wakoworks.com

2011年01月01日

1/100 MGボール改 Fire Ball


DSCN9439.jpg

お正月からプラモネタ連投でごめんなさい。


先に、1/24ダッジチャレンジャーの記事を書いたんだけども、
ボディに吹いたクリアの塗料が完璧に乾くまで、次の作業ができなかったので、
その間に、別なプラモをもう一個製作した。

それが、このボール。


ボールは過去に2個作ってきたので、製作工程は端折ります。


1個目のボールの記事はこちら。


2個目のボールの記事はこちら。



ガンプラは卒業したんだけども、このボールのプラモだけは大好きなんだな。


こう・・脇役メカでありながら、造形としての美しさというか・・。

そして、カトキハジメ氏監修により、プラモデルとしてカッチョ良くリファインされた。


俺が今日のプラモ作りにハマッたきっかけは、
このボールのキットを作るのがあまりにも楽しかったからだ。


見事に40を過ぎてリターンモデラーとしてまたプラモの世界に戻ってきたわけだけど、
そのきっかけを作った、罪作りなキットだ。





DSCN9442.jpg

先日作った、ファニーカー ブルーフレイムで、
初めてのフレアパターンに挑戦。

個人的にはイイ仕上がりだと思っているので、
フレアパターンを忘れないうちにもう1個作ろうと思った。

それが、この「Fire Ball」だ。


まぁ、ボールにファイヤーパターンを書くから、
「これがホントのファイヤーボール」という、半ばダジャレみたいなもんなんだけども。



今回のボールは、ウェザリング無しで、光沢仕上げでキレイに仕上げようと思った。




DSCN9447.jpg

うしろはこんな感じ。






DSCN9453.jpg
反対サイド。


ちなみに、砲塔部分は、ベースにメタルカラーのダークアイアンでベースを塗った上から、
カッパー(銅色)で塗装。

その上から、スミ入れも兼ねて、スモークグレーでウォッシングした。





DSCN9425.jpg
今回は、中身もしっかりと作って、こんな感じに。






DSCN9474.jpg

アームは、フレアパターンではなく、同じ色を使って迷彩にした。

ここまでフレアが入るとくどくなるかなーと。




DSCN9460.jpg
ちょっとだけ小改造で、リード線を使わずに、コトブキヤのスプリングを使ってみた。

本来は、赤いリード線となる。






DSCN9592.jpg

自然光ではなく、部屋の灯りで撮影してみた。


自分が写り込むほどテッカテカなので、写真に撮るのがむずかしい。






DSCN9604.jpg

ややアオリのアングルで。





DSCN9605.jpg

少し写真のトーンを落とすとよくわかるんだけども、
けっこうイイ感じのリアルフレイムスだなーと思うんだけど、どうだべ。

まさに「ファイヤーボール!」って感じで。


実はまだ、ボールを使ったダジャレ路線構想があるんだけども、
またその気になったら、4個目のボールとして追々作っていこうと思う。


いやー、このキットは傑作だね。


MG 1/100 RB-79 ボール Ver.Ka (限定クリアパーツ付き) (機動戦士ガンダム)MG 1/100 RB-79 ボール Ver.Ka
(限定クリアパーツ付き) (機動戦士ガンダム)

バンダイ 2010-02-20
売り上げランキング : 5437

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 


posted by わこう at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。