン丸見えの状態にした。






R0017644.jpg

横から。







R0017647.jpg

運転席まわりや内装はこんな感じ。








R0017648.jpg

サビサビです。

このタミヤのキットのほうが、グンゼのFIATよりも造形が細かくてバランスがいいなーと思う。








R0017650.jpg

フロントガラスは、砂ぼこりを再現して、ワイパーの跡をつけてみた。









R0017652.jpg

食料や食器が入っている箱。








R0017659.jpg

地面はこんな感じで、いろんな色の草と組み合わせることでよりリアル感を。








R0017662.jpg

ホワイトバランスを変えて、夕日に照らされた感じに。






せっかくなので、自然光でも撮影しようと思って、店の外に出た。





R0017668.jpg

こんな感じとか








R0017681.jpg

こんな感じ。


こういう写真を取るときは、天気がいい日よりも曇天のほうが光が柔らかくていい。




次元の後ろに見える木は、タネを明かすと




R0017684.jpg

店の入口脇においてあるコニファーの下で撮ったのだった。




なかなか楽しかったなー。





さて、このジオラマも、販売することにした。

価格は19,000円です。

売約済みとなりました。








よろしくお願いしまーす。



facebook内に、「プラモデルっていいね!」というページを作ったので、
プラモを作る人も作らない人も、ぜひ参加してみてください。

こちらからも行けます。


作品を見るだけでも大歓迎ですよー!


プラモデルっていいね!

Facebookページも宣伝
posted by わこう at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック