header_2014_6s.jpg

2014年11月13日

Ma.K大阪テンジカイスタッフとHTML5。

mashinnenkai.jpg

モデスポが終わったばかりなんだけども、
来年の1月に行われるマシーネンの模型イベントの告知を。


来年の1月12日、大阪のボークスでマシーネンのテンジカイ、
Ma.新年会で「マシーンネンカイ」が開催されることとなり、
こっちでもスタッフをさせてもらってます。


そもそもどんな流れだったのかというと、俺個人的には、
去年、関西でのマシーネンのイベントが無かったので、さびしいなーと思っていた。


ただ、こういったイベントをやろうとすると、会場設営や諸々の準備はもちろんのこと、
募集とか、申込の受付だとか、諸々の案内や連絡事項などなど、
細々した業務が多くて、案外そこが一番面倒だし、責任も生じるから大変なんだよなー。


そこで、俺がそういった諸々の業務を請け負うので、
マシーネンのイベントを大阪あたりでできないかなーといろいろと画策していたところ、
もともと大阪でマシーネンのイベントを主催していた方々も、
そろそろイベントをやろうという動きらしい・・ということを教えてもらい、
スタッフとしてまぜていただけることとなったわけです。

それが8月くらいの話。


とはいえ、スタッフの皆さんは、マシーネンでも有名な方々ばかりで、
本当に恐縮するんだけども、それはそれとして、
俺が持っている玉が役に立つのであれば、バンバン使っていただこうと。


一昨年の暮れに神戸で行われたマシーネン展示会でも、
スタッフをさせていただいたけども、
やはり、マシーネンの独特な世界観や感性、アート性、そんなところが、
キュンキュンとくるんだよなー。

そして、集まってくる人たちも、
ただ個性的なだけでなく、なんかこう・・インテリジェンスを感じたりして・・


マシーネンのそんなところが大好きだ。




ということで、僭越ながら、今回のイベントのサイトを作らせていただいてます。



mashinnenkai.jpg



ちょっと話は脱線するんだけども、
今回、無料でHTML5を使ったホームページが作れるということで、
Wix.comを使ってみたんだけども、















hyoryu2.jpg

なんじゃこりゃーーーー!

っていうくらいカンタンだった。

まるで、イラストレーターとかのドローソフトで作っている感じでパーツをレイアウトでき、
しかも、きちんとそのとおりに表示される。

あたりまえに思えるかもしれないんだけども、
もし、ホームページ作成ソフトを使って作った場合、
ソフトの作成画面上で見るのと、実際のホームページ上で見るのとでは、
レイアウトが崩れたり、微妙な微調整ができなかったりしたわけだけど、
Wixだと本当にカンタンに、忠実にやれてしまう。

そして、その作業を、ローカルのパソコンではなく、
クラウドでやるというところが画期的だ。


いや、マジで、お店や企業のウェブサイトで、
あまり時間軸に縛られないサイトであったら、Wixで充分だなーと。

独自ドメインにも対応してるし、とにかくかゆいところに手が届き、
しかも、テンプレートのデザインが、みんなスッキリしててスタイリッシュだ。


俺みたいにウェブデザインを仕事にしている人種にとっては脅威だね。

大げさじゃなく、今回ばかりはマジメにそう思った。


これからは、出す情報が多く、
何十ページ何百ページというサイトを運用する場合はWordPressを、
そんなにページが多くなくていい中小企業や小売店のサイトは、
WixなどHTML5ベースのサイトで自社運用・・

というふうに棲み分けされていくんだろうな。

ポイントは、どちらもクラウドで作業するという点だな。


いやー、スゲーなー。これも時代だな。



話は元に戻って、実は俺は今年は、
そういう割にはマシーネンは2個しか作ってない。


rac_14.jpg

この都市迷彩RACOONと、





52.jpg




なので、イベント当日までにはもう少し作りたいな。


イベントの応募要項については、もうすぐ公開できると思うので、
もうちょっとだけお待ちください。


関西の方も関西近郊の方も、ぜひご参加ください。



よろしくお願いしまーす。



posted by わこう at 23:33| Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ