wakoworks.com

2010年09月15日

MG 1/100 ボール ファクトリーイメージカラー後編。


DSCN1694.jpg

ということで、MG 1/100ボール、ファクトリーイメージカラーの製作記事、
前編を書いたので、後編に入ります。


前編はこちら。



さて、このキットの特徴は、


DSCN1628.jpg
このような、メタリック成形色を使った2種類のボディ外装があって、
それぞれ、付けたり外したりして遊べることだ。


ということで、前編では、汚しやハゲチョロで、
戦闘でダメージを受けた表現をしたわけだけど、今度は、フレームから製作する。



で、もう一つのボールの俺なりのコンセプトは、
「納品間もない、工場出荷状態のボール」を表現したかった。


軍に配属されて、その部隊や使用目的によって、いろいろとペイントされるわけだけども、
その前の状態、工場出荷状態を作ってみたかったのだ。


あくまでも、俺が勝手に作った設定とコンセプトだ。



ということで、前編では、以前作ったボールの外装だけを塗装して作ったわけだけど、
今度は、もう1個のボディを最初から組み立てなければならない。



ということで早速製作開始。



もうすでに、1回作ったことがあるわけだから、
サクサクと組み立てていって、


DSCN1686.jpg
とりあえず、本体のフレーム部分が完成。


そして、ここからが問題。
というか、俺の独創性が試される。


製鉄されたまんまの、鉄板というか、合金みたいな感じを出したくて、
オレンジとか、青の塗料とメタリックを混ぜて、それを薄く吹き付けることで、
合金っぽさを出したかった。


イメージとしては、チタンとか溶接すると、
オレンジとか青のまだら模様が出るような、あんなイメージ。


ということで、早速組み上がったフレームに薄くメタリックオレンジの塗料を吹き付けていく。





DSCN1688.jpg
このキットは、フレームも若干メタリック調なので、
オレンジ色を薄く乗せることで、




DSCN1690.jpg
こんな感じに。

ちなみに、スーパーチタンっていう塗料と赤と黄色を混ぜ、
シンナーですごーく薄くしたものだ。

なんとなく合金っぽくね?



だから、



DSCN1686.jpg
塗る前はこんな感じだったのが、




DSCN1692.jpg
こんな感じで、ちょっとオレンジっぽく。

塗料が乾いて下地に馴染むと、ほとんど塗ったのがわかんないんだけどね。


でも、1/100っていうスケールから考えると、
あんまり顕著にやっても、逆にくどくなるかなーと。

だから控えめに。




で、ボディ外装も、パチ組みの段階では、


DSCN1694.jpg
こんな感じなんだけども、
同じように、メタリックオレンジでうっすら塗装して、




DSCN1695.jpg
こんな感じに。

わかるかなー、わかんねぇだろーなー。わははー。




で、今度は、水色に白を混ぜて、つや消し剤とスーパーチタンと混ぜたものを、
またまたシンナーで薄くして、エアブラシでフワーッとかけていく。




で、地の色(黒鉄色+スーパーチタン)と、オレンジ、水色とを、
少しずつ修正しながら重ね塗りしていったら、






DSCN1699.jpg
こんな感じに。



アップだと、


DSCN1701.jpg
こんな感じ。


メタリック調のオレンジと水色がうっすら見えるのがわかるかなー。


やり過ぎるとくどくなるから、こんな程度でいいことにした。






DSCN1708.jpg
その後、デカールを貼って、その上からトップコートをスプレー。




かなりはしょったけど、腕や砲台もおんなじ感じで重ね塗りした。






DSCN1719.jpg
腕はこんな感じ。



で、砲台やらいろいろとパーツを取り付けて、







DSCN1718.jpg

完成!


一応、納品前の新品という想定なので、汚しは一切無し。

あ、少しクリアグレーで陰影を付けるためにシャドー吹きしたかな。








DSCN1722.jpg

リアビュー。

背中のランドセル(?)のあたり、オレンジとかわかるでしょ?
合金っぽく見えるかや。



砲台は、1本モノのビーム砲と、2連キャノンを選べるんだけども、
今回は2連キャノンにしてみた。




DSCN1740.jpg

つや消しのトップコートを吹いてしまったから、
全体的にツヤが無くなってしまったんだけども、メタル感は一応損なわれていないと思う。


結局何回も重ね塗りしたから、下地の色の特徴が無くなってしまったんだけども、
これはこれで大満足。


いやー、おもしろいキットだったわー。




ということで、前編でせっかく作った外装のもう一個のボールも、
もとの外装に戻して



DSCN1739.jpg
こんな感じになったんだけども、






DSCN1746.jpg
2台揃って飾りました。


なんか、使用前使用後みたいな。
そんなコントラストがまたいいかなーと。


気分次第で、また外装を変えられるから、たまに外装を変えて遊んでみようと思う。


おもしろい傑作キットだった。


おすすめ。


MG 1/100 RB-79 ボール(ファクトリーイメージカラー)川口克己プロデュースMG 1/100 RB-79 ボール
(ファクトリーイメージカラー)川口克己プロデュース

バンダイ
売り上げランキング : 40724

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



こっちのクリア外装も楽しそうだなー。

MG 1/100 RB-79 ボール Ver.Ka (限定クリアパーツ付き) (機動戦士ガンダム)MG 1/100 RB-79 ボール Ver.Ka
(限定クリアパーツ付き) (機動戦士ガンダム)

バンダイ 2010-02-20
売り上げランキング : 1926
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




広がるボールの世界。


 


ラベル:ボール プラモ
posted by わこう at 19:34| Comment(1) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 始めまして。
素敵なブログですね。
よろしかったら BlogPeople で繋がりませんか?
Posted by ART of JAPAN at 2010年09月16日 11:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。