wakoworks.com

2009年08月22日

ドラッグレースにシビレた。

DSCN6790.jpg
今日、いつもアストロくんでお世話になっている、
SAKのシブヤさんが組んでいるレーシングチーム、
「God Speed」のファニーカーが、ドラッグレースの練習走行をするということで、
りえさん、友達のまこっちゃんと、M籐さんと4人で、仙台ハイランドに応援に行った。


ドラックレースとは、400メートルの直線を、どれだけ早く走れるかを競う、
とてもシンプルで、あっという間に決着が付くレースだ。




いつもの如く、写真を撮りまくって、動画も撮りまくったので、
今日は、とにかく写真と動画をタップリとご覧いただく。



写真は、無数に撮ったものの中から抜粋して紹介する。

他の写真は、Picasa Googleのウェブアルバムにアップしたので、


God Speed

↑このリンクからどうぞ。(ケータイ対応)



さて今日は、曇天の中だったにもかかわらず、
仙台ハイランドには、今日の走行会に参加するいろーんな車が来ていて、
えらいホットだったなー。




DSCN6729.jpg
God Speedのファニーカー。
まだ、ボディが乗せられていない状態。


ここから、整備して点検して、
OKであればはじめてボディが乗っかって走行となるわけだ。




DSCN6945.jpg
これが、ファニーカーのフレーム部分。
少しでも早く仕上げて、早めに走行するために、クルーの皆さん必死に整備。


この日の目標は、午前と午後、一本ずつの走行。








DSCN6753.jpg
で、おなじみの、シブヤさん。









DSCN6832.jpg
たくさんのクルーが関わっている。










DSCN6823.jpg
で、整備をしながら、何度かエンジンに点火し、調整を図る。







DSCN6813.jpg
クルーのひとり、ナベさん。

俺と同い年の、シブいガイです。




ということで、ファイヤーアップの動画を3つ。
※この記事の動画はすべて、音量注意!






この日初めてのファイヤーアップ。


スゴイ爆音。

マフラーー付近にいたら、鼓膜が破れるんじゃないかと思ったほど。





調整しているところ。

あまりにも音がデカくて、
至近距離なのに声が聞こえないから、ほとんど手話状態。







そして、実際にこの車で走るシブヤさんが乗って、最終調整。










DSCN6796.jpg

点検・整備に余念がないシブヤさん。








DSCN6769.jpg

超ファットなタイヤ。







DSCN6779.jpg
もう一組のタイヤ。

でけぇ。






そして、


DSCN6881.jpg
ボディが乗っけられます。







ボディを乗っける動画。











DSCN6897.jpg
わずか数秒で300キロ近いスピードが出るし、短い距離で止まるために使う、
ブレーキ用パラシュートの点検。

これがうまく作動しないと大変なことになる。









DSCN6874.jpg

美しいエンジン。

ちなみに、この車は、ガソリンではなく、アルコールを燃料とするファニーカーで、
日本に数少ない中の一台だそうだ。


排気量8800cc(だったかな?)。

MAX POWER 約3000馬力!


ケタ違いだ。


DSCN6869.jpg
片側4連のマフラー。

スゲェ迫力だった。





結局、午前中の走行はならず、午後一番での走行に向けて最終調整を。




そしていよいよ


sak_3.jpg
スタートラインに。









sak_2.jpg

で、タイヤを暖めてなじませるために行う、「バーンナウト」。
※写真は、動画からキャプチャ

タイヤを激しく空転させるから、
スゴイ煙とタイヤの焦げたニオイがレースコースに漂う。




動画はこちら。


スゴイ音量の排気音が耳と腹に響く。



こんなに大きい音、生まれて初めて聞いた。






sak_1.jpg
そして、ついにスタート!※写真は、動画からキャプチャ








動画はこちら。


いやー、思わず「はえー!」とつぶやいているが、ホント早かった。


っていうか、あまりの迫力に、マジで感激して泣いてしまったよ。


シブヤさん、カッコよすぎ!

しびれたわー。マジで。




シブヤさんが前から、

「レースを実際に見たら、人生がひっくり返るくらい感動しますよ。」

と、俺に言っていた意味がわかった。


ホント、感動した。



ナベさんにそう言ったら、冗談に受け取られたけど、
マジで震えて涙が出た。



結局この日は、この一本だけで終わった。



結果は、クラスが違うこともあるけど、
他の車のタイムが、だいたい13秒台前後くらいなのに対し、
シブヤさんは、8秒前半。もうちょっとで7秒台くらいのタイム。



400メートルを8秒で走るって、どんな世界なんだろうね。





sak_2.jpg
次はいつ見られるかわからないけど、
God Speedのクルーの皆さん、本当におつかれさまでした。


ホント、感動させてもらいました。


ありがとう。



 


posted by わこう at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | メカもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしいブログでのコメントありがとうございました。
Posted by シブヤマサト at 2009年08月24日 13:51
何度見ても臨場感たっぷり!!
すげーブログです
現場に居るようですわ!
Posted by warda(ナベ) at 2009年08月28日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。