コーヒー焙煎やってます。wakoworks.com

2005年02月15日

両足で立った。

今日、レントゲンを撮った。

骨の再生が良好であれば、両足で立つことが許される。

 

とは言っても、3分の1の荷重までだが。

 

で、レントゲン写真の骨の再生経緯はとても順調。

かなりいいペースで骨が再生しているらしい。

 

で、U先生にレントゲン写真を見せてもらったが、

BLOGを書いていることと、レントゲン写真を公開したい事を伝えたら、

快くOKしてくれただけでなく、

 

「過去のレントゲンも見せたら?」

 

と。

 

 

そこで、慌てて部屋にケータイを取りに行き、

レントゲン写真をケータイで撮影した。

 

も〜、U先生ってば、超親切。ニクイね〜。

 

 

それでは、コホン・・。

 

俺の骨の成長日記ぃ〜!

 

まず、事故当日2004年12月27日の写真。

 

矢印部分が割れているのがわかるだろうか?

その他、レントゲンではわかりづらいが、陥没骨折もしている。

 

 

 

手術直後の写真2005年1月4日の写真

 

長めのボルト2本で止められているほか、

陥没部分に、吸収されるネジが入っている。

 

糸のようなものは、血抜きのチューブ。

 

割れていた部分が、完璧にくっついたのがわかるだろうか?

U先生の手術、完璧。

 

 

 

で、今日の写真2005年2月15日

 

割れていた部分の上に、新しい骨がうっすらとできて、

かぶさっているのがわかるだろうか?

 

ちなみに、陥没部分にも、新しい骨ができているのが確認された。

 

 

U先生曰く

 

「完璧です。」

 

 

そこで、今日のリハビリから、荷重をかけるようなメニューに。

 

 

プールの中で、

今まで絶対ついてはダメと言われていた右足を地面につけた。

 

まだ、膝がパンパンに腫れているので、

何とも変な感覚ではあったが、間違いなく両足で立った。

 

 

立った・・。久しぶりだ・・・。

 

 

今まで36年間、自分の両足で立つことが当たり前として生きてきた。

 

言ってみれば、まあ、それが普通だ。

しかし今は、俺は「普通以下」なのだ。

 

たった一瞬の事故で。

 

でも、今日、両足で立ってみて、

大幅に「普通に近づいた」感じがして、 ちょっとウルッときた。

 

すげぇ感激というか、感動した。

 

で、プールの中で歩いてみて、

筋力が落ちているので、右足はカクンとなってしまうが、

でも歩けた。

 

松葉杖は両松葉のままだが、

荷重をかけていいので、右足を地面に付けて歩くことができる。

 

 

ちなみに、3分の1体重を乗せてもいいよと言われても、

その目安をどうやって知るのかというと、

 

・体重計を2つ用意する。

 

・まず、折れてない方の左足だけで、体重計に乗る。もちろん全体重乗せる。

 

・俺の体重は80キロだから、3割として24キロ。

 で、右足を別な体重計に乗せ、24キロになるまで右足に体重をかける。

 

・その感覚を覚える。

 

という、実にシンプルな方法だった。

一回だけでは覚えられないから、毎日やって覚えていくらしい。

 

なるほど・・・。

 

 

で、リハビリから帰ってきて、二本の足で歩いてみたくて、

病棟の廊下の端から端までを何往復もした。うれしくて。

 

 

途中、俺が救急車でこの病院に運ばれた時に、

「大丈夫。大丈夫。」

と言って励ましてくれた看護婦さんと廊下ですれ違い、

 

「両足付けるようになったよ!」

 

と言ったら、

 

「あらぁ〜、よぉかったねぇ・・・。」

 

としみじみ言われ、またグッときた。

最近涙腺がゆるいのだ。俺。

 

 

これから、全荷重まであと1ヶ月。

まだまだ先は長いけど、かなり前進した日。

 

がんばるど!

posted by わこう at 21:43| Comment(9) | TrackBack(0) | 突然入院日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

回復が順調そうですね?それも両足がつけたのですか?

よかったですね!

骨にボルトが入っている写真を見たのは初めてです。
なんか貴重なものを…見たんですよね??(苦笑)

赤ちゃんが歩き出すように、どんどん歩けるようになりますよ〜。
新生?わこうさんの誕生日ですね!(笑)
希望持って頑張ってくださいね〜!
Posted by KAN at 2005年02月15日 22:32
 レントゲン見るだけでも痛そうですが・・・(><)!!でも、少しでも歩けるようになって、本当に良かったです(^−^)♪一日でも、早く退院できるといいですね。猫ちゃん達も待ちわびてると思います(^^)。
Posted by もこ at 2005年02月15日 23:50
本当によかった…と私もしみじみしちゃいました
( ´∀`)
立つ、歩く、走る、って日常生活では当たり前の行為の大切さ、わこうさんのお陰で私もあらためて考えさせられました。
でも、レントゲンを見ると、痛々しいなぁ〜
Posted by gen at 2005年02月16日 10:38
歩行許可、出てよかったですね〜
おめでとうございます。
某胃腸薬のCMで昔、
「おいしいものが食べられて、健康でいられる。」
これが一番大切だよね、という内容のCMがありましたが、
まさにそのとおりですよね。
病気で動けない時や不自由している時、特にそう思います。

病院の食事や松葉杖からの開放の時は、きっといっそう嬉しいことでしょう♪
猫さん達との再会のためにも、がんばってー!
Posted by 紗月 at 2005年02月16日 12:11
こんにちは〜
ここまで長かったけれど、U先生からのお言葉で安心だし
リハビリも次の段階へと進むようで、順調に回復されて良かったですね!
でも先日の膝の画像はまだ腫れているようだし
これからが勝負だから、焦らずに。
膝の為に体重もあと、ちび〜っと落ちるといいかもね(笑)
Posted by kinsey at 2005年02月16日 14:34
よかったね〜〜〜
ニャンズがのっかっても平気な足を目標に!

それにしても、私もこんなレントゲン写真はじめてみた〜。
自分の輪切り写真はみるたび「うげぇ、脂肪だらけ」って思うもんだけど。(爆)
Posted by pyo at 2005年02月16日 19:43
皆さん、コメントありがとうございます。

病院内では、骨にボルトを入れたとか、削ったとか、
切った貼ったって言う話は、比較的よく聞きます。

もうすっかり、そんな環境に慣れてしまったんだけど、
考えてみれば、こんなレントゲン写真って、
なかなか見る機会無いかもしれないと、
皆さんのコメントを読んで思いました。


■KANさん

> なんか貴重なものを…見たんですよね??(苦笑)

アハハ、そうかもしれませんねぇ。
俺も、自分で「オォ!」と思いましたから。(笑)

> 新生?わこうさんの誕生日ですね!(笑)

ある意味そうですね。いや、ホントだ。

なんか、生まれたてのほ乳類動物のような感じでした。
膝がかくーんとなって。(笑)


■もこさん

> 少しでも歩けるようになって、本当に良かったです(^−^)♪

ありがとうございます。

ホント、両足を使えると、松葉杖も一気にラクになります。
オシッコする時も、今までは片足でケンケン状態でしたが、
両足が付けるので、ゆっくり用が足せます。(笑)


■genさん

いつもありがとう。

> 立つ、歩く、走る、って日常生活では当たり前の行為の大切さ

いや、ホント、今回ホントにこれを痛感しました。

体って、とても良くできてるんだと思います。
機械で代用しようと思っても、やっぱり限界があるわけだし。

しかも、「骨が生える」っていう現象も、考えて見ればホント不思議です。

生命の神秘。


■紗月さん

ありがとうございます。

> 病院の食事や松葉杖からの開放の時は、きっといっそう嬉しいことでしょう♪

間違いなく。
最近ホントに涙腺が弱くなっちゃったりもしてるので、
松葉からの解放や、退院時は、
俺もどうなっちゃうか想像もつきません。(笑)


■kinseyさん

いつもありがとうございます。

> 膝の為に体重もあと、ちび〜っと落ちるといいかもね(笑)

おっしゃる通りでございます。(笑)

無理しないであと5キロ落ちれば、
娑婆に戻っても維持できると思います。

以前入院していた患者さんで、
健康なのにカロリー制限食にしてもらってた人がいたようで、
入院時は確かに8キロくらい落ちたようなんだけど、
退院したらリバウンドでさらに太ってしまったようです。

それを考えると、そろそろおばさま方からの貢ぎ物は、
丁重にお断りしようかな・・・。(笑)


■pyoさん

いつもどうもで〜す。

> ニャンズがのっかっても平気な足を目標に!

その通りです。
家に帰れば、間違いなく俺の膝の上の争奪戦が予想されるので、
仮に3匹乗っても平気なまでにしておかないと・・。

> 自分の輪切り写真はみるたび「うげぇ...

俺もそう思いました。

MRI画像とか、「アラ〜ッ・・・。」って感じで。(笑)

Posted by わこうちゃん。 at 2005年02月16日 20:12
クララが・・・
イヤイヤ、なんでも。(笑)

ちょっとウルっときてしまいました
自分のあの日とダブってしまって
共有感というのでしょうか

それにしてもわこうさんの周りには
医者・通院仲間・お友達
ベストメンバーで揃ってますね
羨ましいかぎり
私の時には
「こんなん今からでも歩けるだろ」
とか
「擦り傷みたいなもんだろ」
とか
結構な言葉を周りから貰ってました
類は友を呼ぶ。(笑)
まぁそのお陰で
『なにくそ』
と発憤して色々頑張れたと思います

両足つけたのなら後もう一息ですね

通院日記も楽しみですが(失礼)
珈琲日記も早く読みたいごうでした

ではまた
Posted by ごう at 2005年02月16日 20:31
ごうさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> クララが・・・

ガハハハ!
いきなりツボに入った・・・。


> 自分のあの日とダブってしまって
> 共有感というのでしょうか

ありがとうございます。

そのうち俺も、同じような人を見ると、
共有感からウルウルっとくるようになるんだろうなぁ・・・。

> まぁそのお陰で『なにくそ』と発憤して色々頑張れたと思います


これはこれで、周りがごうさんにかけてくれる、
ひとつの愛情表現なんだと思いまし、
カタチは違えど、イイ人間関係を作ってきた足跡ですよ。ごうさん。

> 珈琲日記も早く読みたいごうでした

正直、退院しても珈琲ネタがあるかどうか・・・。(笑)

頑張ります!

Posted by わこうちゃん。 at 2005年02月17日 12:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ