wakoworks.com

2011年02月11日

フィスラー圧力鍋修理。


DSCN0495.jpg

我が店、まくろび庵では、普段はドイツ製フィスラーの圧力鍋を使って玄米を炊いている。

今使っているフィスラーは、りえさんが昔買ったもので、
まくろび庵で使い始めた当初から、けっこう年季が入っていた。


が、いつしか上の写真のように、取っ手にヒビが入り始めて、
それでもだましだまし使っていたんだけども、
先日ついに、何かの部品がポロッと取れて、圧が漏れるようになってしまった。


そこで、フィスラーの修理となるわけなんだけども、
フィスラーのいいところは、部品供給がしっかりしていること。

なので、けっこう古い圧力鍋でも、しっかりと部品が揃う。


で、今回は、取っ手部分の部品をまるごと取り替えた。


今回部品を買ったのは、「キッチンネッツ」というサイトから。

キッチンネッツさんのフィスラーのページリンクはこちら。


いやー、このキッチンネッツさん、すごい数のメーカーとアイテム数を網羅していて、
かなりすごいよ。マジで。


ということで、



DSCN0497.jpg
取っ手の部品が届いた。


対応がとても丁寧で迅速。
ネットショップの鏡のようなショップだった。





DSCN0499.jpg

俺が使っているフィスラーのロイヤルシリーズは、
メンテナンスがとてもしやすいし、部品交換もカンタンにできるようになっている。

だから、いつまでも長ーく使えるわけだ。

取っ手を外すのは、ねじ2本を外すだけ。






DSCN0501.jpg

そして、ウレタン(?)製のパッキンのようなものを挟み、





DSCN0502.jpg

取っ手のねじを締めて完了。

ものの5分もかからないくらいカンタンだ。



ちゃんと圧がかかるか、すこしだけ水を入れて、圧をかけてテスト。


しっかり圧がかかって、どこからも漏れが無く完璧に治った。

お店で使う道具だし、大切に長く使っていきたいもんだな。うん。


今日、治った圧力鍋で早速玄米を炊いてみたんだけども、
今日の玄米はカンペキだったね。パーフェクト。


玄米の芯までしっかりと火が通って、圧がかかって、おいしかったー。


ちなみに、フィスラーではなく、ドン●ホーテで売っている安い圧力鍋で、
おいしい玄米を炊いたりする、俺のクッキングレッスンを開催しているので、
興味のある方はぜひどうぞ。

B級グルメDE自然食 詳細はこちら。


と、最後は宣伝になってしまった。


よろしくお願いしまーす!



posted by わこう at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | メカもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。