wakoworks.com

2011年01月01日

1/24 ダッジチャレンジャー バニシングポイント風。


DSCN9402.jpg

12月30日から年末年始の休みに入り、

「プラモ三昧だー!」

と、喜び勇んで早速製作。



先日作った、ファニーカーのプラモに触発されて、
カーモデルが無性に作りたくなった。


そこで今回は、以前から作りたかったカーモデルのひとつ、
ダッジチャレンジャーのプラモを製作した。


ダッジチャレンジャーと言えば、映画「バニシングポイント」。


バニシング・ポイント [DVD]バニシング・ポイント [DVD]

20世紀フォックス・
ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-06-25
売り上げランキング : 15671

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


バニシングポイントは、5年前に記事に書いたことがあるんだけども、
「アメリカンニューシネマ」というジャンルで、
反体制的な思想の骨っぽい映画のジャンルだ。

その時の記事はこちら。



主人公の男が、ヤク代を賭けて、
指定の時間までに白いチャレンジャーを届ける賭けをする。

警察に追われながらも、チャレンジャーでただただ爆走するという、
ストーリー自体はシンプルな内容。

だけども、主人公の背景にはいろんな暗い過去があり、
それが反体制的な行動につながっていく。


おもしろい映画かと言えば、正直微妙なんだけども、
しかし、骨っぽい男が好きなら一度は見ておくべき映画だと思う。




バニシングポイントのトレイラー。

かっこいいべ?




さて、今回はこの白いチャレンジャーを作ろうと思ったわけだ。


しかし、今回作ったキットは、73年式。

バニシングポイントのチャレンジャーは、70年式。


微妙にグリルやテールが違うんだけども、
改造するほど器用ではないので、そのままストレート組みすることにした。

また機会があれば、次は70年式のチャレンジャーを作ってみたい。


さて、今回の最大のポイントは、「白いボディ」だ。

新車でありながら、どこかレトロっぽい白。
そして、プラモデルだと特に、真っ白だとどうしてもおもちゃっぽさが出てしまうので、
「おもちゃっぽくならない白」がテーマ。


ということで、白をベースに、サンドイエローやほんの少しブルーを足して調色。


DSCN9406.jpg

こんな感じの白になった。


今回のキットは、「アリイ製」のものなんだけども、
このキットはもともと、モーターを仕込んで走らせるタイプのキットを、
簡単なディスプレイモデルにしただけのシンプルなものなので、
中身はけっこうスカスカで、味気ないものなので、製作工程の写真は割愛する。

っていうか、撮ってないんだけども。(笑)


ということで、いきなり完成写真です。







DSCN9511.jpg

これです!


バニシングポイントのチャレンジャーに比べると、
あきらかにリアタイヤが極太になっていて、ホイルの形状も違うんだけども、
まぁ、これはこれで昔の良きアメリカの「マッスルカー」を彷彿とさせるわけで、
個人的には気に入っている。





DSCN9551.jpg

サイドビュー。

いやー、この頃のアメ車はカッコイイねー。






DSCN9520.jpg

上から。

あ、ちなみに、今回はボディに基本色を塗った上から、クリアーで吹いただけ。
研ぎ出しやコンパウンドは使わなかった。

デカールがあるわけじゃないし、クリアがイイ感じに吹けたので、
そのままにした。





DSCN9544.jpg

一応、サクッとエンジンも再現されてます。





DSCN9554.jpg

メッキ部品をそのまんま使うと、やたら光ってリアリティが無いので、
半光沢のトップコートをスプレーしてツヤを抑えた。

さらに、ホイルやバンパーのカゲの部分、
ボディのダクトやフィンなどの影になる部分には、スモークグレーでウォッシングを。




DSCN9517.jpg

リアの「Challenger」のロゴもちゃんとシルバーで塗ったよ。





DSCN9534.jpg
この写真だと、ホイールにウォッシングしている効果がわかるかな。




DSCN9528.jpg

そして、バニシングポイントの中で「ラジオ」がキーポイントになるわけだけど、
映画の中でも、終始ボンネット脇から伸びたラジオアンテナが立っているので、
伸ばしランナーでアンテナを自作した。

改造っちゃ改造になるかな。



DSCN9511.jpg

と、こんな感じで作ってみたアメ車。

この時代のアメ車のプラモを作りまくって揃えてみたいなー。


と、そんな気を起こさせてくれるキットでした。


おもしろかった。




さて、このチャレンジャーのボディの塗装が乾くまでの間、
もう一個、別なキットを製作していたのでした。


そのキットは・・・・






続く。


 


posted by わこう at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。