header_2014_6s.jpg

2016年09月30日

禁 揚げ物。

PAK85_karaagetoremon2015020.jpg

突然だけども、揚げ物を1年間断つことにして約2ヶ月が経とうとしている。



少しさかのぼって、今年8月のこと。

このBLOGを初めて読む方のためにかんたんに説明すると、
俺は現在、いくつかの仕事のひとつとして、
望診法の権威、山村慎一郎先生の大阪事務所のスタッフをしている。



望診法とは、東洋医学の一つで、身体に何か病気の兆候がある際には、
必ずどこかにそのサインが出る。

そのサインを読み取って、どんな病気の兆候があり、
どの臓器に負担がかかっていて、それはどんな原因なのか、
そして、どう対処していけばいいのかがわかるという学問。


山村先生は、その望診法の日本を代表する権威で、
今までに沢山の人の命を救っている。



俺は2005年からマクロビオティックや自然食を始め、
仙台でまくろび庵というカフェをやってきた。

※2012年以降更新していない。


その流れで山村先生と出会い、
俺のカフェで山村先生の講座を主催したことに端を発し、
以来、ずーっとお付き合いさせていただき、
俺が関西に移住してからも、大阪スタッフとして関わっているわけです。


山村先生が書いた本の中で、隠れた名著と言われる、

自分の顔を見るのが好きな人は病気になりにくい
病気になりにくい
山村 慎一郎

サンマーク出版 2007-09-25
売り上げランキング : 67413

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自分の顔を見るのが好きな人は病気になりにくい。


惜しくも絶版となってしまったけど、
Kindle版があるので、Kindleを使える環境にある方は、
ぜひ読んでいただきたい本です。


さて、本題に戻るけれども、スタッフということもあって、
ふだんあまりガッチリと望診をしてもらう機会が少なかったので、
この8月に、久しぶりにガッチリと望診をしていただいた。



そしたら・・・


「わこうさん、だいぶ油が溜まっていますね。
そして水はけが悪いです。」



と。



思い当たるフシはたくさんあって、
自分でもヤバイなーと思いながらも食べていたのが、


PAK85_karaagetoremon2015020.jpg

カラアゲ!



マクロビオティック始める前、俺はとにかくカラアゲが大好きで、
ビールとカラアゲの組み合わせなんて昇天しそうだわ。


だけど、マクロビオティックをはじめてしばらくは、
完全菜食をしていたりもしたんだけども、
俺の身体のバランス的には、完全菜食だと身体が冷えちゃう。

結局、どうもバランスが悪いとなり、数年前から肉や魚を食べ始めた。


そうなると、やはり好きなカラアゲを始めとした、揚げ物についつい手が出ちゃう。


だけど、やはりなんでも過ぎるのは良くない。


結局、食べた油の排出が追いつかなくて体に溜まっていく。


望診してもらったとき、「脳にも油が溜まっている兆候がある」 と。


それはヤヴァイ。非常にヤヴァイ。



さらに、中医学で言うところの「水滞」が起こっていて、
水はけが悪く、水分も溜まっているので、
油と水を排出するような食材を食べてください。

そして、



しばらく揚げ物はNGです!


と。









R0021115.jpg

キャアアアアアアアアアアアア!








禁煙

断酒


ときて、さらに




揚げ物断ち!




カラアゲやエビフライや天ぷらや白身魚フライやメンチカツや・・・


そして



yun_12000.jpg

カツ丼も!


月に1回くらいだけども、カツ丼食べるのもなにげに楽しみだったんだよなー。

やよい軒で。




でも、どうせやるなら徹底的にやろうと。



ということで、望診をしてもらったのが2016年8月8日だったので、
来年の8月8まで揚げ物断ちをすることにした。


禁煙や断酒同様、最初の2週間がキツイね。


だけどそれを過ぎると比較的苦にならない。今のところ。


目の前でりえさんがカラアゲ食べても平気だ。




さらに、身体に溜まった古い油を溶かして排泄するのに、
切り干し大根がいいので、
ほぼ毎日切り干し大根を何らかの形で食べている。


煮物にしたり、味噌汁に入れたり、ハリハリ漬けにしたり・・



さらにさらに、水滞の対策としては、ハトムギが利水作用があっていいので、
この夏は、冷やしたハトムギ茶で乗り切った。


ごはんにハトムギをまぜて炊いたり。


おかげで外食も減り、なんか身体もシュッとした感じだ。



ハトムギ茶は、摂りすぎると逆に身体が乾くので、
ひとつの目安として、手や指が乾いてカサカサになったら、
飲むのを少しやめるかペースを落とす、といった感じ。



うちはりえさんとふたり暮らし。


もし俺が脳溢血なんかで倒れたりしたら大変だ。

だけど、親父も心筋梗塞で死んだし、おふくろも脳溢血やっちゃってるので、
そういう意味では、俺も詰まり系のサラブレッド。


とにかく予防できる可能性があるならなんでもやるさ。



りえさんに俺の介護なんてさせられねぇよ。


そういう意味では、望診に出会っていて本当に良かったなぁと。


この記事を読んで望診に関心が出たら、
山村先生のゴーシュ研究所のサイトを見てみてください。

現在は主に、東京・大阪・名古屋で、
望診講座やワンデイ講座などをやっているので、
タイミンクが合えば是非どうぞ。




と、最後は宣伝でした!




posted by わこう at 23:15| Comment(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

ご奉納 伊弉諾神宮にIZANAGI。


honmyou_guji.jpg

2016年9月12日は生涯忘れられない日となった。


俺がデザインしたジュエリーを、淡路島の伊弉諾神宮にご奉納させていただきました。








IMGP2503.jpg

たびたびBLOGに書いてきたけれども、
現在俺は、りえさんのジュエリーブランドであるYUKINEの中のメンズラインとして、
IZANAGIというブランド名でジュエリーデザインをしている。







IZANAGIは、国造りの神様である伊弉諾の尊(いざなぎのみこと)からいただいており、
「始まり」「豊かさ」「力強さ」「愛」といったキーワードが浮かんでくる。


IZANAGIというブランド名を関することは、
いささかおこがましいかなという思いはあったけど、
この名前をつけるにあたり、淡路島にある伊弉諾神宮にお参りし、
神様にお伺いを立ててみたところ、お参りの瞬間にいい風がブワッと吹いて、
認めていただけたような気がしたので、この名前に決定したわけです。


その辺のことは過去記事にかきましたのでこちらをどうぞ。


2012年に関西に移住してきて、初めての伊弉諾神宮参拝以来、
なんか俺は、淡路島そして伊弉諾神宮に惹かれて、
たびたび参拝させていただいていたんだけども、
ここ一年半くらいは、隔月で参拝させていただこうと決め、
最低でも年に6回は参拝させていただいている。


でも、隔月参りを始めた頃は、まさか俺がジュエリーデザインをするなんて、
そして、IZANAGIという名前をいただくことになるなんて夢にも思わなかった。


とにかく平たく言うと、淡路島と伊弉諾さんが大好きなんだよ。

だから、大好きな神様のお名前を使わせていただきたかった。



そして、前振りが長くなってしまったんだけども、
このたび俺がデザインしたIZANAGIのジュエリーの中から、
祈りをテーマにした「Prayer」をご奉納させていただくことができました!




izanagi_pr_1.jpg

Prayerネックレスは、鳥居をモチーフしている。

神社にお参りするときには必ず鳥居をくぐるわけだけれども、
神様に手を合わせるということは、ただやみくもにお願い事をするんじゃなくて、
お願いする以上は、自分もそれを受け取るに値する人間であるよう努める、
という、神様との約束というか、コミットメントみたいなもんだと思っている。


このPrayerは、その決意を表すもの、という意味で作った。



以前、りえさんは、りえさんが一番ご縁を感じているという、
奈良の天河大弁財天社に、ドラゴンのリングをご奉納させていただいた。




その時は、ジュエリーをご奉納させていただきたい旨をお伝えしたところ、
天河さんでは「はい、いいですよ。」と実にスムーズに事が運んだので、
今回の伊弉諾さんもそんな感じなのかなと、軽い気持ちで電話で問い合わせた。


しかし、いろんなことを質問された上で、資料などをFAXで送り、
宮司さんからの審査と承認を得て、はじめてご奉納が許されるという、
なかなかハードルが高いものだった。


結果待ちの間、も〜、ドキドキだったわ。


そして晴れてやっと、OKが出てご奉納させていただけることに。


俺はご奉納させていただけるだけで天にも昇る気持ちだったけど、
りえさんは、せっかくだから、宮司さんがいらっしゃる時に伺いたいと。


たしかに、日本を代表する神社のひとつである、
伊弉諾神宮の宮司さんと、直接お話させていただけるチャンスなんて、
そうそうないなと。

このりえさんの英断には本当に感謝している。





R0009577.jpg

ということで、当日は緊張の面持ちで伊弉諾神宮へ。






R0009579.jpg

社務所にて、ご奉納の手続きを済ませる。

これが今回ご奉納させていただいたPrayerネックレス。







R0009585.jpg

そして、いよいよ社殿に通された。


いつも外側から見ている社殿の中に入れて、それだけでテンションMAX!






R0009581.jpg

今回は、株式会社YUKINEとしてのご奉納なので、
代表取締役であるりえさんが記帳したりするお役目。






R0009587.jpg

ご奉納されるジュエリー。




滞りなくお参りが済み、最後に巫女さんが神楽を舞ってくださった。


伊弉諾神宮は、出雲大社や高千穂神社と合同で、
毎年神楽祭を開催していて、そのときはものすごい数の人々が大集結。

島を挙げてのお祭りということもあり、神楽のレベルが凄く高くて、
巫女さんや伴奏をされる方々の、一糸乱れぬ無駄のない動きと、
厳かかつ慈愛に満ちた雰囲気に、涙が出そうになった。

俺とりえさんのたった二人のために、
伊弉諾神宮の皆様が、心からおもてなしをしてくださっている。

その気持ちに感謝の念がグワーッと湧いた。




せっかくなので、伊弉諾神宮の本名宮司さんとご一緒させていただき、

R0009592.jpg

りえさんとパシャ!






R0009594.jpg

俺もパシャ!

上着の端っこがカメラに引っかかって、なんか幼稚園児みたいだな。


宮司さんは、素晴らしい袴をはいていらっしゃったんだけども、
これは公式のときの袴なのかな。


本名宮司さんがいろいろとお言葉をくださったんだけども、
特に印象的だったのは、

「私たちは古代人というと、質素な麻袋をかぶったような服装の人々を思い浮かべますが、
古事記などの文献から、実は古代人はとても装飾好きで、
アクセサリーをたくさん身につけていたということがわかっています。」

という言葉だった。


以前、天河大弁財天社の柿坂宮司さんより、

「ジュエリーは神様と繋がりやすくするアンテナのようなもの」


と教えていただいていたので、
今回の本名宮司さんのお話で、とても納得したし、
ジュエリーを提供し続けること、世に出し続けていくことが、
いかに高貴で大切なことであるのかを再認識したのでした。




その後、伊弉諾神宮の近くにあるとんでもスポット、


R0009596.jpg

岩神大明神にも参拝させていただきました。


ここはとにかくなんか凄いんだよ。

うまく言えないんだけどなんか凄いんだよ。


ちょっとわかりづらいところなので地図のURL貼っておきます。





やっぱり俺は淡路島が大好き。

これからも隔月参りはずっと続けていこうと思う。





honmyou_guji.jpg


これからも、良いものを作り続けていくこと、
そして、社会や人のお役に立てる自分で在るよう、精進します。


ありがとうございます。



IMGP2503.jpg

posted by わこう at 10:30| Comment(0) | IZANAGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ