header_2014_6s.jpg

2006年07月26日

許すということ。

あの交通事故から、1年半が過ぎた。

膝の具合は、曲げはだいぶ曲がるようになったものの、
動かしてもまだギシギシ言うし、歩くとき微妙に引きずることもあるし、
階段の上り下りも激痛が走るし、痛くて走ることもできない。


事故〜入院〜リハビリ〜退院〜社会復帰の経緯は、
こちらのカテゴリにすべてあります。




主治医の先生と相談し、後遺障害申請を行ったのが今年の3月。

交通事故の場合、役所に申請する障害手帳の交付申請とは別に、
事故による後遺症が認められた場合に、
損害賠償などを算定するための機関があり、その等級応じて賠償額を決めるのだ。

まだ示談も済んでいないし、損害賠償については、
弁護士さんとじっくり打ち合わせをしながらここまで進めてきた。

俺も弁護士さんも、当然俺の足がこんな状態だし、
後遺障害に認定されて当然だとタカをくくっていたんだけど、
約三ヶ月かかって算定機関から帰ってきた答えは、


「後遺障害とは認められません」


だった。


俺も弁護士さんも、その回答にアゴが外れてしまった。




理由はいくつか挙げられていたが、
要約すると、事実の部分では、膝も曲がってるし、
手術痕も手のひら内に収まるサイズだし、後遺障害には該当しないと。

さらに、「痛い」だの、「苦しい」だのといった、自覚症状の部分は、
基本的には認められないというか、そもそも申請書に書く欄すら無いのだ。

主治医の先生は、
「それでも、将来出てくる後遺症の可能性はできる限り書いたんだけどね・・。」と。


算定機関には、その結果に不服の場合、異議申し立てができるんだけど、
そのあたりからの線で主治医の先生に聞いてみたんだけど、

「あれだけ書いて通らないんだとしたら、異議申し立てをしても、
算定がひっくり返ることはまず無いでしょう・・。」

と。



さらに先生は、

「私も個人的には認定を取らせてあげたいんだけどね・・。非常に残念だ。」

とも。



俺の担当弁護士さんも、この結論にはだいぶ不服のようで、

「まことに心外です・・。」

と。




たしかに、俺もその結論を聞いたときには正直体の力がヘナヘナと抜けてしまった。

1年半も示談をしないで頑張ってきたのは、
ある意味、キッチリと損害賠償をしてもらうためだったし。


事故の相手のタクシー運転手は、
俺が入院中に度々見舞いに来ては、俺の車椅子姿や、
手術痕を見ては泣いて謝っていったので、そんなに恨みはないんだけど、
その相手のタクシー会社の対応、相手の保険会社の担当者の対応には、
ハラワタが煮えくりかえるような思いを何度もしてきた。


去年の今頃は、人間不信に陥って半分引きこもってたし。


で、異議申し立てや、裁判といった争う方向で、
逆転の可能性が全く無いわけではないし、
弁護士さんもその可能性を何とか探ろうとして頑張ってくれた。

俺も最初は全面戦争もアリかななんて最初は思っていた。







しかしですね・・・。





去年の8月から状況が一変して、13うさぎ(ちゃん)と出会い、
9月に突然、我が店「まくろび庵」オープンする運びとなり、
めまぐるしい生活環境や人間関係の変化、
様々なメディアでの紹介なんかで、露出度も上がってきて、
先日書いた記事のように、

「給料いらないから働かせてください!」

という二人の若者の出現、教室の生徒さんたちや、
コアなお客さま方、おふくろをはじめとした身内の人たちの暖かい支援・・。


本当に、喜びや感動の毎日で、
俺はこんなに幸せでいいのだろうかと思ってしまうほどだ。


以前何度か記事にしたことがあるが、
右足が壊れた代償として得た物は、余りあるほどの喜びだ。





本当に涙出ます。





そういう人たちに囲まれて、
しかも、自分の店を持ってやっていくのに多大なエネルギーを使う中、
異議申し立てや裁判といった、「負」のエネルギーは、
正直今は使いたくないというのが本音だ。


さらに大きく考えれば、今まで何回もハラワタを煮え繰り返させられた、
相手のタクシー会社や保険屋の担当者、相手の弁護士などなど、
そんな相手をも許すことができたらすげぇだろうなぁと。




そして今回、後遺障害認定が受けられなかったということも、
ひとつの気持ちの区切りになって、
争わずに相手を許すことにして、示談を進めることにした。


めんどくさいからと、妥協するわけじゃない。

争うのが恐いからと、逃避するわけでもない。

関わるのはもうこりごりと、ナアナアに、うやむやにするわけでもない。





許すのだ。




全面的に許すのだ。











昨日その旨を、こちら側の弁護士さんに伝えた。
たぶん、状況は示談に向けて一気に進んでいくだろう。





もし、相手のタクシー会社の所長や、相手の保険担当者なんかが、
突然俺の店にコーヒーを飲みに来たとしても、
俺は誠意を持って、礼を尽くしてコーヒーを煎れるだろう。



許すっていうことはそういうことだ。







もうすぐ8月。

去年の8月に、今の店の賃貸契約を結んでから、
怒濤のように物事が動き始めた。



あれから一年が経つのか・・・。







先日、ウチの生徒さんが、杉の木(?)の板をくれた。


ウチの店のオモテにかけてある看板も、俺が彫刻刀で彫った手作りなんだけど、
その記事はこちらをクリック。
和室をオープンするにあたって、その木の板も看板に仕立てた。





kanban.jpg
こんな感じ。


約一年前にいろんな事を想いながら、看板に彫刻刀を入れたことを思い出しながら、
またこの杉の板に彫刻刀を入れた。

文字の部分を黒ペンキで塗って塗膜を盛り上げ、
仕上げにニスを塗って、やっと今日完成した。


写真だと平面的でわかりづらいかもしれないけど、
かなりのイイ仕上がりに、自我自賛だ。




自分が許すと決めた想いも、この杉の看板に乗っかっている。

この看板が、ウチの店の第二の顔になっていく。



看板見るたびに泣きそう・・。






さあ!前に進むぞ!

posted by わこう at 02:17| Comment(14) | TrackBack(0) | 突然入院日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文章を読んでいて、すごく気持ちが伝わりました。
若生さんの『許す』という決断、大きな勇気の要ることだったと思います。
その思い、必ずや、相手の方々にも伝わって欲しいと願うばかりです。

でも、そうそう、前進あるのみ。
皆のプラスのエネルギーを集めて、びゅーっんと前へ進んでいきましょ〜ね!!
これからの若生さんにも期待してます!
Posted by megu at 2006年07月26日 15:06
わこうちゃん・・・・。
泣けた・・・・。

男だなぁ、わこうちゃんって。
ホントに惚れます。

やり切れないせつなさや、不条理や、そこから立ち上がる真の男の強さを感じます。

「まくろび庵」の看板を、この手で撫でたい。
Posted by マクロ美風 at 2006年07月26日 15:18
お久しぶりです。

許すというのは、怒る同様エネルギーが要りますよね。
私は未だに許せないことを引きずっています。
それは、それでいいのかな?と。無理に許す必要もありませんから。
自分がココ!と思った時がその時だと思っています。

私もこの数年(その許せないことがキッカケ)で色々ありましたが、
最近漸く落ち着きつつあるのかなと。

もう少ししたら、わこうさんのところへコーヒー飲みに伺いたいですよ〜。(笑)
Posted by KaN at 2006年07月26日 21:43
私もつらいことあったとき、周りの人たちに支えられたおかげで前に進むことができました。
つらいことがあった人には、それ以上の幸せが訪れるようになってるそうですヨ(わーい\(^o^)/)
自分を信じて(←エンジェルうさぎ先生が言ってくれた言葉)、みんなで進んでいきましょ〜!
Posted by 弟子M at 2006年07月27日 01:05
御疲れ様でしたm(_ _)m
私が、示談を済ませた帰りに、いれて頂いた珈琲を思い出しました。
これからは、良い事が、沢山沢山、ありますよ♪
Posted by 葛 at 2006年07月27日 02:55
「一つのことを手放したら不思議なことに新たな活力が湧いてきた」といった友がいる。わこうちゃんの足と心の痛みは新なステージへのステップアップの象徴でもあったのだ。「許し」のあとの湧いてくるエネルギーがわこうちゃんだけのものでなく、かかわる人皆に伝わっていくでしょう。ワンネス!ホント繋がりをかんじるね!
Posted by 優子 at 2006年07月27日 13:07

何度か書き込みさせて頂いてます、サクラです。
実は私、弁護士志望です。(ただ今、試験の発表待ち)。

わこうさんのお気持ち、ずっと拝読してきましたが、
お辛かったことも沢山あったと思います。

「許す」ということは、
なかなかできないことです。
きっと、心の中で、何か憑き物が落ちるというか、
次のステージに自然と、さらに飛翔されたのでしょうね…。

私も、クライアントの方々が様々な思いを抱えて
日々を生きていらっしゃるということを忘れずに、
仕事をしていきたいと思っています。
(受かってからの話ですが…(笑))。




Posted by サクラ at 2006年07月28日 01:34
わこうさん、悔しかったねぇ。
後遺症が公的に認められないなんて、信じられない。
でも、わこうさんは、それを乗り越えて、
次のステップに進もうとしている。

すごいよ、わこうさん。

常々、わこうさんの人脈の豊かさには感服しているんだけど、
まくろび庵も、そんなわこうさんの“ヒトとのつながり”から
生まれたもの。素晴らしい。
ヒトは、一人では生きられない……誰かとつながっていなくては
いけない……
わこうさんの場合、その“誰か”が、最高のレベルだったわけで。
素晴らしい、うらやましい。

わしも、わこうさんのように、人望のある人間になりたいなぁ。
まだまだ修行中です。
Posted by ゆらら at 2006年07月28日 17:24
 若生さま。ご無沙汰しております。
 某農業団体広報のサトウでございます。

 久しぶりにこちらを覗かせていただいて、この記事(?)を読みました。事故のことやマクロビのこと。今までに2つのブログで教えていただいたことを改めて思い出してみると、これらの事がこの1〜2年で起きたこととは思えないほど、変化と出会いに満ち溢れていたことを痛感しております。

 時間が無くて、あまり顔も出せませんが、機会があればまた、お話しを聞かせてくださいませ。若生さまの一層の活躍と飛躍を祈念しております。ワタクシも頑張らないといけないですね。

 ところで、今年の宮城の稲作ですが、良くない状況です。“冷害”になるほどの低温ではない(最低平均気温が17度を下回ると障害が出ますが、今のところ20度ですので)のですが、長雨と低温のため、いもち病(いもち菌というカビの一種の感染症)蔓延の危険が高まっています。8月8日頃から出穂(稲穂が出ること)する見込みなので、穂にいもち菌が感染する「穂イモチ」が心配なのです。
 また、近年発生が増えている斑点米カメムシの発生も多く、出穂に合わせた防除が必要になってきております。

 農薬(いもち病⇒殺菌剤、カメムシ⇒殺虫剤)は使わないにこしたことはないんですが、こういう状況になると一定の収量と品質確保のためには使わざるを得ないのが現実であります。
 せめてもの救いは、現在の栽培の主力がヒトメボレであることかな・・。ササニシキより耐低温・耐病が強いので2005年のような被害にはならない筈です・・。

 早く天候が回復することを祈るばかりです。
Posted by サトウ ノビタ at 2006年07月28日 17:37
わこうちゃんってやっぱりおっきい人です<(_ _)>
Posted by イトウちゃん at 2006年07月28日 18:34
若生さん、かっこいいっす!!今までも何度か、かっこいいことがありましたが…今回はとびっきりのとびっきりのとびっきりです(^.^)v
Posted by カツオ at 2006年07月29日 10:07
おひさです〜。
ひさびさにのぞいて、いいお話に出会えて嬉しいです。
よかったですね!
Posted by pyo at 2006年07月29日 22:28
ここまでくるのに、本当に我慢なさった事が沢山あったことでしょう。
でも、許す事がすべて解決してくれますよね。
きっと、自分に帰ってくると思います。

これからも、頑張ってください!
Posted by 花ちゃん at 2006年07月31日 11:12
皆さん、たくさんのコメントありがとうございます。
久しぶりに夢中になって記事を書いた甲斐があったなぁ・・。

■meguちゃん

どうもありがとうございます。
杉じゃなくて、ケヤキの板、ありがとうね!(笑)

> 皆のプラスのエネルギーを集めて、びゅーっんと前へ進んでいきましょ〜ね!!

ありがとね。ホント。
いろいろとよろしくお願いします。




■マクロ美風さん

お久しぶりです。
ありがとうございます。

> 「まくろび庵」の看板を、この手で撫でたい。

ありがとうございます。
今度仙台にいらっしゃったときには、
ぜひ俺のこの結晶を見てやってください。

看板をつまみに、また飲みましょう!(笑)



■KaNさん
お久しぶりです。ありがとうございます。

> 自分がココ!と思った時がその時だと思っています。

そうですね〜。全く同感です。

俺だって、こういう結論に達するまで、
随分と考えたり悩んだりして咀嚼しましたから。

自分の気持ちに正直に。

そういう感じでいいと思いますよ。


ぜひコーヒー飲みに来てくださいよ。
お待ちしております。



■弟子Mちゃん
いつもありがとうね。

> つらいことがあった人には、それ以上の幸せが訪れるようになってるそうですヨ

そうだねぇ。
そろそろいろんな意味で幸せになりたいねぇ。(笑)

ご協力よろしくお願いします。




■葛さん
ありがとうございます〜。

> 私が、示談を済ませた帰りに、いれて頂いた珈琲を思い出しました。

ですね〜。葛さんも示談帰りに寄ってくれたんだもんね〜。
事故つながりでこれからもよろしくお願いしますね。

早くイベントやりましょう!イベント!




■優子さん
いつもありがとうございます。

> かかわる人皆に伝わっていくでしょう。

そうですね。

この経験・体験が、同じような痛みや苦しみに悩む人たちの、
ちょっとした希望というか、そんなふうになれたらいいなと思います。

頑張りますよぉ〜。




■サクラさん
お久しぶりです。弁護士志望だったんですかぁ!
試験、受かってますように!

> 私も、クライアントの方々が様々な思いを抱えて日々を生きていらっしゃるということを忘れずに・・

そうですねぇ。

やっぱり痛みがわかったところから、
魂が乗っかった話をしてくれるような、そんな弁護士さんがいいなぁ。

サクラさん、そういう弁護士さんになってください!




■ゆららさん
お久しぶりです。ありがとうございます。

> ヒトは、一人では生きられない……誰かとつながっていなくてはいけない……

そうだねぇ・・。

本当に今回の事故でそれを痛感しましたよぉ。
人の暖かさやそういったものに、心が洗われたような感じがします。

なんかかっこつけちゃった。(笑)



■サトウノビタさん
今日はご来店ありがとうございました。
久々にお会いできてうれしかったぁ〜。

> この1〜2年で起きたこととは思えないほど、変化と出会いに満ち溢れていたことを・・

そうですねぇ。ホント、怒濤の一年でした。

でも、そんな中でサトウさんに出会えたんですから、
本当に感謝ですよぉ。


イベントやりましょ!イベント!(笑)



■イトウちゃん
いつもどうもね〜。

今度酒飲んだときにでもまた語り合おう!



■カツオさん
今日はありがとうございました。
ピタパンどうだったかな・・?

でも、かっつぁんには本当にいつも助けてもらって、
本当に感謝してます。

これからもよろしくね。



■pyoさん
お久しぶりです〜。お元気でしたか?

久々に、超長文書いちゃいました・・。へへ。

また遊びに来てくださいね。



■花ちゃん
先日はありがとうございました。

> でも、許す事がすべて解決してくれますよね。

そうですね。

かえって、許してしまったら気持ちがとても軽くなりました。
それだけエネルギー使っていたんですよね。やっぱり。

これからもよろしくお願いします。
Posted by わこうちやん。 at 2006年08月02日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ