コーヒー焙煎やってます。wakoworks.com

2010年10月22日

あべ式、わこう式。


DSCN2900.jpg

今朝、自分用にコーヒーを淹れていて、ふと思い出したことがある。


以前の俺は、「コーヒーにはコクとパンチがあってナンボ」と思っていたから、
コクとパンチを出すようなドリップのしかたをしていた。


あべはりさんがまだ生きていたころ、よくあべさんのコーヒーを飲んだが、
あべさんのコーヒーは、とにかくすっきりテイスト。

あべさんは、コーヒーはスッキリ感とキレを重視したドリップのしかた。


俺のドリップのしかたと、あべさんのドリップのしかた、
それぞれに違いがあり、俺は、「あべ式」「わこう式」と呼んでいた。

でも、あべさんもわこう式で淹れられたし、俺もあべ式で淹れられた。


それぞれのドリップのしかたが大きく変わるわけじゃないから、
簡単にそれぞれのドリップ法を楽しむことができたし、お互いそれを楽しんでいた。



あべさんがいなくなってしまった現在、
俺はどうやってコーヒーをドリップしているかというと、
あべ式とわこう式の折衷でドリップしている。


言ってみれば「あべわこう式」というか、「新わこう式」というか・・。


スッキリ感とキレを出しつつ、パンチのあるコーヒー。


それが「あべわこう式」だ。



べつに、あべさんを弔う目的でそうしているわけじゃないんだけど、
これでドリップすると、コーヒーがうまいんだよ。



あべさんのコーヒーのファンだった方には、
あべ式でドリップしてあげている。



そんな、ウチのお店の知る人ぞ知る小さな秘密。



なぜかこのことを急にBLOGに書きたくなった。


 
posted by わこう at 11:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 珈琲日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度。この前お邪魔したとき、国4には珈琲屋が無くて困ると、私言いましたが、昨日、亘理からの帰り道、見つけました。
うまいかそうでないかはこれから。さて私の珈琲の好みは何でしょう。この前お邪魔したときの珈琲は、ホントにホントにうめえ珈琲でした。あれを基準にして、その珈琲屋さんに行って見ます。
Posted by いとう at 2010年10月25日 07:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ