header_2014_6s.jpg

2010年12月20日

大貫妙子が歌う坂本龍一。


L043722.jpg

最近、大貫妙子が歌う坂本龍一というコンセプトで、
ニューアルバムがリリースされ、その仙台公演があったので、
りえさんと行ってきた。

UTAU(2枚組)UTAU(2枚組)
大貫妙子 & 坂本龍一

commmons 2010-11-10
売り上げランキング : 181

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
坂本龍一と大貫妙子がユニットを組んでツアーをするのは、
これで最後ということで、本当に貴重な仙台公演。


俺は、YMOからの流れで坂本龍一(以下 教授)の大ファン。

30年前、俺が中学校一年の時、やはり今回の講演と同じ、
東京エレクトロンホール宮城(旧 宮城県民会館)に、
YMOが来て、友人と一緒に見に行ったこともあり、とても感慨深い。

そのときのことを書いた記事「YMOに想う」はこちら。


今回の公演で30年ぶりに見た、生の教授だったわけだ。


ステージは、客席もステージも薄暗く、
グランドピアノとマイクだという、シンプルなレイアウト。


そして、静かに演奏が始まった。


教授の、繊細かつ柔らかいピアノと、大貫妙子の乾いた優しい声。

ただただ、素晴らしくて素晴らしくて鳥肌が立った。


曲の合間合間に、語りがあるんだけども、
大貫妙子と教授のなんとも言えない、スローな間の掛け合いが、
とにかくおもしろく、「わははー!」という笑いじゃないんだけども、
「クスクス」「ムフフフ」と、なんかこみ上げてくるおかしさ。

教授も言っていたけど、茶飲み話てきなMC。

いやー、おかしかったわー。


バックには、モノトーンが基調の、
とてもシンプルなCGがスクリーン投影されていて、
またスローで繊細な曲調にピッタリ合っていた。

んー、すごいセンス。さすがだなー。


CDのクオリティも素晴らしいんだけども、
やはり、生で演奏している教授の、本当にソフトなピアノは、
生ならではの迫力があった。

んー、うまく言葉にできないんだけども、とにかく素晴らしかったのだよ。


アンコールが2回あったんだけども、
戦場のメリークリスマスを弾いてくれて、マジで鳥肌が立ったよ。

いままで、プロアマ問わず、いろんな人が弾く戦メリを聞いたけど、
やっぱり本物はぜんぜん違う。

まぁ、あたりまえだけども。


りえさんが、今回のアルバムを買ったので、
家で一緒に聞いていたんだけども、いやー、素晴らしいわー。


ピアノは、正直、生で聞いたときの方が良かったんだけども、
それでも素晴らしいクオリティだ。


切なくなるメロディラインと、大貫妙子の絶妙なヴォーカル。



ぜひ聞いていただきたい。

UTAU(2枚組)UTAU(2枚組)
大貫妙子 & 坂本龍一

commmons 2010-11-10
売り上げランキング : 181

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こういう、静かな曲が好きになったということは、
耳が肥えたのか、歳をとったからなのか、どうなんだろう・・。


とにかく、30年ぶりの教授。

生で見られて良かった。


また仙台に来ていただきたい。

 
posted by わこう at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ノスタルジー。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ