Jewelry YUKINE Official Site

2022年09月24日

スナイパーエリート5 枢軸軍侵略戦 待ち伏せと向き合う。

se5ax1.jpg

今回の記事は、ゲームの攻略などについての記事なので、
興味の無い方は終始ナンノコッチャわからない内容です。

ご了承ください。


相変わらず、スナイパーエリート5の枢軸軍侵略戦にハマっています。

前回は、スナイパーエリート5がどんなゲームなのか、
その中の新機能、枢軸軍侵略戦とはどんなものなのかを書いたんだけど、
精神論みたいな記事になった。




新機能の枢軸軍侵略戦とは、
世界中のプレーヤーが今まさにプレイ中の最中に敵として侵入して、
ミッションをクリアしようとしている主人公を邪魔します。


自分がナチスの兵士となるわけなので、
いろんな意味で複雑ではあります。

日本は敗戦国だし。


そんな背徳感を感じながらも楽しんでおります。


一回の勝負は、早くて1~2分であっという間に終わるときもあれば、
なかなか敵を見つけられずに、2~30分かかるときもある。

でも、自分がカールくん(主人公側)になってプレイすると、
1つのステージをクリアするのに、
じっくりすべてのミッションをこなそうと思うと、90分から2時間はかかるので、
侵入して邪魔する側のほうがお気軽にできて良いのだ。


ただ、今まで何百戦とやり込んだけども、
私は遠くからスナイパーライフルで撃つ、というのはあまり得意じゃなくて、
相手がどのあたりにいるのかを予測して、追い詰めていって近距離で倒す、
っていうプレイスタイルが合っているみたい。

世界中のスナイパーエリート5プレイヤーが、
YouTubeにたくさんのプレイ動画をアップしているけれども、
上手い人は、

見つける→構えて合わせる→撃つ

を一瞬でやってしまう。


スコープを使わないで、一瞬にして肩打ちで正確に撃つ、
なーんて凄いプレイヤーもいるけども、自分にはとても無理だ。

だからとにかく先読みをして走り回って相手を見つける。


ただ、やみくもに走り回ったところで、相手を見つけることはできない。

やっぱり、ある程度当たりをつけて、
「この辺にいるんじゃないか?」とそのエリアにまずは行く。


枢軸軍侵略戦でポイントとなる、各ステージに点在する電話は、
侵入して5分経たないと使えない。

しかし、当たりをつけてその予感が的中すると、
電話を使わなくても見つけられるわけです。

自分が電話を使って相手の位置がわかると、
同時に自分の位置も相手にバレてしまうので、
電話は、相手が本当にどこにいるかわからなくなったときだけ、
使うようにしている。

だから、侵入してから相手がこちらの位置を把握する前に、
一気に攻めて倒すのが理想形だ。


相手がいるエリアに近づくと、急に仲間の死体が転がり始める。

相手が自分の位置を探ろうとしているなら、
相手が電話の近くにいるから、

「自分の位置が知られた!」

と警告が出たときには、相手が電話を使っているので、
自分がここにいるんじゃないかと思う電話にダッシュする。

その勘が当たれば発見して強襲することができ、
かなりの高確率で近距離戦で倒すことができる。


もし「この電話かな?」という勘が外れても、
めげずに次の疑わしい電話に向かう。


特に、自分が常に走っていると、
仮に相手が自分を見つけたとしても、
かなりのスピードで走っている私に合わせて、
遠くから狙撃するのは、よっぽど上手い人じゃないとできない。

と思う。


ただ、近くまで追い詰めても、侵略側が使えなくてカールくんに使える機能、
気配を感じて敵の位置を知る機能+徹甲弾を使って、
壁の外や隠れているものを貫通して撃たれれば、あっけなく負ける。

その2つを使い慣れているカールくんに当たったら、
ほぼ負け確定でやんす。

侵略する側も使えればいいのになー。




さて、枢軸軍侵略戦を何戦もやっていくと、
かなりの確率で待ち伏せプレイをするプレーヤーと遭遇する。


待ち伏せプレイをする人は、
だいたいずーっと何十分も同じところにいて、
侵入者が入ってくるのを待っている。

そして、もう、そのプレーヤー独自の、
必勝パターンが確立されているのがほとんどなので、
そういう、待ち伏せして罠をはっているプレーヤーのステージに入ると、
一瞬で待ち伏せとわかる。

そして、我々侵入者が入っていくと、
カモがネギ背負ってやってきたとばかりに、嬉々として討伐に来る。

たぶん無様に倒される我々の姿を見てはニヤニヤ笑ってるんだろう。

本当につまらない奴らだ。


それは全世界共通、世界中の様々なエリアと繋いでみたけど、
アジアもアメリカもヨーロッパも中東も、
そんなくだらいプレーヤーが何割かは必ずいる。


前の記事にも書いたけど、
そんなことにいちいち腹を立てていられないから、
可愛そうな奴らだなと思いながらプレイしてあげてます。


で、枢軸軍侵略戦において、
同じように苦虫を噛んでいる人も少なくないのではないかと思い、
攻略法などというにはおこがましいけれど、
わたしがいつも注意しているポイントを、
ステージごとに解説しようと思います。



今までやってきて、待ち伏せ野郎が潜んでいる確率が高かった、
それぞれのマップの電話や待ち伏せポイントを、赤い丸で囲んでいます。


SE1.jpg
ステージ1 太平洋の壁

マップ左下の海に近いところにある、
レジスタンスの黄色い家に待ち伏せしている事が多い。

電話も近いので、カールくんはこの家の3階と電話を行き来している。

タイミングが合えば、
カールくんが電話を使う→黄色い家の3階に戻るために外のつるを、
えっちらおっちら登っている場面に出会えるから、
その無防備状態を攻撃できる。

ただそれはかなりラッキーなパターン。




SE2.jpg
ステージ2 占拠者

マップ右下の小屋、右側の小屋、シャトーの3階に、
立てこもって待ち伏せしている確率が高い。

マップ右側、右下の小屋には、どちらも電話があるので、
自分が侵入して間もなく、「自分の位置が知られた!」と警告が出たときは、
かなりの確率でどちらかの小屋にいる可能性が高い。





SE3.jpg
ステージ3 スパイ養成所

このステージはかなり厄介で、とにかく城が迷路。
どこにいるかわからなくなる。

なので、このステージで相手を見つけるのは非常に困難。

このステージだけは、電話を駆使して相手の場所を探している。


それでも、かなりの確率で待ち伏せしているのが多いのは、
やはりマップ中央の礼拝堂(?)の中かなー。





SE4.jpg
ステージ4 兵器工場

このステージは、マップ中央の建物の中で待ち伏せされている確率が高い。

この建物の、マップで言うところの下端にある、
制御室みたいなところに隠れていることもある。


また、たまに左上の、マップの端っこに待ち伏せしている人もいる。


どちらも、建物の中に電話があるので、やはり侵入してすぐに、
「自分の位置が知られた!」と警告が出たときは、
このどちらかのポイントにある電話を使っているパターンに多く遭遇した。



SE5.jpg
ステージ5 ガーンシー島

このステージのなかなか厄介で、立てこもって待ち伏せしているポイントは、
マップ右側の赤丸部分の、丸い3階建ての小さな塔があるんだけども、
なぜかここの屋上に立てこもって待ち伏せしている人が多い。

そして、侵入者が入ってくると塔から戦車を定期的に狙撃して、
自分が戦車の近くにいることをいやらしくアピールしてくる。

何が厄介かというと、ここの近くには電話が無くて遠いんですよ。

だから半ば玉砕覚悟で塔に登る。


しかし、仮に相手を追い詰めたとしても、
ジップラインでチャーっと逃げられたりもする。

なので、もったいないけど、
いきなり手榴弾を屋上に投げて、誰かがいるか確認する。

後述するけれども、手榴弾を2つ持って、
さらにもったいないけど、2つ使うとより効果的。

相手が屋上で包帯とかを使っている間に、
すかさずもう1個の手榴弾を投げ込むわけです。

なかなか確率は低いんだけども・・



SE6.jpg
ステージ6 解放

ここで待ち伏せする人は、
マップ中央の赤い5つの小屋のどれかにいることが多い。

立てこもるプレーヤーもいれば、
この5つの電話を移動して逃げ回りながら侵入者を翻弄するヤツもいる。


5つの建物共に中に電話があるので、相手が電話を使ったら、
このどれかにダッシュ!している。

ちなみにカールくんがドイツ兵の真似をして電話を使うときは、
変なダミ声で「ヘイヘイ、イエーガー!」
だかなんだかって言ってるのが聞こえるので、それが聞こえたときは、
間違いなくすぐ近くの電話にいる。

そこをマシンガンで強襲!がよく使うパターン。






SE7.jpg
ステージ7 秘密兵器

ここも厄介で、今まで遭遇した待ち伏せ野郎は、2つのタイプに分かれる。

マップ左下の、小さい基地に籠城している待ち伏せ野郎は、
基地の2階の細い通路を警戒しながら歩いていると、
背後からサササーッと近づいてきてメレーキルを仕掛けてくる。

パンツァーファウストを撃ってくるヤツもいたなぁ。

なので、狭い通路を歩くときは、時折振り返って、
誰もいなくてもとりあえず振り向きざまにマシンガンを撃つ、
という事をすると、多少勝率が上がるかな。


マップの一番上のドーム周辺でまちぶせる野郎は、
いろんな隠れ所があるから、
ここに隠れられるとなかなかに見つけるのが難しい。

ドームに辿り着く前に、
茂みの中から急に出てきてメレーキルを仕掛けてくるやつもいる。


ドームの中の電話を使うときは、スナイパーライフルで狙われていないか、
警戒しながら電話をしている。


あとは、確率は低いけども、外のロケット発射場の向かいにある、
長いハシゴで上がる発射司令室あたりから、獲物を狙っているときもある。




SE8.jpg
ステージ8 瓦礫と廃墟

このステージで待ち伏せ張るヤツは、かなりの確率でマップ左下の、
3つの建物を行ったり来たりしたり、
もしくはどこか一箇所で待ち伏せしている。

こちらが相手の姿を認識する前にヘッドショットされて、
あっという間に瞬殺されてしまうことが多いので、
ここに籠城するヤツは本当にキライ。

このエリアは、立てこもる側からはよく見えるけど、
攻め込む側からは情報が多すぎて絞りきれない。

で、双眼鏡を使っているうちにヘッドショットでやられる。

ホントあったまくる。

なので、相手の姿が見えても見えて無くても、
とりあえず狙撃ポイントらしき場所に向けて、
マシンガンなりライフルを撃ち込む。

攻撃がなかったら、そのスキに近くまで行って、
手榴弾を投げ込んでその後で特攻!

みたいな感じで行くけど、下手ッペだから勝率は1~2割だなー。

ヒョロっと逃げられちゃうし。




と、各ステージの自分なりの攻略法を書いてみました。

少しでも攻略のお役に立てれば幸いです。



あとは、前に書いた記事に、手榴弾を1個しか持てないと書いたけれども、
2個持てる方法がわかりました。

武器をセットアップするときに、「射撃場で試射する」とあるので、
射撃場に行くと作業台がある。

作業台を使うと、自分が持っていくアイテムを少しだけ変更できる。

持っていけるものは4つだけ。


なので私は、手榴弾×2個(2個までしか持てない)、TNT爆薬×1、地雷×1
という構成にしている。

メディキットや包帯は持たない。回復はせずに一発勝負で行く。

そんな感じです。


そして最近、自分のプレイを振り返って検証するために、
キャプチャーして見たりしている。

プレイしてるときは無我夢中でわからなかった、
相手の位置がわかったりして、とても役立っている。

完全に自己満足なんだけども、勝利のところだけをいくつか集めて、
動画にしてみました。



私はPS4でプレイしているんだけども、
なぜかPS4のキャプチャ機能を使うと、色がなんかおかしくなってしまうので、
PCを使わないキャプチャボードを使って録画しています。


これはカンタンでいいっすね。

-他にもキャプチャした動画を編集して、自己満足な勝利集をアップしています。

よかったら見てやってください。

その2



その3


そんなこんなで、スナイパーエリートをまだまだ味わい尽くそうと思います。

気が向いたらまた記事を書くかも・・


posted by わこう at 23:16| Comment(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月13日

スナイパーエリート5 枢軸軍侵略戦。

sniper-elite-5-2-678x381.jpg
今回の記事はかなりマニアックな内容でしかも長いので、
関心の無い方はスルーして下さい。しかも動画はグロ注意です。


数年ぶりにゲームにハマりました。

スナイパーエリートシリーズ。


最初は、ニンテンドースイッチ版で4をやり込んだんだけども、
今年(2022年)の6月に、新しく5がリリースされ、
PS4版でスナイパーエリート5をやり始めました。


スナイパーエリートの時代設定は、第二次大戦。


連合軍と枢軸国との戦いで、このゲームの主人公は、


576355.jpg

カール・フェアバーン。

カールは、連合国側の凄腕スナイパーという設定。


このカールでドイツ軍の基地や占領地に単独潜入して、
ナチスが極秘に進めている、軍事計画の機密文書を入手したり、
基地や兵器の破壊工作をしていく、という、
要約するとそんなゲームです。


隠密行動で終始暗殺者よろしくステルスプレイしてもいいし、
ランボーみたいに突撃してメチャクチャにすることもできる、
とても自由度が高いゲームだなぁと思う。

さらにこの5から、非殺傷の弾丸や体術で殺さずに進ませることもできます。


そういう部分は、
かなりメタルギアソリッドを意識してるのかなと想像している。


スナイパーエリートの素晴らしいところは、
ステージの美しさですねー。


Sniper Elite 5_20220820225621.jpg

これはステージ3のスパイ養成所。

お城が圧巻なんですよ。そしてこの迷路みたいなお城に潜入して、
ミッションをこなしていったりするわけです。


他のステージも、とにかく景色が素晴らしい。


ただ、マップの中で、行けそうで行けないところも多く、
その辺はちょっとストレスかな。


それにしてもこの世界観の表現は素晴らしいです。かなり没入できます。


公式トレーラーを貼っておきます。



さて、前置きが長くなりましたが、
スナイパーエリート5になってから、新たにヤヴァいモードが追加されました。


それが、枢軸軍侵略モードというやつです。


自分がカールを使って、ナチス攻略で頑張っているところに、
設定で、枢軸軍の侵入を許可すると、
なんと、オンラインで世界中のプレイヤーが、
敵軍の兵士として自分がプレイしているステージに入ってきて、
自分を狙って倒しに来るのですよ。


これはすごい緊張感ですよ。


プログラムで決まった動きしかしないモブキャラと違って、
生身の人間が操るモブキャラなので、
通り一遍等の戦術では通用しないのですよ。

一見、プログラムなのか生身の人間なのか区別がつかない中で、
上手い人はガチで上手いので、あっという間に倒されたりします。

瞬殺されることもあります。


いやぁー、何回も書きますがすごい緊張感です。

そんな中で、任務を遂行していくのはなかなかに厳しいです。



それでも、連合国側は、侵入者を4人倒したときと、
9人倒したときにアンロックされるキャラクターがあって、
そのキャラクターをゲットするために、凄いプレッシャーの中戦うわけです。


もう、心臓バクバク、手に汗びっしょりですよ。




そして!


枢軸軍の自分のステージへの侵入を許可すると、
世界中のプレーヤーが中に入ってくるということは、
その逆もありだということです。


それが、このゲームのもうひとつの醍醐味、

枢軸軍侵略戦モードです。


こちらは、今度は自分がナチス兵のモブキャラの1人になるということです。


そして、ミッションをクリアしようと一生懸命プレイしているカールくんを、
全力で討伐しに行くわけです。



カールくんは大勢のナチス兵に対し単独潜入するわけなので、
銃も弾も強力、爆弾などの装備品もたくさん持っています。

それに対して、邪魔しに行く侵入者のほうは、
仲間の兵士がたくさんいるわけなので、
自分が持てるのは、普通の銃弾のみで強化弾薬は持てない。

さらに、カールは手榴弾や地雷、TNT爆薬を複数持てるけど、
邪魔しに行く方はそれぞれ1個ずつしか持てない。

その少ない装備や弾薬で機転を利かせて討伐しに行きます。


そして、枢軸軍としてカールくんを倒していくと、
倒した回数に応じて、スキン(キャラクター)や武器がアンロックされます。


最初は走るのも遅く、弱い兵士なんだけども、7回勝つと


Sniper Elite 5_20220831014246.jpg

こんな兵隊。





50回勝つと、

Sniper Elite 5_20220908210920.jpg
こんな士官。



75回勝つと、

Sniper Elite 5_20220911021006.jpg

こんな感じのなんかおっかない狙撃兵。




そしてめでたく100回勝つと、

Sniper Elite 5_20220912225440.jpg

ギリースーツの恐ろしいスナイパーがアンロックされます。


そのたびに、アンロックされる兵士は、
足がメチャクチャ早くなっていき、タフになっていきます。


最初の頃のヒョロいうちは、一発撃たれたら簡単に負けちゃうけど、
最後の方になると、撃たれ強くなるので回復→反撃のチャンスがあります。


カールよりも足が早くなるので、
カールが遠くからスナイピングしようと思っても、
走ってる限りなかなか照準が合わせづらいし、
近距離でカールが逃げても追いつけちゃうので、
背後から体術で倒せたりします。


いやぁー、ホント、よく考えて作られてますよ。これ。


インターネットで、
その時に世界中のスナイパーエリートを、プレイしている人を繋ぎ、
誰と戦うかは、ゲームのプログラムがランダムに決めてマッチングします。

そして勝敗がつくと接続をお互いに切ることができます。

プレイする時間帯にもよるけれども、
1回限りの勝負で終わることがほとんど。

だから買っても負けても、基本的に恨みっこなし。


ただ、時間帯によって、プレイしている人が少ないときは、
同じ人とマッチングされることもあるかな。


そしてこのモードの素晴らしいところは、
設定で、どこらへんの国の人と繋ぎたいかも選べるところ。


例えば、平日の昼間、日本やアジア圏ではプレイしてる人が少ないので、
そういうときは時差の大きいエリアとつなぐことで、
アメリカやヨーロッパなど色んな国の人と対戦できるのですよ。

素晴らしいです。


なーんて、いかにも楽しんでまーす!的に書いてきたけど、
最初は何がなんだか訳わからなくて、
下手くそだしなかなか勝てなかった。

勝てたとしても、ラッキーパンチ的なものだったり、
自分よりもさらに下手ッペの人とマッチングされたときのみで、
なかなか勝率が上がらなかった。


そんな中でも、負けても負けてもやり続けることで、
生身の人間が相手だったとしても、
なんとなく自分なりのパターンを見いだせるようになってきて、
少しずつ 少しずつ勝率が上がっていった。


最初に勝てたときは本当にうれしかったー。


海外のプレーヤーさんでもやはり同じようで、
最初の50勝までをダイジェストでアップしている人を見つけました。

この動画の最初の4分までが、初勝利の実況をしています。


自分もまさにこんな感じでした。

最初の1勝は本当にうれしかった。



ただ、カール側を動かしてるプレーヤーもいろいろと知恵をつけていて、
楽して勝率をあげようとするプレーヤーも半数くらいいる。


たいがいそういうプレーヤーは、ある場所を決めたら、
そこを中心に、ほぼ籠城するような感じでプレイする。

その人なりの攻略法が確立されていることも多く、
その罠にハマって負けるとめっちゃ悔しい。


ずるいなーと思うけど、それが世界だ。しょうがない。

いちいちそんなことに腹を立てていられないから、
淡々と次々と色んな人と勝負していって、経験を積むしか無いと思う。



たとえば、そのプレーヤーのステージに入ったとき、
やけに静かで死体がゴロゴロ転がっていたり、
逆に友軍のモブキャラが見当たらない場合は、
ほぼ間違いなく待ち伏せされている。

そういうとき、
「また待ち伏せプレイかー・・」とガッカリするけれども、
いろんな待ち伏せを体験することで、
自分なりの攻略法を構築するデータとなるので、
本当に腹立たしいけど、待ち伏せに乗ってやる。


これは世界共通、
日本人でも中国人でも韓国人でもアメリカ人でもヨーロッパ人でも、
みーんなやるね。待ち伏せ。

マッチングされて繋がるときに、相手のアカウントIDが表示されるけども、
繋がる地域とIDの名前で、大まかなどこの国の人かわかる。

たまにマイクをオンにしたままやってる人がいて、
その人がフランス語だったりラテン語だったりで、
家族か誰かとの会話が聞こえたりする。


そんなときは、おぉ〜世界と繋がってるよ、俺、
なーんて独り言言いながらプレイしている。


あとは、枢軸軍侵略戦において重要なのが、

Sniper-Elite-5-Game-Map.jpg

マップ内にある電話。

この電話を使うと、相手のおおよその位置がわかる。

逆に相手が電話を使うと、自分の位置がバレる。



自分が誰かのステージに侵入してすぐに、
「自分の位置が知られた!」とメッセージが出たときは、
間違いなく相手はどこかの電話にいるわけなので、
とにかく電話を探しまくるしかない。

そうすると、かなりの確率で、
特定の電話のそばの見渡しのいい場所で待ち伏せている。

なので、自分はとにかく走る回って、
たとえ相手が自分の位置を特定したとしても、
動き回って虚を突くようにしている。

それでも負けるときは負ける。でも気にしない。


と、そんなこんなを書いてきましたが、
そんな私もついに100勝することができまして、
ギリースーツをあんろっくできました!


その瞬間と、ギリースーツアンロックの様子。


しかしながら、100勝したと言っても、たぶん5~600敗してるので、
私なんて下手ッペもいいとこですわ。

でもうれしかったので、1つの区切りとして記事にしようと思った次第です。


これからスナイパーエリート5をプレイしようと思っている、
もしくは枢軸軍侵略戦をやってみたいと思っている方の、
少しでも参考になれば幸いであります。


posted by わこう at 03:14| Comment(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月27日

みうらじゅん氏監修 蔵王権現像

PXL_20211222_081850142.PORTRAIT.jpg
2021年の年末、我が家に蔵王権現様をお迎えしました。


蔵王権現様とは、修験道開祖の役行者さまが、
奈良県吉野の金峯山で感得されたとされている悪魔降伏(ごうぶく)の菩薩。

とされている。


現在は吉野山にある金峯山寺に、巨大な蔵王大権現像がお祀りされていて、
ふだんはクローズなんだけども、年に2回、約ひと月ずつ御開帳されている。

zao_1.jpg
ちなみに、今年令和4年の秋は、11月1日〜11月30日までです。






私は2012年にご縁をいただいてから、
毎月可能な限り参拝させていただこう!と決め、
ついに今年で10年を迎えることができました。

年に1〜2回参拝できない月がある年もあるけど、
なんやかんやで100回以上月参りさせていただけてます。

現在住んでいる兵庫県芦屋市から往復約200キロ。

毎月毎月、車で行ったりバイクで行ったりしている。


最近の吉野参拝時の、
Facebookに投稿したアルバムを転載します。



月に一回、日常を離れて頭を空っぽにして、心新たにまた1ヶ月頑張る。

それをこの10年繰り返している。

私にとって必要で大切な時間。




2021年の冬、なんか突然、蔵王様をうちにお迎えしたくなった。


金峯山寺の御札は毎年いただいているんだけども、
より具体的な御姿で御招きしたいなと。



そこで、いろいろ仏像を調べていたら、
なんと、仏像マニアで有名な、
みうらじゅん氏が、蔵王権現像を監修したフィギュアがあると!


みうらじゅん氏がどれだけ仏像マニアなのか、



そして、イSム(イスム)というところから発売された、



PXL_20211220_054552174.PORTRAIT_2.jpg

これです!

説明文から抜粋。

モデルは三佛寺(鳥取県)蔵の重文「木造蔵王権現立像」。

切り立った崖のくぼみに建つために
"日本一危険な国宝"とも称される同寺の
「投入堂(なげいれどう)」の正本尊です。


中国製で素材はポリストーンなんだけども、
みうらじゅん氏が、徹底的に監修したこともあって、
いやぁ、素晴らしい造形と彩色です。


金箔が貼られていたけど経年劣化によりはげて、
深みと味わいが出ている、みたいな感じが見事に再現されている。


PXL_20211220_035545379.PORTRAIT.jpg





PXL_20211220_180137919.PORTRAIT.jpg

コラー!起きろー!


みたいな。




しかし、いつも馴染みのある、自分にとっての蔵王様は青い。


金峯山寺の蔵王大権現像は、見事なブルーの巨大な像だ。



なので、青く塗ったり、ちょっと改造してみようと思ったのですよ。



ということで、水性アクリルのブルーでザザザッと塗った。


設定としては、先祖代々受け継がれて、
大事にしまってあった蔵王大権現像が、蔵から発見された。


みたいな。


なので、キレイに塗り分けられたりしなくていい。

古めかしい感じが出ればそのほうがいい。



そして、イSムの蔵王権現像は、
トレードマークである三鈷杵(さんこしょ)を持っていない。


なので、シルバーアクセサリーの金剛杵(こんごうしょ)を、
ちょっと加工して手に持たせて、


PXL_20211222_081929212.PORTRAIT.jpg

こんな感じになりました。



もう、経年劣化で塗られたブルーも金箔もはげ落ちかけている、
そんな感じにしました。



ということで、壁掛け用の簡易神棚の上におまつりさせていただき、


PXL_20211231_080330080.PORTRAIT_2.jpg
こんな感じに。


それ以来欠かすことなく、朝起きたときと寝る前に手を合わせて、
蔵王様のご真言を唱えさせていただいています。


こうしていつも蔵王様を感じて、お姿を見させていただくと、
いつも頭の中にハッキリとしたお姿をイメージできて、
とても身近に感じることができます。

金峯山寺の月参りもまる10年。

また新たな10年を目指して、
足しげく粛々と通わせていただきます。


頑張る!




posted by わこう at 23:00| Comment(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月26日

ポルシェ 970パナメーラGTSがやってきた。

PXL_20220423_075732558.PORTRAIT.jpg

2021年の12月、我が家に970パナメーラGTSがやってきました。


この記事を書いた日が2022年8月と、約9ヶ月乗ったので、
そろそろレビュー的な事を書くのもいいかなと思い記事にします。

いつものごとく長いです。




PXL_20211210_073612054.PORTRAIT_3.jpg
以前は、957カイエンターボに乗っていた。

私にとって初めてのポルシェ。


2トン半ある巨体に積む、V8 4800ccターボ 500馬力のエンジン。

SUVでありながら、ドッシリかつヒラヒラと高速を走る感じは、
例えるなら戦艦みたいだった。

若干のターボラグがあるけど、高速の追い越しなどで、
ガバッとラフにアクセルを踏むと、一瞬ラグがあったあと、
ドッヒューン!と脳みそを置いていかれるような加速。

それでいて、高速コーナリングは、
ポルシェがバッチリセッティングしたエアサスの恩恵もあって、
SUVとは思えない乗り味だった。

すべてが初めての体験。

いやぁ、自分の人生で500馬力もの車に乗ることができるなんて、
思ってもみなかった。


いろんな意味で、新しい扉を開けてくれた車だった。



カイエンくんに乗って4年が経とうとしたころ、
友人を乗せて京都に行った。


京都に行ったことのある方はおわかりだと思うけど、
裏路地はメッチャせまい。

カイエンくんでうっかり裏路地に入ってしまい、
曲がり角もせますぎて1回で切れず、切り替えして曲がったり、
道幅もせまいもんで、歩行者や自転車にメッチャ迷惑をかけたりと、
散々な目にあった。


そのとき思った。


もっと小さい車に乗りてぇ・・・


そのあたりから、カイエンくんも4年乗ったし、
そろそろ買い替えてもいい頃合いなのかなと思った。


そこでいろいろと次の候補を考えた。


条件は、セダンorワゴンで、


・4ドアであること

・四駆

・左ハンドル


4ドアの必要性は、お客様を送迎したり、
お友達と出かける事が多いので利便性を考えると必然的にそうなる。

加えて、現在りえさんのお母さんを仙台から芦屋に呼んで介護をしている。
その際、病院に連れて行ったりすることが多いので、4ドアはマストなのだ。


四駆については、激しい雨が降ろうがなんだろうが、
四駆の矢が飛んでいくような直進性と安定性、
そこから来る安心感は、何者にも代えがたいものがある。

実際、雨の高速で、ハイパワーFRやRRの車がスピンしたり、
バランスを崩して衝突しそうになったりする場面を何度も見ている。

大阪や芦屋は高級外車やスーパーカーが多く、かつ関西人の運転は荒い。


人を乗せているときにスリップとか、
絶対にそんな事があってはならない。

だから四駆。



左ハンドルについては、私の身体的な問題で、
2004年に交通事故にあって、右膝に障害がある。

そのために、右ハンドル車に乗り降りするとき、
膝に力がかかると激痛がしたりする時があって、
乗り降りするときに、いちいちそんなストレスがかかるのがイヤだ、
というのが主な理由なのと、
アメ車歴も長いので左ハンドルには馴染みが深いのです。


実際、左ハンドルの方が、狭い道路でのすれ違いのときとか、
目一杯左に寄せられるので楽だと思っている。


よくネットで、日本で左ハンドルに乗ってるヤツはバカじゃねぇの?
みたいなこと書く人がいたりするけど、まずは乗ってから言えよって思う。


前フリが長くなったけど、候補として上がったのが、


170906alfa-romeo-Giulia.jpg
アルファロメオ ジュリア。

いやぁー、このスタイル。カッコいいよねー。

しかし、アルファの正規ディーラーにも行ったけど、
左ハンドルが少ないのと、四駆のグレードQ4は、
2000cc 280馬力で、もうちょっと排気量があったらいいのになー、
と思い候補から外れた。

3000ccのV6くらいだとよかったなー。

残念。



17165055_01.jpg
次に、AudiのRS6アバント。2014年式くらい。

これは刺激的で、このボディにV8 4000cc 560馬力。もちろん四駆。

第一候補に考えていた。


しかし、りえさんは、ステーションワゴンが好きじゃない。

そして、このあたりの年式のAudiやフォルクスワーゲンのミッションは、
高確率で壊れるらしい。中国ではメッチャリコールが出たみたい。

このスパルタンな雰囲気とデザインは、
私は最高にシブくてカッコいいと思うんだけど残念。





037_o.jpg
つぎは、BMW M6 グランクーペ。


もともと、私の最初の外車は、
20歳のときに買ったオンボロのBMW528i。

なので、BMWにはメッチャ思い入れがあるのです。

この新しい6シリーズ、最高にカッコいいじゃないですか。


だけど四駆が無いのですよ。ラインナップされていない。


実際、Mシリーズではないけど、
素の640iをお借りできる機会があって、2週間ほど乗った。

素晴らしいんだけど、
高速で加速するときにラフにアクセルを踏むと、
トラコンが付いてるからかろうじて暴れはしないものの、
リアが少しキュキュッと左右に揺れることがあって、
これは雨降りの日なんかはちょっと怖いなと。


やはり四駆がいい。





53694797LF005.jpeg
で、最後にマセラティキブリ。

これは神戸のマセラティさんで試乗もさせてもらった。


しかしながら、聞いてはいたけどハンドリングがメッチャクイック。

自分の予想以上に車がグイッと向くもんだから、
たった20分ほどの試乗だったけど、
自分で運転して自分で酔って気持ち悪くなってしまった。


デザイン、内装の質感、程よい排気量とパワー、
そして四駆。左ハンドルもある。


条件的には合っていて、だいぶ有力だったんだけど、
クイックすぎるハンドリングで、これは疲れるかも・・と思ってしまった。


高速クルージングも、
今までより緊張感持って運転しなきゃいけないのではないか?


ということで、候補から外れた。




で、そんなこんなでグールグルと考え始めたら、
やっばりポルシェに戻って、パナメーラがいいんじゃないかにゃー、
と一周回って戻ってきました。



そこで、神戸にある、メンテナンスミズノテクニカルサービスさんに、
パナメーラを探してほしいと正式に依頼。


ミズノテクニカルさんは、本当はBMWの専門店なんだけども、
カイエンのタイヤ交換をお願いしたことからご縁が広がって、
その後も、カイエンの修理や整備をお願いしていた。

社長の水野さんはまだ若くて、スタッフの人達も若くて、
かつ整備工場にありがちな、ヤサグレた感じが一切無く、
みなさんシュッとしてはって、実に感じがよく気持ちがいい。

とても親切で良心的なところです。




特にBMWに関しては、
全国から修理やカスタムの依頼が来るようなので、
BMWに乗っている方は、ミズノさんにいろいろ聞いてみてください。


で、水野さんや営業の末松さんといろいろと相談した結果、
予算的にも初代のパナメーラ(970)の前記、
しかしグレードはGTSがいいと思います、とアドバイスされた。

パナメーラのグレードはいろいろあるんだけども、
四駆のグレードは、上から、ターボ、GTS、4S、4 となる。
しかし、GTSがリセールが良い、要は売るときも高く売れますよ、
ということで、GTSを探してもらうことにした。


パナメーラは、ポルシェの4ドアセダンで、
どちらかというと、コンフォートとかラグジュアリー寄りな車。

ビジネスマンが、高速で長距離を、
安全かつ快適に移動するというイメージ。


しかしGTSは、
パナメーラの中では一番スポーツ寄りに降ったグレードで、
足回りがかなりスポーティになっている。


しかし、探してほしいと依頼してから、
一週間、二週間、三週間〜と経っていくけど、
なかなか条件と予算に合う車が見つからない。

私のほうが弱気になっちゃって、
GTSが無理ならひとつ下の4Sでもいいですよと、条件を甘くしても、
水野さんが、「いえ、そこは絶対に妥協しちゃだめです!GTSです!」
と、GTSにこだわって探し続けてくれた。



ちなみに、その時の自分は、グレーがマイブームで、
車もバイクも、グレーの車両を見かけると、
「はぁ〜・・カッケェー・・」とため息が出るほど好きだった。


そんな折、営業の末松さんから、
パナメーラはそもそも白と黒ばっかりなんですが、
もし何色でもいいよと言われたら、わこうさんは何色がいいですか?
と聞かれて、グレーと即答した。

でも、現行型の971パナメーラや911では少し見かけるようになったけど、
グレーの970パナメーラなんて見たこと無いし、
そんな奇跡は起きないだろうと思っていた。



しかし、奇跡が起きたんですよ。



ある日、営業の末松さんから、

「わこうさん、事後報告になるんですが、パナメーラが決まりました。」

と電話があり、色を聞いたら、

「グレーです。わこうさん、引きが凄いですねぇ。」

と言われて、思わずウォー!と叫んじゃったよ。


なんでも、業者オークションで変な時間に出品されて、
終了が朝の8時に設定されていたそうで、
ほとんど誰の目にも触れることなく、
あっけなく落札できたんだそうです。

ヤフオクでも、終了時間を設定忘れて、
すげぇ変な時間に終了することがあるけど、
うちのパナメーラはまさにそれだったそうで。


出品者にとってはアンラッキーだったけど、
私にとってはラッキー以外の何物でもない。

神様はいるんだなぁと、本当に実感した瞬間だった。



で、カイエンくんも無事に次のオーナーが決まり、

PXL_20220220_020457668.PORTRAIT_2.jpg
カイエン→パナメーラに切り替わりました。

カイエンくんとは、本当にいろんなところに行った。
書ききれないくらいいろんなところに行った。

本当に感謝している。


感謝感謝でお別れした。りえさんも最後のドライブのときに泣いていた。



ということで、晴れてパナメーラが納車となり、

PXL_20211215_092847846.jpg
そのまま淡路島までドライブ。ハイウエイオアシスでパシャ。


しかし!

納車から一ヶ月が経ったころ、なんと阪神高速で事故ってしまった。



全部で6車線あるところで、私は右車線へ、
そして2つ右の車線を走っていたトラックが、
左車線に同時に車線変更をして接触。

ようは、左と右から、同じ車線に向かって、
同じタイミングで車線変更をして接触した形だ。


相手のトラックから、私の車が全く見えていなかったようで、
相手の運転手は「そっちが勝手にぶつかってきた」の一点張り。

そんなわけねぇだろバァーカ。


ドラレコの映像を見ても、
トラックが普通このタイミングで車線変更しないだろ、
ってタイミングで車線変更してきた。


こっちの車が全く見えなかったっていうことは、
トラック側の完全な前方不注意だろうが。

トラックの助手席側のドア下部には小窓があるけど、
工具箱や長靴なんかを置くと、全く見えなくなる。

私も8年トラックの運転手をしていたからよくわかるんだけど、
まぁトラックあるあるですわ。

だから、ホントは助手席下部の小窓を見て、
安全確認をしなければいけないはずだけど、
しなかったのか、なにか物を置いていて塞いでたのか・・



運転手は自分の会社に、そのへんをちゃんと説明したのだろうか?


だからなのか、この会社ものらりくらりとした対応で、実に不誠実だ。


だけど、運転手が大事なことを会社に言っていなかったとしたら、
会社も運転手の言うことを完全に信じ切っているのだとしたら、
運転手に騙されているよ。かわいそうに。


現在、こじれにこじれて弁護士同士で争っていて、
相手側の弁護士さんもまたクセが強いらしく、だいぶ難航している。

今回の事故はかなりレアケースらしく前例が無いようで、
解決まではまだまだ時間がかかりそう。


まぁ気長にやります。




で、今回の事故で感じたことがある。


それまで、パナメーラに乗るときは、
いつか売るときのことを考えて、キレイに乗らなければならない、
いつも丁寧に慎重に乗って、
リセールのときにできるだけ高く売れるように・・・

といつも大事に大事に、しかし緊張して乗っていた。


しかし、この事故にあえて意味をもたせるとしたら、
どういうことなんだろうと考えた。

買ってまだひと月で事故った。しかも人生で最高額の車を。

メッチャ凹んだし、メッチャ考えた。


大難を小難にしていただいた。これは間違いない。
車は壊れたけど、命に別状はなかった。



私はこのグレーのパナメーラが見つかったとき、
長く大事に乗ってやろうと考えていた。

しかしいつしか、リセールのことばっかり考えて、
この車に乗るときはなんかおっかなびっくり。


それが本当に、私やパナメーラにとって良いことなのか?

と思った。


なんで買ったばかりなのに、すでにリセールを考えてんのよ。

とことん乗って、骨の髄まで吸い尽くすように乗って、
長く長く乗って、乗り潰す気持ちで乗ってやればいいじゃねぇか。


これからなのに、なに守りに入ってんだよ!覚悟が足りねぇんだよ!


という天からのメッセージなのではないかと。


そして結局、もう事故歴が付いちゃったし、
もういくとこまで行ったわけだし、
こだわらなくていいじゃん!って思ったら、メッチャ楽になった。


そして、この事故をきっかけに、
自分がやりたかったことをやろうと思った。


この事故で、ホイールにも傷が付いてしまったので、

PXL_20220823_054951533.PORTRAIT.jpg
シルバーから黒のホイールへ。





PXL_20220823_055034195.PORTRAIT.jpg
そして、バンパーの、ナンバー下の黒い部分は、
何もしないとマットっぽい黒なんだけども、グロスブラックに塗装。



PXL_20220823_055016937.PORTRAIT.jpg
PORSCHEとPanamera GTSのエンブレムも黒に。


ということで、そのまんまだとちょっと優等生っぽい雰囲気だったものを、
少しワイルドにした。



そもそも、GTSグレードは、専用バンパーがついている他、
外見的には、


PXL_20220823_055054632.PORTRAIT.jpg
窓枠も黒。




PXL_20220823_055044994.PORTRAIT.jpg
ヘッドライトの枠の部分も黒。


と、黒がアクセントとして入っている。



なので、エンブレムやホイールを黒にしたことで、
メッチャ統一感が出たなと思っている。



走りに関しては、もはや感動モノですね。

ポルシェと言えば911で、
リアに積んだ水平対向エンジンがトレードマーク。


しかしパナメーラは、フロントエンジンでV8 4800cc。


そこが大きく違うので、昔ながらのポルシェ乗りの一部には、
パナメーラは認めない的な人もいるみたい。

911も運転したことがあるけど、
まぁ確かに同じポルシェでも別な車ですわ。


しかし、このGTSは、NAの440馬力で、
約2トンのボディを軽々と加速させ、
NAならではで、高回転域まで淀みなくキレイに吹ける。

本当に気持ちいいよ。


かつてアメ車のV8にも乗っていたけど、
アメ車のV8とはまた違ったドロドロ感が、メッチャ良いんですよ。


特に、高速に乗ったときがパナメーラの真骨著。

ロングホイールベース+ワイドアンドローのボディ、
そして四駆も相まって、ひらひらと高速を泳ぐように走る。

マンタになったみたい。本当に気持ちいい。

カイエンは戦艦。パナメーラはマンタ。



まだ、片道300キロくらいの日帰りが、
今のところ一番長距離だけど、
カイエンも長距離移動は全く疲れなかったけど、
パナメーラも、車高が低くてスポーティなのに、全然疲れない。


そして、スポーツモードにすると、特性がガラッと変わって、
軽い。全てにおいて軽い。

巨体を全く感じさせない、羽のような軽さ。


タイトなワインディングも、
地面に張り付いたように確実にグリップして、
いとも簡単にクイーッと曲がっていく。

素晴らしい。素晴らしすぎる。



最初は、パナメーラに乗ってもいつかは911に乗りたいなぁ、
と思っていたけど、なんか満足だわ。

っていうか、逆にこの巨大なトルクと乗り味は、
パナメーラ独自のもので、逆に911には無いものだと思う。

自分にはこっちのほうが合ってるのかもしれない。


我が家では、なにかと高速道路で中距離を走ることが多く、
その実用性で言ったら、パナメーラが結果的に最適解だったな、
と思う。




しかし、ここまで読んでくださった方は、
そもそもカイエンが大きすぎるから乗り換えたはずでは・・

と矛盾を感じた方もいらっしゃるかもしれない。



そうです。


パナメーラ大きいのです。





PXL_20220316_050225460.PORTRAIT.jpg
どうですか。スケールの小さいフィギュアを置いたみたいに見えるでしょ。

なんか写真の遠近感がおかしいと思えるほどでかい。

でかいっすよ。マジで。



長さに関しては、カイエンよりも長いです。

幅はカイエンとほぼ同じ。



そもそも京都の裏路地で、
狭くて大変な思いをしたから車を変えようと思ったのに、
さらに難易度を上げる車をチョイスしたという。


アホですわ。



でも、パナメーラにして、
そんなデメリット以上の価値がある車に出会えた、
と、心の底から本気でそう思っている。

この車に出会えてよかった。

型落ちの中古だけどそんなことはどうでもいい。



社用車として買ったので、個人所有では無いけど、
人生で一番高い車。そして人生で最高の車。



で、パナメーラにして良かったなと思うことのひとつに、
高速を走ってると、
前の車が次々と道を譲ってくれることが挙げられる。

ほんと申し訳ないと思いながら、
そのご厚意に甘えさせていただいてます。





R0003685.JPG

ヘッドライトの黒縁も相まって、
私も後ろにこんな圧のある車が来たら避けるわ。


でも笑った恐竜みたいな、
モンスターみたいな顔が可愛いと思っている。


先日、現行型の971パナメーラが停まっていたので、
隣に並んでみた。


PXL_20220704_015159176.PORTRAIT_2.jpg
前から。



PXL_20220704_015134001.PORTRAIT_2.jpg
うしろから。

初代パナメーラを見たとき、
このテールがカッコわりぃなぁと思ったもんだったけど、
現行型がちょっと威圧的なのに対し、
なんかほのぼのしたデザインの方がホッとする。


ガチャピンみたい。




PXL_20220704_015207276.PORTRAIT_2.jpg
何かの記事で、ポルシェは世代が変わっても、前から見る限りは、
パッと見、違いがわからないようにあえてデザインしているのではないか?

みたいなことが書いてあった。

この写真を見ると、ホントそうだなぁと思う。

右が初代、左が現行。
10年くらいの開きがあるけど、本当にパッと見わからないな、と思う。


そんなこんなで、デザイン、パフォーマンス、
どれをとっても最高な車に出会いました。


唯一の難点はでかすぎること。

約8ヶ月乗って、大きさにやっと慣れたかな?と思う。


ネット上にある、モータージャーナリストが書く試乗記事に、
「大きさは一週間も乗れば慣れるだろう」
みたいなことが書いてあったりするけど、
無責任なこと書くなやって思うわ。


まぁそれはいいとして。



DSC00253.JPG
これからも長く愛してやろうと思います。


気が向いたらまた記事を書きます。
posted by わこう at 02:45| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月14日

HONDA シルクロード改とDUCATI 900SS カスタム記2022

PXL_20220812_000813930.PORT.jpg

我が家には、2台のバイクがある。

1995年式のDUCATI900SSと、HONDAシルクロード(1981年式)。




しかし、シルクロードは現在、いろいろいじったあげく、

PXL_20220722_032612686.PORT.jpg
こんな姿になってます。




シルクロードの元々の姿は、

1551935900917.jpg

こうです。


なんか流れでこうなっちゃったんだよなぁ。




ということで、ドカもシルクもいろいろいじったので、
備忘録も兼ねて近況を書いてみます。


まずはシルクロードから。


そもそもは、シルクロードはじめ、同系のエンジンの持病である、
セル滑りから端を発した。

もともとシルクに積んでいるエンジンは、
キックが付いてないセルスタートのみ。


しかし、そのセルの設計にいろいろ難があって、
経年とともに、セルモーターのギアが欠けたり削れたりして、
滑って噛み合わなくなってしまう。

エンジンをかけようと思ってセルを回すと、

キュキュキュ・・プイーン!と空回りしちゃって、
いつまでもエンジンがかけられないという現象。

しかも、もうかれこれ40年以上前のバイク故に、
このあたりの部品がもう手に入らない!

なので、長く乗っているシルクロードオーナーさんは、
みんな直面する大問題なのだ。


最悪、押しがけとかできるけど、
朝のエンジンが冷え切っているときに、
イチかバチかで押しがけしてかからなかったとしたら・・・


想像しただけで疲れる。


で、私のシルクちゃんも、ご多分に漏れずセルが滑り始めて、
早めになんとかしないとヤバいな・・ということでいろいろ考えた。


方法はいろいろあるようなんだけども、

1、同系の、CB250RSやXL250Sなどのエンジンから、
キック部分だけをシルクロードに移植する方法。


2、同系のCB250RSのエンジンをまるっと換装してキックスタート仕様にする方法。



で、いつもお世話になっているトラストさんと相談した結果、


1645205783397.jpg

エンジンを換装することになったわけです。



そして実は、このトップで流れる動画でバイクに乗っているのは私です(笑)



この動画です。


ありがたいことに、モデルをやってほしいとお声がけいただきまして、
喜んで受けさせていただいた次第です。


ちなみにこのバイクは、この動画の制作会社の社長さんのバイクで、
トラストさんでカスタムしたKAWASAKI W650です。


カッコいいでしょ。





PXL_20220224_072307786.jpg

エンジン換装に関してもいろいろあって、
私が勘違いして合わないバイクのエンジンを、
間違ってヤフオクで買っちゃったりして、
なんだかシッチャカメッチャカでした。


しかし、結局もう一機エンジンを買って、やっと換装完了。

CB250RSのエンジンはほぼポン付けでいけました。



しかし、この系のエンジンにはもう一つ避けられない持病がありまして、



PXL_20220401_074649812.PORT.jpg

この、ロッカーアームシャフトのところからオイルがダダ漏れ。


しかも、このロッカーアームシャフトがなかなか抜けないようで、
だいぶ難儀したとトラストさんから聞きました。

しかも、さらにこのエンジン特有の問題として、
力をかけすぎるとヘッドボルトが簡単に折れてしまうということで、
そこも多分に漏れず、一本折れたそうで。


しかし、そのご尽力のおかげで、オイル漏れも完全に治り、
キックスタートでエンジンがかけられるようになったわけです。


本当に感謝しています。



で、ここまできて、エンジン換装なんて大手術もしちやったし、
カスタムも行くとこまで行っちゃえー!ということで、
シルクロードベースのVMX(ビンテージモトクロス)にしちゃおう!

と思いたち、XL500Sのビッグタンク、タックロールシート、
ゼッケンプレートなどなどで外装を固め、




PXL_20220722_032629841.PORT.jpg
こうなったわけです。

XLのタンクは、ほぼポン付けでいけました。

この時代のホンダ車は、こういう部分が共用できるので、
カスタム素材としては最高です。


シルクロードベースのVMXにする最大の理由は、
フロントが19インチであるということ。

私はオフロードは基本的に走らないので、
オフ車の21インチホイールは大きすぎる。

舗装路を軽快に走りたい、にわかオフローダーなのですよ。


高速を走る機会も多いので、
19インチのほうが何かと都合が良いのです。


ちょっと話はそれるんだけども、
このシルクロード、フレームがメッチャ固いのか、
高速を走っていても全くブレずに恐怖感がない。

いやぁ、これにはビックリした。


こう・・エンジンや走行系の作りよりも、フレームが勝っている、
という印象を受ける。

車でも、欧州車はシャーシのほうがエンジンよりも勝っている、
というふうに作っているらしいけど、そんな感じかなーと思う。


というのは、最近SR400を数日乗る機会があって、
何年かぶりにSRで高速を走ったんだけども、
なんかフレームがしなやかすぎで、シナシナした感じを受けた。

シルクロードに比べて、フレームがグニャグニャというか・・

とにかく高速を走っていて、なんか落ち着かなくておっかないのです。


私がかつてSRに乗っていたときに感じた不安感はこれだったのかと。


ステアリングダンパーを付けたりいろいろ対策したけど、
結局、高速での頼りなさを理由に手放すことにしたんだもんな。


と、まぁ、SRのことはいいとして、


PXL_20220722_032706119.PORT.jpg
こんな感じに仕上げました。

ライトは、マーシャルのちょっとこぶりなものに。

黄色いレンズで昭和っぽさを出してみました。





PXL_20220722_032718434.PORT.jpg

リアスプロケは、ホントはシルバーが良かったんだけど、
即納できるのがゴールドだけだということで、
しかたなくこれにしたけど、付けたら付けたでまぁいいかと。




PXL_20220722_032612686.PORT.jpg

エンジンは、シルクロードが20馬力に対して、
載せ替えたエンジンは25馬力あるんだけど、
六甲を走ろうと思うと、上り坂ではやっぱりダメですな。

非力感が否めないので、
そもそもブレーキもドラムブレーキで効きも良くないし、
このバイクでは、飛ばさないでトコトコと走っている。




PXL_20220722_033210236.PORT.jpg

tt&coさんのレトロなジェットがよく似合う、と思う。




ということで、
キックスタートの様子の監視カメラ映像を編集してみました。




さて、だいぶ長くなったけど、長いついでに次にドカの近況を。



PXL_20220701_025924969.PORT.jpg

先日、うちの900SSちゃんも車検の時期となり、
尼崎にあるドカに強いショップ、モトマッシモさんで、
点検と車検をしていただきました。




相変わらずの丁寧で完璧な整備で、
メッチャ調子良くなって帰ってきました。


なんか淀みなくパワフルに吹け上がるようになってメッチャ元気。


しかしですね、車検に出す前にシートをいろいろいじってから、
ポジションに違和感を感じていて、
車検から上がってメッチャ調子良くなったのに、
人間のほうがなんかイマイチ駄目で、
おっかなくて乗り切れないのですよ。


時系列で説明すると、車検に出す少し前に、
このバイクに付いている、社外品のシングルシートカウルと、
それに乗っかっているシートが、なんか合わないなと思っていた。

前のオーナーさんは、それでも工夫に工夫を重ねて、
SUZUKIのグース用のシートを上手に加工して付けていた。

そこで、このシートを純正シートに変えたらどうなんだべ?

と思ったのが迷走の始まり。


幸いにして、ヤフオクで2000円くらいで純正シートを落札できたので、

PXL_20220604_060058465.PORT.jpg

革を剥がして、中のウレタンを土台ごと電ノコでカット。




PXL_20220604_071825086.PORT.jpg

革を張って、タッカーを打って、こんな感じに仕上がりました。



しかし、それまで乗っていたグースのシートより、
あきらかに高い。


たぶん3センチ、へたすると4センチくらい高くなったかな。

で、乗り慣れないまま車検へ。


その後、車検から上がってきた調子バッチリのSSくんに乗ったら、
乗り慣れないままなんかいつまで経ってもうまく乗れない。

シート高が高くなって、重心も高くなって、
たかだか3センチくらいの違いなんだけど、
地面から遠く離れてしまったような感覚。

ビュンビュンと吹け上がるのもあって、
いやぁー、一言でいうとおっかないんですわ。

シートの見た目のフィット感にこだわったあげく、
自分で乗りにくくしてしまったのでは本末転倒。


そこで、純正シートを加工して、低くしようと思ったわけです。


PXL_20220808_125828632.PORT.jpg
ということで、リューターと荒目のヤスリで、
スポンジをゴリゴリと削りました。




PXL_20220809_073019923.PORT.jpg

そして、ゲルザブを中に仕込んで、
長距離でもケツが痛くならないように。





PXL_20220812_000813930.PORT.jpg

ということで、ちょっとシワがあったり、素人施工感は否めないけど、
過去最高の乗り心地となりました。


ところが、スポンジを削りすぎてしまって、
元々付いていたグースのシートよりも、低くなってしまった。

低くなったことで、重心が下がってメッチャ乗りやすくなって、
恐怖感も全く感じなくなったんだけど、
今度は、シートが低すぎるが故に、膝の曲がりがキツくなるという、
また新たな問題が。



ところがですね、このSSくんには、
前のオーナーが付けてくれた、
ガルーダのバックステップがセットされてまして、


PXL_20220812_000715038.jpg

この赤い矢印のところが、六角ボルトを緩めるだけで簡単に回るのですよ。

これで、ステップとペダルを低くセットして、
すべての問題は解決となりました。



いやぁー、重心が低くなっただけで、すごいフィット感と安心感。

バイクに包まれている感じ。


メッチャ乗りやすくくなった。


スピードは出てなくても、コーナリングがメッチャ楽しい。気持ちいい。




PXL_20220720_040219359.PORT.jpg

今年は記録的な猛暑で、今はなかなかバイクで出かけるのはリスキーだけど、
朝のまだ気温が上る前なんかに、六甲に走りに行っている。


と、1つの記事で2台のバイクの話を持ってきたから、
だいぶ長くなっちゃったなー。


でも、そんなこんなで楽しくやっております。



そして実は、以前は957カイエンターボに乗っていたんだけども、



PXL_20220528_030411258_2.jpg
970パナメーラGTSに乗り換えました。

なんやかんやでもう少しで乗り換えて1年になるんだけども、
そのうち、パナメーラのことを書いてみようと思います。


posted by わこう at 23:55| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする