header_2014_6s.jpg

2009年07月31日

直火焙煎機導入。

今年のリニューアルオープンの頃から、
店頭販売限定で、俺が焙煎したコーヒー豆の販売をしているが、
当初、そんなに需要は無いだろうと半分タカをくくっていたんだけど、
最近、ウチの焙煎豆のリピーターが増えてきた。


そこで、今までの焙煎機だと正直追いつかないので、
シンプルな構造の直火型焙煎機を導入した。






DSCN5572.jpg
これ。

ガスの炎で焙煎する、直火型の焙煎機、「サンプルロースター」。


実はこの焙煎機、南会津にある「タンボロッジ」のご主人に教えてもらった。

タンボロッジのサイトはこちら。



今まで、昔に買った、電気式の焙煎機を使っていたんだけど、
うるさいわ、電力消費が大きくてブレーカーが落ちるわ、薄皮が飛び散るわで、
正直、焙煎するのにいろんな意味でリスクを伴っていた。


が、この焙煎機は、ガス焙煎で、電気は、ドラムを回転させるためだけ使うので、
消費電力もとても小さい。


そして、何よりもこの焙煎機で焼いたコーヒー豆はうまいのだ。





作動させた様子はこんな感じ。




そして、まぁ、今まで5年近く自家焙煎をやってきたわけだから、
パチパチとハゼる音を聞けば、どんな焙煎具合なのかはわかっているつもりだ。


だから、火を止めるタイミングなんかはけっこう失敗無くできて、
とてもイイ感じ。






焼いてるときも、こんな感じで中が覗けるから、とてもラクチン。





焼き上がった豆は





DSCN5579.jpg

こんな感じ。


深煎りも浅煎りも、自由自在だ。



そして、なんと言っても、直火だから豆が香ばしい。


一度に焼ける生豆は、MAXで200グラムくらいなんだけど、
ウチでは焼き上がりで150グラムで販売しているから、ちょうど良い大きさ。


時には、一度に600グラムとか800グラムの焙煎豆を求められるんだけど、
今までは、焙煎が始まると何もできなくなってしまうのが、
この焙煎機だったらそんな大量のニーズにも対応できる。



これからは、この焙煎機でガンガンと豆を焼くのだ。



ご来店限定販売だけど、ぜひどうぞー。


サンプルロースター 電動式 LPサンプルロースター 電動式 LP

厨房卸問屋 名調
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 
posted by わこう at 18:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 珈琲日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですね
その焙煎機!
私も同様の理由で直火探してます。
どちらで購入出来るのでしょうか?
差し支えないようでしたらお願いします。
インスタント→挽き豆→丸豆→生豆とレベルアップしてます。
Posted by 珈琲焙煎入門 at 2010年03月24日 15:09
珈琲焙煎入門さん


コメントありがとうございます。

やっぱり、こっちの路線に行きますよねー。自家焙煎。
直火だからウマイですよ。マジで。


俺はアマゾンで買いました。


記事中に、アマゾンへのリンクを張ったので、
よかったらご参考にしてください。

Posted by わこうちゃん。 at 2010年03月25日 19:00
しかしすごい投資ですね、150gあたり200円の純利益が出ても
何個売ればいいのやら、、、

チャフを考慮すると一般家庭では電気のほうがいいのかもしれませんね。

初心者はカセットコンロに手振りロースターで腕試ししてから
購入のほうがいいようですね。

私は100円ショップで丸手あみを上下にして
手作りロースターでまかなってます。

Posted by まるとも at 2012年01月07日 19:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ