header_2014_6s.jpg

2009年12月14日

過ぎるほど優しい曲。

以前、俺が唯一、心から信頼しているリーディングの人、生支州(イシス)さんから、
りえさんが一枚のCDをいただいた。


Open ArmsOpen Arms
アイザ・セグレラ

エス・トゥ・エス 2008-08-20
売り上げランキング : 177793

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アイザ・セグエラ。


まだあべさんが亡くなって日が浅かったとき、
家で聴こうと、りえさんがかけてくれたんだけど、あまりにも悲しい渦中にいたから、
歌声があまりにも優しすぎて、最初の数秒を聴いただけで、涙が出てきちゃって、

「ダメだー・・。今はまだ聴けない・・。」

と、再生をストップしてしまった。


そのくらい、このCDは優しかった。



その出来事から、このCDは、俺の中であべさんの思い出とリンクするCDとなった。





先週、やっとこのCDを聴けるくらい気持ちが復活したので、お店でかけてみた。

優しい歌声が、ウチの店の波動スピーカーから流れ、
ゾクゾクするくらい、お店中が優しい波動に包まれた。



その日、開店一番に、おふくろがお友達と一緒にカレーを食べに来てくれたんだけど、
そのお友達の住まいは、あべさんちのすぐご近所だったことがわかった。

「このCDをかけた途端にこれかよー・・。」


洗い物をしながら、あべさんを思い出して、ちょっとウルッときた。



その後も、不思議とあべさんとゆかりの深いお客様が何人もいらっしゃり、
自然とあべさんの話になって、涙ぐむ人がチラホラと。


先日、りゅうごくんに書き下ろしをしてもらった時のエピソードなど、
いろーんな話をして、結局その日は、あべさんを偲ぶ一日になった。

そして、みんな、

「このCD、優しくて癒されるわー。」

と、口々に言っていた。



その次の日も、今日も、あべさんと関係のない人ですら、
なぜか心をオープンにして、悩みや苦しみをはき出して、涙していく人が。


このCDの、この優しさは一体何なんだ?


先日、日本一多彩な車が集まるスローカフェを目指すという記事を書いたが、
それに加えて、まくろび庵は、
そんな、悩める人たちに、癒しを与えるカフェでありたい。


そんなことを考えていた。



そして、生支州さん、本当にありがとうございます。


 
posted by わこう at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ノスタルジー。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ