コーヒー焙煎やってます。wakoworks.com

2005年02月04日

本気で曲げる。

手術から1ヶ月が経った。

 

今週からリハビリのメニューが変わり、プールが追加になった。

水の中で、折れた方の足で、ひたすらキックをするのだ。

 

太ももなどの筋肉が落ちるのを防ぐほか、

水中の抵抗を受けて膝が曲がるので、膝の筋肉強化にもなる。

しかも、膝がしなやかに、柔らかくなる。

 

で、プールの後に機械曲げをすると、

ある程度柔らかくなっているので、角度アップしてもそんなにキツくない。

 

 

そんな中、主治医のU先生が、

 

「手術の傷も完全にふさがったし、そろそろ本気で曲げますか! 」

 

と。

 

 

 

いやいや、今までも結構本気だったんだけど・・・。

 

 

で、U先生からリハビリのK先生に、さらに曲げろ と指示が。

 

 

K先生がにこやかに、

 

「今日のリハビリは、かなりハードになりますから、

タオルとか口に噛んでもいいですよ。

 

 

 

マジ・・?

 

 

今ここで、ちょっと無理してでも曲げておかないと、

膝の中で「癒着」という現象が起こり、曲がりづらくなるばかりか、

最悪の場合、癒着を剥がす手術が必要になるのだそうだ。

 

 

で、K先生の恐怖のリハビリが始まった。

 

いつもの悶絶マッサージはもちろんのこと、

痛みで腰が逃げないように、腰にベルトをされ、診察台に固定された。

 

 

そしていよいよ恐怖の膝曲げ。

 

「じゃあ、容赦なくいかせていただきます。」

 

とK先生。

 

 

俺も覚悟を決めて息を大きく吸いながらうなづいた。

 

 

 

段々と膝を曲げられていき、いつもの痛い角度へ。

 

それでも止まることなく、さらに容赦ない曲げが続く。

 

 

 

膝だけでなく、頭のてっぺんまで電気が走るような激痛。

 

「ぬぉぉぉぉぉぉぉぁああああああああ ンガぁぁぁああああああああああ ほほほほほほああああああああ オホオホオホオホホホホホホホホぁぁぁぁああああああ! 」

 

 

 

 

リハビリ室に、俺の絶叫が響き渡っていた。

 

 

 

これが三回ほど続いた。

 

 

 

いつもやっている機械曲げの角度は、実測するともっと少ないらしい。

なので、例え機械で110度曲げていても、実測は95度くらいらしい。

 

 

しかし、この絶叫リハビリで、実測110度曲がった。

 

 

俺がしてもらった診察台は、リハビリ室をパーテーションと

カーテンで仕切った小部屋になっているが、

絶叫リハビリが終わって、俺が放心しながら出てきた時の、

他の患者さんが俺を見る、気の毒そうな顔。

 

 

 

「悶絶リハビリ完了です・・。」

 

 

と言ったら、大爆笑だった。

 

 

 

 

この日と次の日に、絶叫リハビリがあり、1日休んで今日も絶叫。

 

リハビリから帰ってくると、も〜クタクタで、

最近、うたた寝が多くなった。

 

 

おかげで膝がパンパンに腫れている。

 

 

なかなか実測110度以上曲がらないが、

これを続けていけば、いずれ曲がるようになるだろう。

 

 

K先生だって、俺が絶叫しているのに、

さらに容赦なく曲げるのは結構キツイと思う。

 

 

俺はK先生を信頼しているし、K先生もそれをわかっている。

痛くても、膝が曲がっていく実感があると、

逆に痛いことがうれしく感じたりもする。

 

なので、多少の痛みは我慢できるんだ。

 

 

 

来週も、絶叫リハビリは続く。

posted by わこう at 19:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 突然入院日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です。

順調?な回復ぶりなのでしょうか?
読ませていただいていると…こちらまで力が入ります。(笑)
思わず、がんばれ!と言いたくなります。

辛いでしょうが、がんばってください。
どうぞお大事に。
Posted by KAN at 2005年02月04日 23:41
 痛そうですよね・・・「頑張って!」と応援したくなります(><)!!
 でも、リハビリ終わってしっかり笑いもとる・・・お見事です(^▽^)♪
 大変ですが、頑張ってください!!
Posted by もこ at 2005年02月05日 20:27
読むだけでもイタソウ…
こんな絶叫が聞こえてきたら、周りもびっくり〜でしょうねえ…
うーん、今までで一番つらそうですが、
頑張ってください(としか言えないのが申し訳ないんですが…)
Posted by gen at 2005年02月06日 11:28
KANさん、もこさん、genさん、ありがとうございます。
最近、リハビリ室の理学療法スタッフの皆さんの間でも、
俺の絶叫は話題になっているらしいです。

最近は、リハビリ室に入っただけで微笑まれます・・。


■KANさん

お久しぶりです。

> 読ませていただいていると…こちらまで力が入ります。(笑)

すいませ〜ん。(笑)

リアリズムを追求すると、こんなんなります。


でも、ちょっとずつだけど成果が出てきてるので、
頑張って耐えようと思います。


■もこさん

> リハビリ終わってしっかり笑いもとる・・・お見事です(^▽^)♪

アハハ、恐縮ッス。


リハビリ室では、「悶絶」が流行語になってるそうです。(笑)

「次のキーワードを期待してます。」

とか言われちゃいました。


なんだかんだ言いながら、みんな楽しんでます。



■genさん

> こんな絶叫が聞こえてきたら、周りもびっくり〜でしょうねえ…

実際、K先生の順番待ちの人が、

「中で一体何やってるんですか?」

と不安がるそうです。(笑)
Posted by わこうちゃん。 at 2005年02月06日 17:32
現在ぼくも入院して膝の手術を終えて、リハビリに奮闘しております。
ぼくの膝は癒着し始めているらしく毎日『悶絶リハビリ』です。笑
あまりの痛さに絶叫して、とても共感です。
読んだら頑張ろうと思いました。
ありがとうございます!!
Posted by たいせー at 2014年12月24日 12:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ