Jewelry YUKINE Official Site

2010年12月09日

ピューと吹く!ジャガー終了。


先日、俺が好きだったギャグマンガ、ピューと吹く!ジャガーの
単行本最終巻である20巻が発売された。


ピューと吹く!ジャガー 20 (ジャンプコミックス)ピューと吹く!ジャガー 20 (ジャンプコミックス)
うすた 京介

集英社 2010-12-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そして、この20巻を以て、
ジャガーは10年というギャグマンガとしては長い連載を終了した。



6年前の入院生活のとき、病院の待合室にブン投がっていた少年ジャンプ。

ジャンプ読むのなんて何年ぶりかだったんだけども、
その時にはじめてジャガーを読んで、
病室で声を出して大笑いしたのが出会いだった。




俺はそれまで、ギャグマンガは、


僕といっしょ(1) (ヤンマガKC (714))僕といっしょ(1) (ヤンマガKC (714))
古谷 実

講談社 1998-01-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

古谷実先生の「僕と一緒」、



そして、



グリーンヒル(1) (ヤングマガジンコミックス)グリーンヒル(1)
(ヤングマガジンコミックス)
古谷 実

講談社 2000-02-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

グリーンヒルがバイブルだった。


いまでもこの2作品は、俺の中のギャグマンガランキングNo,1なんだけども、
それ以外のギャグマンガで、ヒーヒー言うくらい笑ったのは、ジャガーだけだ。


古谷実のギャグには、哲学が入っていて、人生のもの悲しさや哀愁も感じ、
またそれがギャグと相まって鉄板級のおもしろさがあるんだけども、、
ジャガーのうすた京介のギャグには、ある意味「不条理ギャグ」というか、
イマイチ分類不能な勢いとキレがあった。


っつーか、文句ナシにおもしろかった。

もー、メチャクチャよ。


特に、1巻から5巻までの勢いはすごかったなー。

ピューと吹く!ジャガー 5 (ジャンプ・コミックス)ピューと吹く!ジャガー 5 (ジャンプ・コミックス)
うすた 京介

集英社 2003-06-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


5巻は最高傑作だと思う。腹がよじれるくらい笑った。


しかし、この5巻がピークで勢いが無くなり、
10巻が過ぎたころからは、たびたびネタ切れ感が漂いだし・・・


20巻近くなったあたりは、気の毒になるほどで・・・


実際、20巻の巻末に、うすた京介からのあいさつが書いてあるんだけども、
最後の方は、本当に苦しかったと叫びにも似たメッセージが。

やっぱり長期連載っていうのは大変なんだなー。


そして、ネタ切れだということを変に隠そうとせず、
正直にメッセージとして残したうすた先生は偉いなーと思う。



とにもかくにも、ゆっくりと休養して、
また切れのいいギャグをかましてほしいと思う。


そしてそして、20巻の最後に、
ボツになったもうひとつのラストシーンのネーム画が、
3ページおまけで公開されてるんだけども、最後の最後でまた笑ったー。

ネタバレになってしまうので、あえてここでは書かないけども、
「そうくるかー!」という、しかしうすた先生らしいオチ。


ぜひ見てみてください。


うすた先生、連載本当にお疲れさまでした。

6年前の入院生活、笑って明るく過ごせたのは、
ジャガーと出会ったからでした。

本当にありがとう。


次回作を楽しみにしてますよ!


ピューと吹く!ジャガー 20 (ジャンプコミックス)ピューと吹く!ジャガー 20 (ジャンプコミックス)
うすた 京介

集英社 2010-12-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 


ラベル:ジャガー
posted by わこう at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通の日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/24 ルパン カリオストロの城「襲撃」。

DSCN8642.jpg

もう先週のことなんだけども、またプラモがひとつ増えた。


今回作ったのは、


DSCN4002.jpg

グンゼが出した、異色のキット
1/24 ルパン三世 カリオストロの城シリーズの、「襲撃」。

ちなみに、このカリオストロの城シリーズは、
映画の中のいろんな場面がキット化されている。

レジン製のフィギュアだけのものもあれば、今回の「襲撃」のように、
フィアットと一緒になったものもある。

いずれにしても、古いキットだ。


さて、このキット。

レジンフィギュアが入っている時点でまたマニアックな内容なんだけども、
箱絵のフィアットは、あちこちぶつかってボコボコになったり部品が外れたりしているので、
なるべく箱絵を忠実に再現したいと思い、
キレイなフィアットを、あえてボコボコにしてクラッシュモデルにする。


ということで、

DSCN4002.jpg

箱絵はこうなっているので、ボンネットを切り抜いてめくったり、
ライターであぶって曲げたりして、とにかくペコペコに。


ボンネット部分をあぶりすぎて、ギューッと縮んでしまったので、
ポリパテで成形し直して、盛り上げたり削ったり・・・

いやー、なんか大変だったよ。うん。

あんまり派手にやるとわざとらしくなっちゃうし・・・。


ということで、そこの部分の作業途中の写真を端折っちゃうけど、
ボディのベース色を塗ったあとに、一段濃い色でシャドーをエアブラシで吹いて、



DSCN8544.jpg

こんな感じになりました。




DSCN8555.jpg

前から見るとこんな感じ。

ちなみに、運転席側のライトは、リューターで穴を開けて、
裏から配線が見えるようにした。

バンパーなどのメッキパーツは、キッチンハイターに浸けてメッキを落として、
メタルカラーで塗装し直した。


その後、スミ入れがてら、軽くウォッシングして、


DSCN8559.jpg

こんな感じに。




DSCN8572.jpg

後ろはこう。




そして今回、足回りにも改造を施したんだけども、

DSCN4002.jpg

箱絵を見ると、後ろ側に人がかぶさっているから、
リアが沈んで、フロントが逆に浮き上がっている。

なので、まずはこの浮き上がったフロントを再現しようと、


DSCN8576.jpg

こんな感じで、サスペンションを。

これは、以前作った、「クレーテ」の余ったパーツを流用。




その後、ボディの仕上げをするのに、いろんなパーツを付けて、
塗装のはげた感じを出すために、シルバーでドライブラシをしたりして、

DSCN8616.jpg
こうなりました。

本当は、フィアットのエンブレムは付かないはずなんだけども、
この裏に大きい穴を開けてしまって、要はボロ隠しです。あはは・・・。







DSCN8619.jpg

うしろもこんな感じ。

右側のウインカーレンズを、あろうことか無くしてしまったので、
こわされたという設定にして、逆にリューターでビューンと穴を開けた。



そして今回、俺にとって生まれて初めてのレジン製のフィギュア。

剥離剤がついているので中性洗剤でよく洗うことと書いてあったので、
俺なりによく洗ったつもりだったんだけども、
塗装は乗りづらいわ、くっつきづらいわで、組むだけでもホネだった。


顔は、最近安いヘッドルーペと、超細い面相筆を買ったので、
時間をかけてじっくりと、息を止めながら書いた。

その甲斐あって、

DSCN8602.jpg
こんな感じに。

俺としては、まあまあよく書いたなーって感じだ。

眉毛と目は、シールがついていたんだけども、あえて筆で書いたよ。うん。


今回、フィギュアについては無改造で。
ネットで見ると、顔を削ったりして整形するひともいるみたいだけども、
レジンフィギュアビギナーの俺にとっちゃ高すぎるハードルだ。






DSCN8605.jpg

次元もこんな感じで。

目が無い分、ルパンより塗りやすかった。



ということで、出来上がったフィアットの上に、フィギュアを乗っけて、


DSCN8642.jpg

完成です!

うしろに元となる絵を一緒に置いてみた。






DSCN8635.jpg
次元に襲いかかる黒服の「カゲ」2人。




DSCN8638.jpg

スパナで応戦する次元と、壊れたフィアット。




DSCN8667.jpg
リアは沈んでいるのに対し、フロントは、




DSCN8668.jpg
こんな感じで上がっている。





DSCN8670.jpg
歯を食いしばるルパン。









DSCN8659.jpg

同じく、歯を食いしばって応戦する次元。








DSCN8648.jpg

全体像。





DSCN8662.jpg

と、こんな感じで、マシーネンでもない、ガンダムでもないものを作ってみたわけなんだけども、
やっぱりみんな知っているキャラだからか、お客さまや身近な人たちからの反応もすごくいい。

作ってよかったなー。

おもしろかった。


そのうち、このシリーズの別な場面をまた作ってみようと思う。


 

DSCN8654.jpg




posted by わこう at 00:19| Comment(1) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。