header_2014_6s.jpg

2014年10月09日

MK44 アンモナイツ スチームパンク風 製作記。

62.jpg

久しぶりにマシーネンに着手。

今回は、スチームパンク風に作って、ビネットにした。


またいつものとおり、写真がメッチャ多いので、説明は最小限にするように努めます。


また、製作記と完成写真の記事をわけて二部構成にしまーす。



ということで、早速製作記に。


今回使用したのは、

1.jpg

ブサカワイイと評判の、MK44 アンモナイツ。


1/20 ロボットバトルV MK44 (スマートガン装備&固定武装型) (64107)
MK44 (スマートガン装備&固定武装型) (64107)

ハセガワ 2014-06-27
売り上げランキング : 33961

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これは、マシーネンの本筋のストーリーではなく、
ロボットバトルという物語に出てくるマシンらしい。

6月にリリースされた新製品だ。


早速、いろんなマシーネラーが、それぞれのセンスで仕上げていて、
俺もスチームパンク風に作ってみたいなーと思ってたんだけども、
せっかくなので、フィギュアと組み合わせてビネットにしようと。


どういうコンセプトにしたかは、あとから説明します。





3.jpg

ということで、早速パチ組み。

新金型ということもあって、合いもバッチリ。

で、結構サクサクと組み立てられて、楽しかった。





2.jpg

スチームパンク風にするので、いろんな種類のリベットを打ち込む。







5.jpg

黒サフを捨てサフとして使いながら、形を見ながらいろいろパーツを足したり、
リベットを追加したりしてこんな感じに。






4.jpg

全身はこんな感じ。





6.jpg

後ろから。







8.jpg

黒サフを吹いたあと、下地を作るのにクリアを塗った。

このあとのメタリック塗装のツヤを出すためだ。





9.jpg

今回はエアブラシは使わずに、4色くらいのメタリック色を、
筆塗りで層になるように塗り重ねていく。



で、何色にしようか散々迷ったあげく、
カッパーのようでありながら、もっとオレンジの強い、
メタリックオレンジなんだけども、なおかつレトロな感じのオレンジを目指した。




10.jpg

軽くクリアオレンジを缶スプレーで吹いてこんな感じに。








11.jpg

動力部分は、すでにスチームパンクっぽいので、あまりいじらずに、
金属パーツを貼り付けたりする程度にとどめて、
塗装を使い込んだ感じにした。






13.jpg

時計パーツをいろいろ使って、スチームパンク風にデコレーション。






12.jpg

アンモナイツは後ろ姿がカッチョエエなー。






14.jpg

横から観た感じ。






15.jpg

塗装とウェザリングしてこんな感じに。




18.jpg

正面はこんな感じ。











16.jpg

で、今回のポイントのひとつとなる、鎖をつなぐためのアングルのためのナット。









17.jpg

こんな感じで鎖をつけました。




鎖をつけたのには理由があって、


19.jpg

こんな感じで女の子のフィギュアと組み合わせるんだけども、
アンモナイツがスチームで動くペットという設定にするために鎖でつないだ。


ちなみに、この少女フィギュアは、

1/20 天空の城ラピュタシリーズ ロボット兵 (園丁バージョン) FG5
ロボット兵 (園丁バージョン) FG5

ファインモールド 2011-10-24
売り上げランキング : 42894

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この、ラピュタのロボット兵のキットにはいっていた、シータのフィギュア。

同じ1/20なので、違和感なく使えるのがまたいいなと。



ただ、祈るようなポーズなので、そのままでは使えないので、


20.jpg

頭と腕を切り離して角度調整。

スカートも中途半端に長いのでカットした。






21.jpg

スチームパンクのファッションは、中世ヨーロッパが基調となっているので、
首や肩、スカートの裾部分には、それぞれフリルなどをつけてみた。






22.jpg

で、腕も合わせては削り・・を繰り返す。






23.jpg

で、今回は、革製の防毒マスクを作るので、
鼻から下の部分にはシアノンを盛って土台を作った。







26.jpg

で、マスクの目の部分には、このガンダムのモノアイパーツを使って





27.jpg

こんな感じでゴーグルを。






24.jpg

フィギュアはこんな感じで塗りました。






25.jpg

後ろ姿。







28.jpg

で、マスクを作ってこんな感じ。

革の質感のシートや時計パーツ、リベットなどを使ってます。







29.jpg

少女フィギュアとアンモナイツを合わせてみる。


これはこれでシュールでいいんだけども、
今回はベースもしっかり作ってビネットにしようと思った。






30.jpg

ということで、木製ベースに、石粉粘土を使って地面や木の切り株を。






31.jpg

この木の切り株は、少し乾いて硬くなりかけた石粉粘土を、
さけるチーズみたいに裂くといい感じで割れることを発見。

それを木工ボンドでくっつけていってこうなりました。






34.jpg

地面を油彩絵具で塗ったあと、鉄道模型用のいろんなのを使って苔や草を。

紙創りさんの草も使った。


ジオラマ・ドールハウス用ミニチュアペーパークラフト紙創りシリーズ「雑草・エノコロ草 1/35」
「雑草・エノコロ草 1/35」

和巧
売り上げランキング : 294383

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




34-1.jpg

枯れ葉も散らした。






33-1.jpg

で、防毒マスクをしなければいけない世界ということで、
胞子のような奇妙な植物も作ってみた。






33.jpg

土台はこんな感じ。






32.jpg

草をいろいろと追加してこうなりました。






35.jpg

ということで、アンモナイツとフィギュアを乗せてみて、いよいよ完成となります。





posted by わこう at 01:06| Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ