Jewelry YUKINE Official Site

2010年03月28日

パンクに生きろ、バカ野郎。

昨夜、友人に苦言を呈した。


が、イマイチ、ヤツには伝わってないらしい。



アタマにくる。



なんでそういう風にしか受け取れないんだという、ひがみっぽいヤツに。

なんでもっと受け取れるように話せなかったんだという自分に。





男はみんなナイーブだ。

俺だって、シブヤさんだって、まこっちゃんだって、ナベさんだって・・・・。


だから、頑張るんだよ。

だから突っ張るんだよ。



傷つきたくないもん。




てめぇ、男がそう生きると決めたら、貫けばいいじゃねぇか。

いつまでも、できないいいわけばっかりして、
決めもしないところでフラフラやってんじゃねぇよ。



パンクが好きなんだろ。

だったら、パンクに生きろ、生きてみろバカ野郎。



※※※追記※※※

今日、お店にその友達が来てくれて、
俺の言いたいことも伝わったし、彼の胸のうちも聞いた。


お互い納得してよかった。


記事は、削除せずに記録として残しておくことにした。





Yahoo知恵袋「苦言を呈する」とはどんなときに使うんですか?

 
posted by わこう at 10:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 普通の日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度ありがとうございます。

いとうです。

確認のつもりでもう一度書かせていただきます。

わこうさんが伝えたかったことは、

「いつまでも、親も含めて人のことをぐじぐじと

憎んでたって仕方ないだろう。もっと前向いて生きろ。

現に、いま、てめえの大仕事控えていて、ぶらぶら揺れてるときじゃ無いはずだ。

やりたいと思ってることをやったら、それでいいじゃないか。

ぐずぐずするな、このバカったれ」

大体こんな感じでいいでしょうか?

もう1つ。

刺青の話のコメントのこと。

重いテーマには、重いコメントで返すのが礼儀でありました。

ただ、余りにも重かったんで、苦笑して、それで気持ちを軽くしてもらえたらと、

そのときは思って、ああいうコメントを書いてしまったのですが、

お葬式で、結婚式の駄洒落スピーチのような弔辞を言ったような感じの、他人の気持ちを考えない、ケーワイな、迷惑千万なコメントになってしまったようです。

申し訳ありません。

「親」のことは、こっちの方で書きます。総決算のつもりで。

丁度、年度末ですから。
Posted by いとう at 2010年03月29日 07:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック