header_2014_6s.jpg

2010年09月22日

人体の不思議展の人体標本製作風景。


今回の記事は、
非常にショッキングな内容と写真が掲載されているサイトへのリンクが含まれます。

この記事にもモザイク加工したサムネイルが含まれます。


苦手なかたは、読むのをお控えください。




おととし、人体の不思議展についての記事を書いた。


その記事はこちら。



いろんな黒い噂や謎がささやかれているが、
真偽の程はさておき、人体の不思議展は、
相変わらずいろんなところで開催されているようだ。



数年前、俺も仙台に来たときに見に行っておきながら何なんだが、
だけど、人体の不思議展の開催には、基本的には反対だ。


この、「献体」にまつわるいろんな噂を差し引いても、
死体にへんてこりんなポーズをさせたり、輪切りにしたり、まーず、むごい。

亡くなった人たちを冒涜している。

と、俺は思う。



例えば、黒い噂と関係無く、純粋に医学のためにと、喜んで献体した人がいたとしたら、
輪切りにされたり、皮をひんむかれた状態でバスケットボールを持たされたりして晒されたら、
恥ずかしいやら腹立たしいやらで、逆に死んでも死にきれないんじゃないかなー。


まぁ、あくまでもこれは、俺個人の意見だ。


さて、最近、黒い噂の、中国、大連の死体加工工場の様子の写真が公開された。


1076873.jpg

ソース元の記事はこちら。
※ショッキングな内容の写真が多数ありますので閲覧注意!



これについて、俺個人の意見として、受け入れがたいという程度にとどめて、
あとの感想はあえて書かないでおく。


ただ、これも現実だ。




皆さんはどう感じたかなー。


 
posted by わこう at 02:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 普通の日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これが現実・・・

本物の死体で標本を作り展示し儲ける。

なんでこのような世の中になってしまったのだろうか

とても悲しい世界だ
Posted by ut at 2011年01月20日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ