Jewelry YUKINE Official Site

2010年12月11日

フィギュア塗装修行中。


マシーネンのプラモを作るようになって、
苦手なんだけどもどうしても避けて通れないことがある。

フィギュアの塗装だ。


ガンプラにも、おまけでパイロットとかのフィギュアが付いてくることがあるんだけども、
今まで完全にスルーしていた。

しかし、マシーネンのプラモにはほとんど、
最低でもパイロットの頭だけのヘッドフィギュアが付いてくる。

そして、ハッチを開けた状態を見せたいときには、
フィギュアヘッドは塗装しなければならない。


でも、フィギュアの塗装って苦手だし、ヘタッペなんだよなー。


とはいえ。

いつまでも苦手だとばっかりも言ってられない。


そこで、何回か書いてきたが、安いヘッドルーペと超細い面相筆を買ったので、
フィギュア塗装を練習しようと思った。

先日作ったルパンも、その練習のひとつでもある。


そこで、一度完成したと思ったフィギュアの再塗装を試みた。



まず一つ目は、

DSCN3452.jpg

以前作ったノイスポッターに付属の、少年のフィギュア。

大人の顔に比べて、この少年の顔はのっぺりしているから、
比較的塗りやすいはずなんだけども、やっぱり慣れないから、


DSCN3820.jpg

これが限界。

白目は、はみ出すのがおっかなくて書かなかった。

だからか、イマイチアニメチックな顔になってしまった・・。



まぁ、現時点ではこれで良しとするか。


そして次に、スノーマンに乗っているパイロットのフィギュアヘッド。

DSCN2143.jpg

これね。

東北の田舎の、郷ひろみのそっくりさんのオヤジみたいな。

雪の寒い中の設定なので、ほっぺたと鼻の頭を赤くしてある。



このおっちゃんも、

DSCN3831.jpg

こんな感じに。

こっちは、白目もちゃんと入れてみたんだけども、
なんかちょっとだけはみ出しちゃって、目が大きくなってしまった・・。

しかし、以前の目がボンヤリしか見えない状態よりかは良くなったかなー。

と、個人的には思う。


が、しかし、やっぱりフィギュア塗装ってむずかしいなー。ホント。

まだまだ修行しないと。


ということで、ちょっと、このフィギュアたちを使って遊んでみた。



DSCN3831.jpg

このおっちゃんも、首だけをテーブルの上に置くと・・・







DSCN3835.jpg

こーんな感じに。


ちょっと夢に見そうだな・・・










DSCN38351.jpg

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁー!

みたいな。(笑)






えー、次に、



DSCN38430.jpg

こんな感じで、少年の肩に、
恐怖新聞のポルターガイストな感じでおっちゃんの顔を・・










DSCN38431.jpg


ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!




みたいな。

(もちろんフォトショで加工した写真です。)



まだまだ修行は続く。(フォトショ使いもね。)



Vixen ニューヘッドルーペ スペアレンズ付 444502Vixen ニューヘッドルーペ
スペアレンズ付 444502

VIXEN
売り上げランキング : 8416

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by わこう at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。