コーヒー焙煎やってます。wakoworks.com

2015年10月27日

快くん、膀胱炎と去勢手術。

R0000403.jpg

久々にニャンネタいきます。


9月くらいから、我が家の二番目の快くん(生後10ヶ月)が、
落ち着きなくアオンアオンと鳴いて、部屋のあちこちでおしっこするようになった。


本題に入る前に、他のニャンたちの近況も写真を交えて紹介しておきます。




R0000916.jpg

バッツっ子(末っ子)から一転、我が家のニャン社会のトップとなったクウちゃん。

もう7歳だよわ。


すっかり所作がおやんつぁんになった。


なんか大人の落ち着きが出ちゃってさー、
あの悪魔のようなわんぱくっぷりが懐かしいくらいだ。









R0000879.jpg

そして、我が家のラブリーボンバー、古都ちゃん11ヶ月。


最近、ちょっと色気が出てきたかなーと思ったり思わなかったり。





R0001082.jpg

だけどやっぱりボーっとしている。

そして手足が短い。



俺は、快くんと古都ちゃんの子供を見てみたいなーと思って、
二人が発情するのを待っていた。


しかし、快くんはついに発情したんだけども、古都ちゃんは相変わらずボーッとしていて、
まったく発情の気配がない。



で、快くんがあちこちにおしっこするのは、マーキングだとばっかり思っていた。

早く古都ちゃんが発情しないかなぁーと待ち遠しかった。



だけど、快くんのおしっこはなんか様子が変だ。

発情も間違いなくしてるんだけども、それだけじゃない何か違和感があるなと。



そしたら、ある日真っ赤な血尿が出て、いやー、ビックリしたわけです。




慌てて病院に連れて行ったら、「膀胱炎です」と。


ただ、膀胱炎にもいろんな原因があって、
石が詰まるものや、何かしらの菌に感染して発症するもの、
ストレスからくるものなどなど。


幸いにして快くんの場合は、石が詰まっておしっこが出ないパターンではなく、
膀胱がほぼ空になっているんだけども、
残尿感が気持ち悪くて何度もトイレに行くんだけども、
チョロッとしか出なくてイライラして鳴いたり騒いだりするパターンだった。

膀胱内で炎症が起きて出血し、それがおしっこの最期に血尿となって出るのだ。



とにかく、快くんの残尿感の気持ち悪さが始まると、
とたんに落ち着きがなくなって、アオンアオン泣きながら、家中歩きまわり、
部屋の隅とか、ふとんとか、カーテンの影とか、ところ構わずおしっこするもんだから、
人間側もそれはそれは大変で。


特にうちは来客が多いので、ニオイをなんとかしなければならない。


一日中掃除に追われる日々。



で、本当は採尿をしてきちんと検査したいんだけども、
そのためにはある程度の量が必要で、いつも猫の病院に連れて行っても、
膀胱がほぼ空っぽなので採尿ができない。

なので、注射と点滴で自然治癒を待つという方針だった。



だけども、1ヶ月以上経っても改善が見られず、
俺もいよいよストレスMAX状態に。



そこで、話が少し戻るんだけども、古都ちゃんと一度交配させて、
二人の子供を見てみたかったから、快くんの去勢をしないで、
ひたすらおしっこの掃除のストレスに耐えて耐えてきたんだけども、
1ヶ月以上その状態が続き、俺もストレス、快くんもストレスで、
もーダメだこりゃと、去勢手術に踏み切ることにした。

快くんのストレスのひとつに、古都ちゃんが発情しないが故の、
ようは、セ●クスしたいのにできないのも大きな要因になっているんじゃないかと。


ただ、あくまでもこれは人間側が勝手に想像していることで、
快くんがどう思っているのかはわからない。


だけども、早く膀胱炎をなんとかしてあげたい。



膀胱炎と去勢手術になんの関連性があるのかというと、
手術のために日帰り入院するんだけども、
そのときに採尿してもらえるチャンスができるので、本格的な検査ができるわけです。


そうすることで、菌によるものなのか、なにかストレスからくるものなのか、
他の要因があるのかがわかり、治療方針もたてられるのだ。



ということで、ある日、


R0000403.jpg

こーんな平和に寝ていた快くんを病院に連れていき、去勢手術を。



術後の診察で、あんな小さなチン●ンの先っぽにカテーテルを入れて採尿。

俺も管を入れる間、快くんを抑えてたんだけども、いやー、見てられなかったよ。痛そうで。



で、やっと全部終わって家に帰ってきて、



R0001248.jpg

タマタマが痛いのか、ジーっと耐えていた。



はちきれんばかりの立派なタマタマは、今やもう見る影もなく・・・



人間の都合でごめんな。快。









R0001233.jpg

少し落ち着いて、クウのところに無理やり入り込む快。


クウの迷惑そうな顔・・・





その後、タマタマの抜糸と共に検査結果を教えてもらい、
結局、やはり菌による膀胱炎だったことがわかった。


もしそれがわからなかったら、ずーっと原因がわからないまま、
中々結果か出ずに、俺も快くんもイライラクタクタになっていただろう。



いやー、本当に良かった。



先生と相談の上、投薬治療でいくことになった。



快くんは、薬を嫌がらずにすすんで飲む。

先生曰く、薬に味が付いてるんだってさ。






kai_medic_3.jpg

はい、あ〜ん。








kai_medic_2.jpg

ゴックン。






みたいな。




で、薬を飲むと少しハイになって、




R0001261.jpg

手にガブー!






R0001258.jpg

さらにガブー!








R0001252.jpg

オラついてます。(笑)

奥に写っているりえさんの目が笑ってるでしょ。


とにかくめんこい。





そして、ひとしきり暴れて、




R0001255.jpg

グースカ・・・


みたいな。


なんなんだよ。おまえ。







R0001432.jpg

そんなこんなで、現在も投薬治療中だけども、
原因と治療方針がわかっただけでも大きな進歩。


あとは一日も早く治ることを願うばかりだ。



もう少しがんばろうな。快。



posted by わこう at 23:25| Comment(0) | なぜか猫。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ