header_2014_6s.jpg

2017年07月15日

1/35 Ma.K。

R0021279.jpg

しばらく模型から離れていたんだけども、やっとエンジンがかかって、
このところ続けていろいろと作り始めている。


きっかけを作ってくれたのは、



海洋堂から発売された、1/35のマシーネンのガチャ、
ガチャーネンだった。


ちっちゃいし、ただ組み立てるだけなら10分もあれば余裕でできる。


この手軽さのおかげで、長らく離れていた模型から戻ることができた。



今年は、マシーネン(S.F.3.D)生誕35周年ということもあり、
1/35にいろんなバリエーションが増えて、
これはこれで面白いことになってるなぁと思う。


ということで、しばらくブログの更新もサボっていたこともあって、
だいぶ作ったものが溜まっちゃったので、ここで一気に公開します。




写真が多いので、説明は最小限に。



以前京都で、伊藤若冲展を見に行った際、
その売店で売っていた、竹製の絵葉書を買ったことで、
インスピレーションがピピーン!と。


その絵に似せて、ガチャーネンとかを使って作ってみようと。



R0020412.jpg

ということで、虎の絵に似せてS.A.F.Sをグレーの虎柄に。


ちなみに、伊藤若冲は、本物の虎は見たことがなく、
虎の剥製から、実際の虎を想像して書いたんだそうだ。

愛嬌があっていいよね。






R0020428.jpg

そして、これは牡丹かな?の花の絵。


これは、秋葉原のイエローサブマリンの1/35メルジーネを使用。






R0020437.jpg

こんな感じで書き込んでみました。







R0020451.jpg

そして白いオウム。


これも、イエサブさんのプラウラーを使った。






R0020445.jpg

3つ並べるとこうです。





つぎに、


R0021268.jpg

アクアマリンから発売された、1/35ラプターとラプーンのキットを、
密林仕様の迷彩柄に仕立ててみた。





ラプーンには、1/35のAFVの大砲のキットを流用してライフル風に改造した。



R0021258.jpg

持たせるために、腕や足を関節ごとにバラバラにして、
軸打ちしてポージング。

でもなんかちょっと不自然なポーズになっちゃったな・・・



R0021261.jpg

反対側。








R0021266.jpg

上から。







R0021263.jpg

前から。









R0021255.jpg

ラプターも、腕の角度とかを微妙に修正した。






R0021251.jpg

今回ははじめて、シタデル塗料を使ってみた。

最近使ってる人が増えてきたり、入手しやすくなったりこともあるけど、
ラッカー系塗料を使った時に、有機溶剤を吸うから頭が痛くなっちゃって、
それがなんかイヤになっちゃったんだよ。


ファレホは以前からたびたび使っていたけれども、
今回シタデルを使ったことを皮切りに、いずれすべての塗料を、
水性アクリルに変えようと思っている。


サフ吹いたりするのはしょうがないけど、
一番作業時間が多い工程で有機溶剤を可能な限り吸わなくていいのは、
次の日の朝起きたときの爽快感が全く違うし、メリットが多いかなー。


ネックは、ラッカー系より値段が高いことくらいかな。





R0021257.jpg

斜め後ろからのラプター。


ラプターは、膝から下に追加装甲があるぶん、
いい感じに短足に見えてカッコいいなぁと思う。






R0021256.jpg

反対後ろから。




そして、先日、実写版攻殻機動隊を見て以来、
攻殻機動隊熱が再燃。


いろいろ見ていくうちに、多脚戦車を作りたくなった。



そこで、ただ作るのではなくて、
ガチャーネンと組み合わせたらどうかなと。




ということで、WAVEの多脚戦車の製作に。



前面にガチャーネンのS.A.S.Fを持ってきて、
家にあった他のキットから、使えそうなパーツを流用。



R0020907.jpg

こんな感じに。

あんまりコテコテディティールアップしすぎると、
せっかくのフォルムがうるさくなっちゃうなぁと思って、
最小限にとどめた。

腕は、1/20のS.A.F.Sから持ってきた。





R0020908.jpg

このキットも、シタデルやファレホなど、水性アクリルを使って筆塗り。


水性アクリルは、水で溶いて絵の具のような感覚で使うといいとも聞いたんだけど、
なんか濃度の調節とかがうまくいかなくて、
結局、タミヤのアクリル用の溶剤で溶いて、薄く何層も重ねて塗った。


さすがにこの大きさになると、色が乗らないと塗っていてツラい・・・

そして、同じボリュームの足が4本あるので、だんだん飽きてくる・・


と、苦行のような塗装だった。



その後、汚しを入れたりリペイントしたりして、



R0021276.jpg

こんな感じで完成。







R0021285.jpg

正面から。








R0021286.jpg

横。






R0021287.jpg

ななめうしろ。








R0021291.jpg

反対側。










R0021298.jpg

1.5mmのアルミボールを使ってリベットを再現。

ボディ表面は、軽く鋳鉄表現してます。






R0021293.jpg

本当はもっと汚したいけど、ただ汚いだけになっちゃうかもしれないので、
ギリギリのところでおさえた。







R0021296.jpg







R0021297.jpg











R0021301.jpg















R0021306.jpg















R0021304.jpg













R0021305.jpg











R0021311.jpg












そして、ガチャーネンを3体、随伴機として同じカラーで塗ってみた。


R0021313.jpg












R0021323.jpg

マシーネンの原点。このフォルムはやっぱりいいっすね。







R0021324.jpg












R0021327.jpg














R0021325.jpg
















R0021331.jpg

















R0021328.jpg
















R0021345.jpg

勢揃いな感じで。



ということで、久々に模型やって楽しかった。


これらは、2017年11月12日に行う、
関西マシーネン会に持っていきますので見てやってください。





次は久々にバイク模型に着手しようかなと思っているので、
ちょっとの間、マシーネンはお休みの予定。





posted by わこう at 15:24| Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ