wakoworks.com

2011年08月03日

1/100 MG MS-06R ザク2。



DSCN0019.jpg

以前、ガンダムのプラモは卒業すると書いたんだけども、
禁を破ってザクを作ってみた。

あるひとりのモデラーさんに、固定概念を良い意味でぶっ壊してもらったからだ。


最近、鳥山とりを氏というモデラーさんのBLOGを見つけ、
その作品の自由さに度肝を抜かれた。

鳥山とりを氏のBLOG、「取説通りにゃ作りません」の中にあるジオラマ記事。

その記事はこちら。



その中の、俺が衝撃を受けた作品の写真はこちら



ガンダムっていうのは、アニメなので、ざっくり言えば「正解がある」。

だから基本的に、テレビの設定どおりに作る。

何か自分流の設定をしようと思っても、
基本的には、「ガンダムの●●の話に出てくる●●部隊の●●設定」みたいに、
アニメの設定をベースにして、自分流の設定を組み立てて考える。

だから普通は、1/100のプラモを作るんだったら、
ジオラマもすべて1/100にあわせて作る。


しかし、鳥山とりを氏は違う。


テレビのストーリーなんか全く関係なく、自由に自分の世界観で、
自由に設定して作っている。

だから、1/100のザクを使っても、1/35の人形と組み合わせたり、
スケール感も、設定も、何もかもが自分設定。

完全に自由だ。


その世界観にすっかり魅了されてしまった。


だから、俺もなんの縛りもなく自由にガンプラを作ってみたくなったのだ。



ということで、10年くらい前に買って作らないでいたザクを引っ張り出してきて、
手始めにどんな感じか実際に作ってみることにしたのだ。








DSCN0037.jpg

今回作ったのは、通称「ザク2」と言われる、高機動型のMS-06R。

最近、1/100であるマスターグレード(以下MG)の、
バージョン2.0が出たみたいだけども、今回作ったのは、バージョン1.0。


以前、マシーネンの「クレーテ」を、部隊色ナシの、鉄板むき出し仕様で作ったけども、
今回のザク2も、それと同じように鉄のまんまの設定で作ってみた。






DSCN0042.jpg

なんといっても特徴的なのが、普通のザクよりはるかに大きいランドセルと、
膝下のゴツゴツした感じ。






DSCN0050.jpg

右サイドから。






DSCN0038.jpg

メタリック系で基本塗装後、スモークでウォッシングし、
さらに、クリアオレンジで赤焼けしたり、錆びた鉄を再現。

スパイクアーマーなどは、パテで鋳鉄表現。


エアブラシは使わずに、すべて筆塗り。

マシーネンと同じ塗りかただ。






DSCN0048.jpg

パネルのつなぎ目などは、黒と茶色のパステルでぼかして汚し。





DSCN0056.jpg

頭部は、戦闘ダメージでボコボコな感じに。

動力パイプは、輪っかを使わずに、少し太めのスプリングに変更してむき出しに。
その上からウォッシング+パステルでサビを表現。






DSCN0066.jpg

膝下には、スプリングでパイピングしたりジャンクパーツを使って、
ちょっとだけディテールアップを。





DSCN0078.jpg

膝下うしろから。






DSCN0075.jpg

ランドセルにもちょっとだけディテールアップして、アンテナなんかを付けてみた。






DSCN0076.jpg

バーニア出口は、スス汚れを。


ちなみに、赤い芋虫のようなマークを始め、番号のデカールも、
マシーネンのクレーテに入っていたデカールを使用。


なんかジオンとか連邦とか関係なく作りたかったので。







DSCN0081.jpg

胸の動力パイプも、輪っかを使わずに、太めのスプリングに変更してむきだし。






DSCN0061.jpg

胸、左上腕、左太ももに、オレンジの帯を入れてみた。






DSCN0089.jpg

肩シールドも、パテで荒らして鋳鉄表現を。

コトブキヤのリベットを貼り付けてみた。







DSCN0067.jpg

ジャイアントバズも、同じ方法で塗装。

ちょっと筆塗りはキツかったかな・・。



ちなみに、このザクと同じスケールのフィギュアを使ってジオラマを作ろうとすると、



DSCN0094.jpg

こんなに人間がちっちゃくなってしまう。


なので、次はジオラマを作ろうと思ってるんだけども、
鳥山氏のクオリティには及ばないものの、スケールの違うフィギュアで、
俺も自分の世界観を表現したいなーと思う。






DSCN0100.jpg

同じ塗装法で作ったクレーテと並べてみた。


デザインコンセプトが全く違うから、甲乙付けられないな。

どっちもカッケーし。





DSCN0037.jpg

今回は、試しに作ってみたということもあり、
合わせ目消しもろくすっぽやらずに、ガッと組み立てて、ガッと塗って、ガッと汚して、
正味3日で完成。

次からは、もっと丁寧に作ってみよう。うん。


10年以上前に買ったザクがあと2個あるので、
まずはそれを作ってみようかな。


 


posted by わこう at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。